プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2020年11月14日 紅葉の国上山 登山 ちご道登山口~国上寺登山口~五合庵

2020年11月14日
この日も天気のいい週末となり、まだ紅葉も楽しめそうという事で山へ。

今回も家を出れるのが午後からとなり、この日は夕方からも少し用事があったので短時間でサッと行ってこれる山をチョイスして国上山の中腹からの周回コースに行く事にしました。

家で昼食を済ませたのち準備をして家を出発し、国上山の中腹にあるビジターセンターの駐車場へ。
ちなみにビジターセンターまでの車での行き方は過去記事「国上山 登山口・駐車場までのルートと道路状況」内に車載動画がありますので参考にして頂けたら幸いです。

午後2時となったこの時点での駐車場はほぼ満車。
あらら…この駐車場の手前にある7~8台くらい停められる駐車場の方は1台しか停まってなかったのでそっちに停めようかな、なんて思いましたが、ちょうど出ていく車もありこちらの駐車場に停める事ができました。
国上山も紅葉のスポットとして紹介されているのでやはりこの時期は混みますねf(^-^;)





今回は歩き慣れた国上山、サッと登って下りてくるつもりという事で、久しぶりにカメラと水筒、ボディバッグに折り畳み傘・ポンチョ・ライト類・おやつを詰めたくらいの軽装で準備。
天気もいいし明るいうちに戻れる計算なので手ぶらでも大丈夫そうだけど…一応持っていきたい心配性です(笑)

今回はちご道登山口から登り国上寺登山口に下りる周回コースにして、ちご道登山口へ。
ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年6月6日 国上山 登山 酒呑童子神社登山口~麓登山口

2020年6月6日
5月に緊急事態宣言解除と登山自粛要請緩和があり、コロナの情勢も少し落ち着いたまま6月に入った事から自分も少しずつ登山再開。
とはいえまだ完全に終息した訳ではないので救助関係者や医療機関の感染リスク・負担になってはいけない、また登山を自粛していた事によって登山に必要な体力も少し衰えているかもしれないという事でまずはリハビリも兼ねて登り慣れている山から行く事にしました。

そこでこの日選んだのは国上山。
自分がちゃんと登山を始める時に初めて登った山であり、中腹のビジターセンターからの周回コースなら約1時間半、麓から登って下りても2時間半程度と比較的軽めでリハビリにもちょうどいいかなと思いました。

今回は久しぶりに国上山の麓の酒呑童子神社から登るコースにして、道の駅国上の裏手にある酒呑童子神社の前の駐車場からスタートする事に。

この日は家を出れるのがちょっと遅くなり、もうすぐ午後3時半になろうかという頃に到着となりましたが、駐車場には想像していたよりも多めの車がありました。
遅めのスタートではありますが、登った事のある山、この日の日没時間は午後7時くらいで明るいうちには充分戻ってこれる予定、もちろんライト類もしっかり用意、と踏まえて出発しました。
家を出れるのが遅くなってしまう事が多い自分にとって日没の遅いこの時期はほんとありがたいですね。





まずは酒呑童子神社をお参り。

スリムな五重の塔の左手にある祠に参拝しました。
こちらは縁結びの神様なので、色々といい縁があるといいなぁ(笑)





そして神社の裏手の登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年4月4日 国上山から弥彦山まで縦走登山 前編

2020年4月4日
先日の国上山~剣ヶ峰~黒滝城址の山行の時に、「国上山~弥彦山~角田山の西蒲三山の縦走も挑戦してみたい」と書いた事からか、昨年角田山から新潟花火を見た時にご一緒して頂いたSさんから「西蒲三山縦走、挑戦しませんか」とのお声掛けを頂きました。
自分自身願ってもいなかった嬉しいお誘いだったのでお受けしたいところ…でしたが、昨年の巻機山以来発症してしまった膝痛が最近は痛みは落ち着いているもののいまだに違和感が出る事があるので、いきなり三山フルコースは自信がないという事で保留というような感じにさせて頂きました。

しかし自分としてもいつかは挑戦してみたいという事でまずは今の自分の脚でどこまで行けるのかの確認と、まだ未踏の個所のあるコース確認も兼ねてこの日は三山の約半分、国上山~弥彦山までをソロで登ってみる事にしました。
(ちなみに三山縦走本番までにこういう事をやってみる、というのはSさんにも伝えてありました。)

この日の山行予定としては、国上山の麓の道の駅国上をスタート地点とし、国上山~剣ヶ峰~黒滝山(黒滝城址)~雨乞山~弥彦山と縦走、復路は弥彦山の表参道コースから下山してロードで、という計画でした。

当日は午前10時に道の駅を出発する予定でしたが少~し遅れて10時半くらいのスタートに。

道の駅裏手にある足湯は新型コロナの影響か利用できないようでした。
駐車場に停まっている車もいつもよりも少なめな感じでしたね。

少しばかり遅れはしましたが、大体の予定では
道の駅~国上山頂上まで1時間
国上山~黒滝山まで1時間
黒滝山~雨乞山まで1時間
雨乞山~弥彦山まで1時間強
の合計4時間強、休憩を入れて5時間、
弥彦山からの下山で1時間強
弥彦~道の駅国上まで1時間
で全行程7時間強という計算で、日没までには下山できる見込み、そして万が一予定が遅れたとしても後半は何度も登っている整備の行き届いた弥彦山に加えライト類もしっかりと持っているので大丈夫だろうという事で予定通り出発しました。





道の駅から徒歩で国上山の麓の登山口がある酒呑童子神社へ向かう。

写真左手、神社手前にある駐車場の桜はなかなか綺麗に咲いていました。
地面の方ではオオイヌノフグリなども咲いていて早速目を楽しませてくれました。





酒呑童子神社でお参りをしてから裏の登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR