プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

格安ドライブレコーダー Crosstour CR250 レビュー

2020年6月30日以降、車の「あおり運転」への厳罰化が施行されました。
それでもまだ時おり耳に入る被害のニュース。

自分もいつ被害に遭うか、また自分が意図していなくてもついつい車間距離が狭くなった時などにあおり運転と思われてしまう事もあるかもしれない、ついでに万が一の事故の為にも証拠の残るドライブレコーダー(以下ドラレコ)が欲しいと思っていました。
(もっとついでで言えば、いい風景や登山口までの道を記録する為に今までデジカメでドライブ動画を撮る事がありましたが、毎回カメラをセッティングするのもなかなか面倒くさいのでドラレコがあったら楽だな~と思っていましたf(^-^;))
そこでドラレコの導入を考えていたんですが、自分の車はドラレコを設置するのにある程度の制限があり、メーカー純正で使えるものだと費用も高くてなかなか実行できずにいました。

そんな中、Amazonを物色していた時にこんなドラレコが目に入り、価格もとても手頃だった事から失敗も覚悟のうえで購入。
今回はそんなドラレコを紹介・レビューしてみたいと思います。

今回紹介・レビューするドラレコがこちら。
【令和モデル】Crosstour 小型ドライブレコーダー 高画質 170度広角 ドラレコ 1080PフルHD 駐車監視 Gセンサー ループ録画 動体検知 上書き機能 高速起動 緊急録画 車載カメラ 日本語説明書 13ヶ月保証 CR250

Amazonで購入し、購入時の価格は3,880円に1,000円引きのクーポンが付いていて2,880円でした。(※価格は変動する事がありますので随時ご確認下さい)
このくらいの値段ならダメでも諦めが付くかなと…f(^-^;)





開封していきます。

箱を開けると袋に包まれた本体とアクセサリーと書かれた箱がひとつ、そして取り扱い説明書と、CrosstourのサポートのEメールアドレス?とフェイスブックのQRコードの載った英語書きのカードが入っていました。
取扱説明書に関しては五ヵ国語の記載があり、そのうちの一つは日本語でした。
でも書いてあるのはちょっと簡易的な感じかな?





まずはアクセサリーの箱の中身から。

上から左→右の順に、
アクセサリーの箱
・内装を剥がすためのヘラ
・シガー電源コード
・USBコード
・カメラ取付土台と予備の両面テープ
が入っていました。





そしてドラレコ本体。

外装は樹脂製で価格なりの質感といった印象でしょうか。
レンズと液晶モニターには保護フィルムが貼られていました。





手を置いてサイズを比較してみるとこんな感じ。

Amazonの商品ページに載っているサイズによると3 x 4.8 x 7.6 cmとの事。
とても小さい印象でした。





本体右側。

こちらには電源を取ったりPCに接続するためのUSB差し込み口と、音声を記録するためのマイク。





本体左側。

こちらにはmicroSDカードの挿入口とリセットボタンがありました。
microSDカードは別売りで、32GBまで対応との事。





本体裏側(表側?)。

液晶画面と操作ボタンがあります。
画面サイズは1.5インチとの事。

操作ボタンは左から、
・電源ボタン
・メニュー選択ボタン▲
・決定ボタン(録画画面時は手動で録画開始・停止)
・メニュー選択ボタン▼(録画画面時はマイク録音オン・オフ)
・メニューボタン

メニューボタンは押す毎に、録画画面→カメラ設定メニュー(画質や露出補正等)→本体設定メニュー(日時や言語切替、フォーマット等)→録画画面と切り替わり、録画画面からの長押しで録画した映像をモニター上で確認できるモードへと切り替わりました。





レンズ部分の可動域は、

下がここから、

上はここまで調整が可能。

途中何ヵ所かでクリック感がありつつその間も結構抵抗があるので可動域内のほぼ自由な角度で固定できる感じでした。
左右の角度調整はできないので設置する時はそこだけ注意でしょうか。





電源オンで液晶モニターの録画画面はこんな感じ。

バッテリーが内蔵されているので電源コードを繋がなくても電源が入りました…が、設定などの調整で弄っている感じだとバッテリーが持つのは満充電でも10分もあるかないかくらいといったところ。
一応、エンジンオフ時の駐車監視モードは付いていますがあまり長くは録れなさそうですね。
モニターの上側に出ている時間が録画可能時間で、32GBのSDカード・最高解像度の1080FHDでこのくらい、解像度を下げればもっと長く録れるかと思います。
ループ録画では録画時間いっぱいになると古い方から上書きされていきます。
(ちなみにモニター下側に写っている日付は箱出し・設定前なのでズレてます。)
動画として作成されるファイルの形式はMOVで、5分刻みのループ録画・1080FHDの場合に作成されるファイル1つのサイズは5分だろうが数秒で止めようが708MB固定のようでした。

Amazonのレビューの方で、「マニュアル(設定画面の日本語)が無茶苦茶」というものが書かれていましたが、それよりバージョンが上がっていたためか修正されていて普通でした。
(レビューのバージョンはV2.2.0.1、今回購入したものはV2.2.0.3-A)





本体と取付け土台を合体するとこんな感じ。

赤い部分を剥がすと透明の両面テープになっていてガラスに張り付ける事ができます。





■実使用感

という事で、実際に車に設置した様子と車載動画、使用感にいってみたいと思います。

今回設置した車はスバルのアイサイト(Ver2)搭載車という事で、取付けには位置や大きさなど様々な制約がありました。
ネットで検索してみるとメーカーやディーラーだと社外ドラレコの装着は断られるらしく、そもそもフロントガラス中央付近はアイサイト禁止エリアなので×。
これまたネットで検索してみるとこの車だと左右のAピラーから両側30cm以内はなんとか禁止エリア外という事で、自己責任のもとワイパーの可動範囲内でもある運転席正面上部に設置しました。





内側から見るとこんな感じ。

フロントガラスに設置する場所によっては車検に通らなくなる場合もあるとの事ですが、一応規定内のフロントガラスの上部20%以内には入っていると思うし、最悪、車検時だけ外せばなんとか行けるかなと。

とりあえず設置してからこの記事を書くまでに約1ヵ月半は経過していますが、この場所に設置した感じではアイサイトには目立った不具合は無しでした。
Amazonのレビューの方ではカーナビのテレビやラジオに電波障害っぽい症状が出たというものもありましたが、こちらではそれもありませんでした。(ナビのアンテナのすぐ横だったのに結構意外(笑))
運転席の正面上部という事でモニターを点けっぱなしにしていると夜間はちょっと明るいのが気になりますが、画面の確認や操作はしやすいですね。(モニターを消しておくのももちろん可能です。)
本体がコンパクトなので視界の邪魔にもそれほど感じませんでした。

電源コードの取り回しについては、車をいじるのは興味あったもののほぼ素人なのでどうしようか迷いましたが、天井は内張りの隙間から押し込み、Aピラーのカバーを外して中を通し運転席の足元の方からセンターコンソールのシガーソケットへと繋ぐ方法にしました。
やってみたら意外と30分も掛からずにできましたね。

SDカードを入れる時はまず上下どっちから入れるのかちょっと迷いましたf(^-^;)
向きが合ってもロックされるまでは結構押し込まないとだったのでなかなか大変でしたね。
外すのもつまようじみたいな細い棒などがあった方が良さそうです。
PCに画像を取り込む時なんかはSDカードを外すより本体ごと外してPCにUSB接続した方が楽ですね、今のところはそうしています。

設置後の電源・録画のオン・オフについてはエンジン始動・停止と連動していたので基本ノータッチでOKでした。(エンジン停止時の駐車監視などは未使用です。)

内蔵の時計は早い方にズレやすい感じで、こまめに再設定した方がいいかもしれません。


そして実際に走行・録画した映像については動画にまとめてみましたのでよろしかったらご覧ください。

動画内でも書きましたが日中は内装の映り込み、夕方や夜間は明るさの明暗などちょっと気になる点はありましたが、価格から考えたら日中なんかはよく撮れてる方じゃないかなと思いましたね。

耐久性についてはこれから気になる所ですが、気付いたところがあれば追記していきたいと思います。
耐熱については60℃~-20℃までのようなので、冬はともかく真夏の日なたでの駐車時なんかは外して日陰にしまっておいた方がいいかななんて思いますね。


という事で、このCrosstour CR250 ドライブレコーダーを個人的に5点満点で評価するならば、価格と機能性も考慮して
★★★★☆
4点、としたいと思います(^-^)

価格の割には思っていたよりもいい感じでした♪
ただ、Amazonのレビューによると個体差のアタリハズレもありそうなのでアタリだったら、といったところでしょうかね。
夕方や夜間もしっかり録りたいならもっとしっかりとしたメーカーのものをオススメしますが、「とりあえずドラレコを使ってみたい」的な入門機としてはなかなかいいんじゃないかなと思いました(^-^)

あと気をつける事としては、ドラレコ全体に言える事ですが、周りの車などをを録っているだけでなく、自分の運転も録られている事も自覚してしっかりと安全運転していかないといけないですね。










↓ブログランキング参加してます↓




THEME:商品紹介 | GENRE:アフィリエイト | TAGS:

ワークマン MOVE ACTIVE WILD メッシュコンプレッション レビュー

ワークマン MOVE ACTIVE WILD メッシュ半袖コンプレッション。

2020年の初夏くらいからベースレイヤーとして使用していたものですが紹介・レビューしてみたいと思います。





商品タグ。

価格は980円(税込)。
身長176cmでサイズLを選びました。
色柄については5種類ほどありましたが、最近お気に入りの和柄のものを選びました。

機能的には、
・吸汗速乾
・脇メッシュ
・背中メッシュ
・反射材付き
・コンプレッション
があります。





バックスタイル。

この毘沙門亀甲の柄が個人的にとてもカッコいいと思うのです(*´ω`*)





