プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2021年2月13日 夕日を見に妙法寺から久田城址へ

2021年2月13日
前記事の見附市城山雪上ハイキングと同じ日。
この日は天気予報が良かった事から夕方には綺麗な夕日が見れるかもと期待して見に行く事を計画していました。
ついでに、春に雪割草がたくさん咲く妙法寺の裏山でそろそろ花が咲き始めたりしてないかなと気にもなっていたので、それも確認しつつその先にある久田(くった)城址で夕日を見る事にしました。

見附の城山でハイキングを終えたあと本当は直接妙法寺へ向かう予定でしたが、城山の下山が当初の予定より少し遅くなってしまったのと、城山で長靴に雪が入り長靴の中や靴下が濡れてしまったのでそのまま行くと不快な思いをしないといけなくなるので一度は諦めかけました。
しかし、一旦家に帰って長靴と靴下を替えて時間を見てみるとギリギリで日没に間に合うか合わないか微妙なライン。
こりゃあ…ダメ元でも覚悟して行ってみるか!と奮起して妙法寺へと向かう事にしました。

車を走らせて妙法寺に着いたのは午後4時も半を回った頃。
さすがに駐車場には他の人や車の姿はありませんでした。

この日の日没時刻は午後5時19分。
妙法寺から久田城址に行くのは普通に歩いたペースだとだいたい40分くらいだったと思うので、早歩きで行けばイケる!
城山から下山したままの自分的フル装備のザックを背負って駐車場を出発しました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年3月29日 友人と妙法寺~久田城址ハイキング

2020年3月29日
この日の数日前にも山仲間の友人Yさんから「この日空いてるので歩きに行きたい」と連絡が。
どこの山にしようかという事で自分が先日行ってきた国上山~剣ヶ峰のカタクリをYさんにも見せたいなと思いそちらで予定を考えましたが、Yさんの方が若干膝の調子が悪いとの事でゆるめの所がいいとの要望。
それならばと調べてみると低山ゆるやかハイクにピッタリで春は雪割草がたくさん咲く妙法寺~久田(くった)城址ではまだ結構花が咲いているとの情報を見かけ、そちらへと変更して行く事にしました。

当日はまた新型コロナの感染対策として移動中の車内はお互いにマスク着用、山行後の入浴施設や飲食店の利用は無しという感じで決めつつ妙法寺へと向かいました。

この日の天気予報はなかなか不安定で、山行予定を立てた時点では晴れだった予報が当日にはちょっと崩れ午前中は悪天候に。
しかしながら午後からは回復するとの事だったので山行自体も午後からとして妙法寺へとやってきました。

今まで自分が来た時は登山口に近い駐車場に車を停めていましたが、今回は少しでも距離を稼ぐため妙法寺入り口の駐車場からスタートする事にしました。
到着時はこちらの駐車場には他の車は無し、奥の駐車場には3台程の車がある程度で空いていました。





準備を整え登山口に向かう道中で妙法寺の参道に植えられた花をチェック。

ヒマラヤユキノシタ。



スイセン。




これは…何だろ?




枝垂桜も咲き始めていました。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

久田城址、トンビ(トビ)に注意!

春は雪割草などの花がたくさん咲き、訪れる人も多い妙法寺の裏山。
その奥には海側が開けた眺めのいい久田(くった)城址があります。

ここ最近、自分が利用している登山アプリの方でこの久田城址でご飯やおやつを食べている時にトンビに食べ物を奪われたという他の方の山行記録を複数拝見しました。





休憩にちょうどいいテーブルとベンチがあるので、こちらで食べ物を広げていたらバシッ!と取られた、との事です。

まだ自分が実際に体験した訳ではありませんが、今度また自分が行った時には気を付けないとだなと思いつつ、これから久田城址に行かれる方にもこういう事があるという事を周知頂きたいと思い記事に纏めたいと思います。





そんなトンビに対処する方法が無いかなと自分なりに探してみたところ、こちらを見つけたので目を通して頂けると嬉しく思います。
なお、以下の画像については神奈川県のものになりますが、こちらのサイト様にあったPDFより引用させて頂きました。
https://wrv-kanagawa.net/activity/event/tobi
(野生動物救護獣医師協会のサイトです。サイト内も目を通して頂けるとより分かりやすいかと思います。)
_トンビ注意2

_トンビ注意1

_トンビ注意3

サイト内の内容によると、本来トンビは人を恐れるものでしたが、人が餌やりをした事によって人との距離が縮まり、人が持っている食べ物も簡単に餌を入手できる"狩り"と認識・学習して人のものを取るようになったようです。
そして、意図的でなくても食べ物を取られる事自体が学習の機会を与え被害の増加に繋がるという事のようです。

トンビに食べ物を取られる時は至近距離を猛スピードで飛び、翼や爪が当たったり驚いて転倒するなど怪我に繋がる恐れもあります。
またトンビは死体や腐肉も食べるので爪などは衛生的ではない、ともありました。
怪我や感染症になったらせっかくの楽しい登山・ハイキングも台無しですね。

久田城址は開けた場所なのですぐにできる対処法としては、上の画像にもあるものだと「傘をさす」か「トンビのいる所で食べない」の二つになりそうですが、このまま被害が増える事無く安心して素晴らしい眺めを楽しみながら食べ物を食べられる久田城址にするにはまず「トンビに食べ物を与えない・奪われない」を徹底しないといけないのかなと思いますね。

久田城址に行かれる際には気を付けて頂き、みんなが怪我などなく「楽しかったね」で終われる山行の参考になりましたら幸いです。







↓ブログランキング参加してます↓




THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR