プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2020年1月26日 お初の三ノ峠山登山 赤道コース

2020年1月26日

以前長岡市の鋸山に登った時にその近くにあってちょっと気になっていた「三ノ峠山(さんのとうげやま)」。
その頃は登山口のある場所もよく分からずそのままうやむやになってしまいました。
しかしながら最近またふと思い出して軽く調べてみると、その以前登った鋸山の花立コース登山口へ行く道の途中から少し横道に入った方にある事が判明。
今年は降雪も極端に少なくこの日も天気は良くなりそうな予報だったので三ノ峠山に行ってみる事にしました。

三ノ峠山の一番メジャーなコースとなる「赤道コース」の登山口は、長岡市の市営スキー場のもう少し奥にある「東山ふれあい農業公園」にあるとの事で、鋸山へ向かう道である国道352号線の途中にスキー場などの案内板が大きく出ていて特に迷う事もなく辿り着けました。

東山ふれあい農業公園駐車場。
公園利用者の車も混じってたとは思いますが、山ノ峠山は登る人も多い人気の里山という事で登山口に近い方のスペースはたくさんの車で埋まっていました。





準備を整え、登山口を探す為まずは駐車場の上の方にあった案内板をチェック。






地図をチェック。

結構広範囲な地図で大雑把な感じですねf(^-^;)
今回登る三ノ峠山については右下の辺りだけです。




登山口の場所も微妙によく分かりませんでしたが、とりあえず上の地図の感じでは舗装路を辿った先にありそうな感じだったのでそちらへと進んでみました。

車は進入禁止となった舗装路を登っていく。





その途中、公園の中から後方を振り返るととても綺麗な景色が広がっていました。

長岡市方面が一望。
そういえばこっちの方にある東山ファミリーランドから夏に上がる長岡花火を見るのもいいスポットになっているのは把握していましたが、これは確かに良さそうだ。
そしてこの日はまだ1月だというのにもう春が来たかのようなとてもいい天気でしたね。





舗装路をしばらく歩き、カーブを越えてくると登山口がありました。

ちなみに後で分かりましたが、公園の中など何ヵ所か他の所からも登山道に繋がる所があるようでしたね。
選択肢が多いのはいい事ですが、初めてだとオープン過ぎるのもちょっと分かりにくいかなf(^-^;)
まぁ…気を取りなおしてここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年1月19日 護摩堂山 登山

2020年1月19日
この日も山に行こうと思いつつ何だかんだで家を出れるのが遅くなってしまいました。
どうしたもんかな~と迷いましたが、片道1時間以内で登れる山ならなんとか日没までに行ってこれそうという感じだったので今回も田上町の護摩堂山にいく事にしました。

午後から家を出発し、護摩堂山の登山口駐車場に着いたのが14時半を過ぎた頃。

駐車場にはこの時間帯でも7割ほどを埋める車が停まっていました。
自分と同じようにこれから登って行く人の姿も結構ある。
いやぁ、もう午後から登山の駆け込み寺といった感じです(笑)
(登山の基本は早出早帰りである事はもちろん忘れてはいませんがf(^-^;))





準備を整え、この日もぬかるみが多い事を予測して長靴履きで登山口に向かいました。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年1月18日 弥彦 御殿山登山と湯神社散策

2020年1月18日
この日は天気は曇りながら雨は降らなそうなまずまずの天気という事で登山に行きたいなと思っていました。
しかしながら何だかんだあって家を出れる時間が遅くなり、行動時間が数時間かかるようなちゃんとした山は厳しい感じに。
諦めようか迷いながらもやっぱり少しでも歩きたいな~と思案したところ、そういえば弥彦公園の奥にある湯神社はまだ行った事が無かったなと思いだし、その近くに「御殿山(ごてんざん)」という低い山もあるようだったので、ちょいとしたハイキングがてらこの日はそちらへ行ってみる事にしました。

湯神社へは弥彦公園の中から少し山の方へ入っていく感じという事で、おもてなし広場のある方の駐車場に車を停めて向かう事にしました。






途中で貯水池に寄り道。

逆さ弥彦山が見れるポイントです(^-^)





トンネルをくぐり、もみじ谷の中ほどにある真っ赤な観月橋を渡る。

写真を撮る為に橋を渡った後にちょっと下に下りてみたり。




そして観月橋の奥の階段へと進みました。

ここからは自分は初めての地となるのでちょっとドキドキ。
どんな道が待っているのだろう。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

三条八幡宮献灯祭に行ってきました 2020

毎年1月14日から15日にかけては三条市の八幡宮で献灯祭が行われる日。
という事で今年も1月14日の夜に参拝に行ってきました。

昨年の献灯祭はちょうど休日も重なった事もあって友人なども誘って参拝に行きましたが、今年は平日という事もあってまた一人で。
夕食を済ませてから家を出るつもりでしたが、その片付けなどがなんだかんだで手間取って家を出るのが少し遅くなったので今年は人を誘ってなくて良かったな、なんて思ったりf(^-^;)

例年の早めの時間帯だと駐車場がいっぱいで臨時駐車場となる鍛冶道場に車を停める事が多かったものですが、今回は遅くなったおかげか八幡宮のすぐ隣にある公園の駐車場に少しだけ空きがあってそちらに車を停められました。

八幡宮の裏手になる公園駐車場から一度表側に回り正面の入口へ。






今年は夜になったら霧が出始めていたので何だかちょっと幻想的な雰囲気になっていました。


続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

「これから登山を始めるには何を揃えたらいい?」登山初心者がまず揃える物まとめ

先日、登山に興味を持ってくれた友人から「これから登山を始めるには何を揃えたらいい?」という質問を受けたので、自分なりに「これがあった方がいいよ」というのをまとめてみたいと思います。

ちなみに今回紹介するものは、
・1000m以下の低山
・登山道が明瞭に整備されている里山
・ある程度登山経験があり道具も揃っている人が同行
という条件内での山行向けとさせていただきます。
それ以外の条件では能力不足などがあるかと思いますのでその辺ご了承下さい。


ではまずはざっとそろえた方がいいものを挙げて、その後詳しく説明していきたいと思います。


■身に着ける物■
□トレッキングシューズ
□化繊などの濡れても乾きやすい衣料
□帽子
□手袋

■携行品■
□リュック
□雨具
□タオル
□水・ジュースなどの水分
□お昼ご飯(昼を跨ぐ場合)
□飴・チョコなど軽く食べられるもの
□ティッシュまたはトイレットペーパー
□ゴミ袋
□懐中電灯またはヘッドライト
□ホイッスル

■なくてもいいけどあると便利な物■
□トレッキングポール
□アウトドア座布団
□折り畳み傘
□応急用品

■番外■
□登山計画書(登山届)


といったところでしょうか。
それではひとつずつ詳しく見ていきましょう。
100均でも買える物には「〇100均」と書きます。が、一応値段相応の物である事は念頭に置いてください。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:実用・役に立つ話 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年1月5日 高立山・菩提寺山 登山 つららコース~代官沢・雷コース~ぶどう園コース

2020年1月5日
この日も前日の弥彦山裏参道登山に引き続き新年二発目の登山。

この冬は暖冬気味であまり雪も降らず、地元付近では気温も0℃を下回る事もほとんどなく例年に比べて暖かい年明けとなりましたが、それでも今年も大きなつららが見れるのを期待して今回は高立山で大きなつららが出来るスポットのある「つららコース」を復習がてら歩いてみる事に。
ついでに高立山から隣の菩提寺山への縦走をしてぐるっと周回してくるコースに行ってみる事にしました。

この日も少し早めのお昼を家で食べてから出発し、お昼過ぎにスタート地点となる大沢公園にやってきました。
ちなみに大沢公園までの車での行き方についてはこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
菩提寺山 大沢公園コース登山口・駐車場までのルートと道路状況

地元付近は雪は全くありませんでしたが、低山ながら山の中にある公園には少し雪が積もっていました。
天気は晴れだけど冬&年明けだから登ってる人は少ないかな?なんて思っていましたが、公園の駐車場にはたくさんの車がありギリギリ二台分空いてる感じでなんとか車を停められました。
これ逆に午前中だったら満車だったかも?f(^-^;)





大沢公園のトイレは冬季閉鎖中。

右の仮設トイレは使用できました。





準備を整えて駐車場を出発。

つららコースへ向かうため駐車場の奥の舗装路へと進みました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年1月4日 新年初登山は弥彦山 裏参道コース

2020年1月4日
新年を迎え親戚回りやその対応などで三が日はバタバタとしていましたが、それも落ち着いたこの日は新年初登山に行ってきました。

新年という事でやはりまずは山の神様に挨拶に、という事で今回も弥彦山の奥宮・御神廟をお参りしに行く事にしました。

年明けからしばらくは弥彦山・表参道コースのある弥彦神社側は初詣客でごった返しの大混雑になるのと、まだ少し膝が痛くなったら嫌だな~というのもあって今回も裏参道コースから登る事にしました。

この日は少し早めの昼食を家で軽く取ってから出発し、お昼の半ばに登山口駐車場に到着。
ちなみに裏参道コース駐車場までの車での行き方は「弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。

駐車場内外には数台の先行者の車があり、最近自分が来ていた時からすると少し多いかなといった感じでしたね。
それでもこの年明けは登山者も増える表参道コースから比べたら自分のペースでのんびり登れますが(笑)





今回は年末に登った裏参道コースから一週間ぶりという事で、ちょっと変化を付けて久しぶりに裏参道コースの西生寺口から登る事にしました。
準備を整えたら駐車場から一度車道へ出て坂道を登ってきてここから西生寺へ。

大きな銅像の裏手に出ます。





銅像の前に出るとその横にはこんなものが。

「水かけ草履の功徳」
あれ、以前こんなのあったかな?(たぶん気付いてなかっただけf(^-^;))
草履に水をかけると足が丈夫になるとの事だったので、膝もよくな~れ~と思いながらしっかりと水を掛けました。
ちなみにこの付近には他にも撫でると子宝に恵まれるとされる「子持石(こもちいし)」や、「ボケ封じ地蔵尊」もありました。
前に来た時などは山に登るのに必死でしたが、落ち着いて眺めてみると色々新しい事に気付いて面白いですね。





そこから階段を上がるとお堂へ。

軽くお参りをしてから左側の奥へと進みました。





そして裏参道コース・西生寺口に到着。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年12月30日 弥彦神社で年末参りとナイトウォーキングしてきました

2019年12月30日
2019年も残りわずかとなったこの日は個人的に毎年恒例となっている年末30日の弥彦神社参りに行ってきました。

この日の日中は色々な用事をこなし、夕飯を家で食べてから出発。
夕飯の片付けなどに手間取って予定してたよりちょっと家を出るのが遅くなりましたが、遅い時間に加えてやはりこの日はいつもより外を出歩く人も少ないようでスイスイと弥彦まで来れました。

弥彦神社参拝客用の駐車場に車を停めて正式な?入り口となる一の鳥居へ向かう。

その道中には数台の車や人が行きかうもののいつもに比べたらこちらもほんと少なく静かな感じでした。





弥彦神社 一の鳥居。

こちらに到着したのが21時45分くらいで、たしか22時を過ぎた頃に御神灯は消灯になると記憶していて今回はあまり時間も無かったので、写真を撮るのは三脚は使わずほぼカメラ手持ちで。
昔は綺麗な画質で撮る為に低ISO感度に拘ったものでしたが、登山を始めて薄暗い所でも撮りたい写真が増えてきて低ISOに拘るのをやめたら撮れる写真の幅が広がりました(笑)
もちろん画質は落ちますけどね~…。







門松も来たる年始に向けてしっかりと用意されていました。






鳥居の前で一礼し、参道に入ると左手に見える「玉の橋」。

神様が渡るための橋で人は渡れません。





参道に並ぶ御神灯。

この景色は年末年始と夏祭りの時の年二回しか見れません。





二の鳥居。

12月31日の大晦日から年明けしばらくはとてもたくさんの参拝客でごった返す弥彦神社。
この景色をゆっくりと見れるのはやはりこの日ならではかなと思います。





こちらも御神灯が並ぶ。






随神門。






そして弥彦神社 拝殿へ。

二礼四拍手一礼の作法で参拝。
今年もお見守り頂きありがとうございました、来年もよろしくお願い致します、っと(-人-)
そういえばふと気づきましたが、こちらにはこの日はまだ菊の紋の入った垂れ幕は設置されてなかったですね。





拝殿から随神門を振り返る。

日中は雨だったおかげで石畳の反射が綺麗でした。





こちらにも並ぶ御神灯。






絵馬もたくさん。











摂社末社。

こちらも一つずつ頭を下げました。






神社での参拝を終え、神社の出口へ。

この時点での時刻は午後10時20分頃で、二の鳥居から一の鳥居までの所は既に御神灯が消灯していました。
ふぅ、危なかったぜ(笑)

この後はすぐに帰ろうか少し迷いましたが、久しぶりにこのまま弥彦で少しウォーキングをしていく事に。
一の鳥居を出たら正面の温泉街の道へまっすぐ進みました。





しばらく歩いてきて弥彦公園の中へ。

奥へ進んでいく道中、何やら聞き慣れない動物の鳴き声みたいなのが左の奥から右の方へと移動していったのがちょっと怖かった(笑)





公園内の鴨がよく居る池の所から弥彦山を望む。

弥彦山の麓の方はガスが掛かっていたようで山はほとんど見えませんでしたf(^-^;)





もみじ谷の方へ続くトンネルをくぐる。

ここのトンネル、綺麗に改修される前(20年くらい前?)はトンネルの中に横道があってそこに鬼ババが出るって噂があったような…(笑)





そんなトンネルを抜けてもみじ谷の方へ出ると、こちらは外灯も点いてなくて観月橋近くのトイレ以外はほぼ真っ暗。
こちらも確か21時半だったか22時で消灯するんだったかな?
もちろん懐中電灯は持っていましたが、暗闇の中を進むのはちょっと怖かった。

とはいえその分空を見上げるとこの時は天気が良くなっていてとても綺麗な星空が見えました。
この写真のみ三脚を使用して撮影。





そのまま公園を抜けて弥彦駅。

神社のような外観の駅舎が特徴的です。

そのまままたぐる~っと競輪第一駐車場の方へ回って弥彦神社参拝客用駐車場にゴールし帰宅。
家に着いた後はまた少ししっかりした雨が降ってきたのでほんといいタイミングで年末の参拝に行ってこれました(^-^)






↓ブログランキング参加してます↓



THEME:写真日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年12月28日 年末参りに弥彦山 登山 裏参道コース

2019年12月28日
2019年も残りわずかとなったこの日。
スケジュールと天気予報的に年内に山に行けるのはこの日が最後になりそう、という事でこの日も山へ行く事に。
せっかくなので山の神様に年末参りに行こう。
新潟県の県央付近で山の上の神様といったらやはり弥彦山の頂上にある弥彦神社の奥宮・御神廟かな、という事でこの日は弥彦山に登る事にしました。

今回も膝にやさしい階段の少ない裏参道コースをチョイス。
この日は家を出れるのが昼頃になり昼食を食べてからにしようかなと思ましたが、久しぶりに山メシもするか~と思い立って軽く食べれるものをザックに詰め込んで裏参道コースの登山口駐車場へとやってきました。
ちなみに裏参道コース駐車場までの車での行き方は「弥彦山 裏参道コース登山口・駐車場までのルートと道路状況」に車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。

駐車場には先行者の車も何台かありました。





今回もぬかるみや頂上付近に雪がある事を見越して長靴に履き替え、準備を整えて登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2019年12月14日 友人と菩提寺山 登山 そよご道~白玉の滝コース

2019年12月14日
久しぶりに山仲間でもある友人Yさんから「この日空いてて歩きに行きたいのでよろしくお願いします」という旨の連絡が。
今回はどこにしようかな~と迷いつつ、先日、菩提寺山行って温泉入ってきたよという事を教えたらYさん的にもそれいいな~という事になりこの日もまた菩提寺山に行ってきました。

この日の天候は若干不安定な感じで予報としては午前中晴れ・午後から雨という感じだったので、この日のプランは、

午前中・菩提寺山に登りつつスタンプラリーで温泉割引券をゲット。

昼・温泉でのんびり。

午後・Yさんの希望もあってワークマンへ(笑)

夕方・夕飯。

という感じで行く事に。

当日は山への通り道の途中になるYさん家付近でYさんを車で拾いスタート地点となる秋葉区の里山ビジターセンターへ。
午前中は本当に天気がよく、登山者もたくさんいたようで駐車場に停まる車もたくさんありました。

駐車場に車を停めたらまずはビジターセンターに入りスタンプラリーにエントリー。
今回はちゃんと台紙がありました( ̄▽ ̄)





準備を整えて登山口へ向かう。
今回は自分は2週連続の菩提寺山という事で、この日はせっかくなので自分も初めてとなる「そよご道」というコースに行ってみる事にしました。

Yさんにも「どんが道らか分からんが~よ」と忠告しつつ(笑)
とはいえ下調べした感じではそんなに危なそうな所も無さそうだし、Yさんは登山レベル的に自分とそんなに変わらないくらいだと思うので大丈夫でしょう!
という事で駐車場の奥にある舗装路へ出発。





舗装路を100mほど進んできた所にある橋を渡って奥の階段から山道へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天