脇の部分はメッシュ。

袖はラグラン仕様。





背中の真ん中辺りもメッシュになっています。

こちらは縫い目の無い作りになっているので着た時もフラットな感じです。





メッシュ部分は手を入れてみても思ったよりは透けない感じでした。






生地内側。

サラッとしつつ柔らかい生地ですね。
縫い目の部分もフラットな作りになっています。




向かって右の胸の所にはFind-Outのロゴがあります。

この柄だと普段はあまり目立たない感じですね。





このロゴは反射材になっていて、暗い所で光が当たると明るく浮かび上がりました。





■登山での実使用感

山で使う時はあまり肌を出さないようにしたいので、夏場は別で購入した冷感腕カバーと合わせて使用していました。

まず着心地ですが、柔らかい生地にストレッチ性も良く、コンプレッションながらソフトなフィット感でなかなかいいと思います。
速乾性については他のポリエステル製のTシャツなどとそれほど変わらないくらいな感じかと思いました。
着丈は長めで裾は下腹部辺りまで来る感じなのでズボンにインするか裾出しにするかちょっと迷うところですが、単体で着る場合は裾出しかな。
このシャツ自体に冷感機能は無いので夏場の低山ではちょっと暑いかもしれませんが、その分春から秋まで使いやすいと思います。

背中のメッシュの部分は着始めは少~し独特の肌当たり感がある気がしますが、着てればほぼ分からなくなる程度かなと。
そしてこの背中メッシュは、自分が現在使用しているAONIJIE 40LザックCREEPER 60Lザックのような背面に通気用の空間のあるザックを背負ってい時に風が通るととても涼しく感じましたね、ここはなかなか良かったと思いました(^-^)


という事で、このMOVE ACTIVE WILD メッシュ半袖コンプレッションを個人的に5点満点で評価するならば、価格と機能性も考慮して
★★★★☆
4点、としたいと思います(^-^)

シャツとしてはそれほど目立った機能は無いので平均の3点、背面と脇のメッシュが良かったので+0.5点、そして自分のお気に入りの柄という事で+0.5点で合計4点、といった感じでしょうか(笑)
やっぱり自分の気に入ったウェアを着ているというのは何だか気分が上がる気がします(^-^)
とはいえ、コンプレッションウェアは身体にフィットする分ラインがはっきり出てしまうので、お腹が出ないように気を付けつつもう少し胸板が厚い方がカッコいいかなという気がするのでトレーニングしていかないとかな、という気にもさせられました(笑)


ワークマンオンラインストアで見る
MOVE ACTIVE WILD(ムーブアクティブワイルド)メッシュ 半袖コンプレッション






ちなみにこのワークマン MOVE ACTIVE WILD メッシュコンプレッションは長袖版もあり。

こちらももちろん購入してしまいました(笑)





商品タグも載せておきます。

長袖版は1,500円(税込)。
機能面は半袖と一緒ですね。

この長袖の方はこの記事を書いている時点ではまだ未使用ではありますが、こちらも冷感機能が無いので春や秋などのちょっと涼しい時期に使いやすそうかなと思います(^-^)


ワークマンオンラインストアで見る
MOVE ACTIVE WILD(ムーブアクティブワイルド)メッシュ 長袖コンプレッション












↓ブログランキング参加してます↓




THEME:商品紹介 | GENRE:アフィリエイト | TAGS:

2020年8月10日 キツネノカミソリを見に角田山 浦浜コース

2020年8月10日
「山の日」のこの日は天気も良くなったのでもちろん山へ(笑)

お盆が近づき、この時期になると角田山で咲く花で有名なもののひとつの"キツネノカミソリ"もそろそろ咲いたかなと気になっていたので、この日は公式コースでは一番のキツネノカミソリの群生地となる浦浜コースに行く事にしました。

この日も家を出れるのがちょっと遅くなり、浦浜コースの登山口駐車場にやってきたのは15時頃。
(ちなみに浦浜コース登山口駐車場への行き方についてはこちらに車載動画を含めた記事がありますのでよろしかったらご覧ください。
角田山 浦浜コース登山口・駐車場までのルートと道路状況)

日中は同じようにキツネノカミソリを見に来ていた人も多かったのか、まだ結構車があり下山してきた人の姿も見られました。
車を停めて準備を始めると少しばかり車の周りにアブの気配が。
過去にも思っていましたが、この時期の浦浜コースはアブが多いと感じますねf(^-^;)





今回も遅めのスタートという事で、ライト類も入ったいつもの装備を準備して登山口へ。

ここから登山スタート。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年8月2日 ツリーハウスを見に楢山峠 登山 楢山口~真平口 周回

2020年8月2日
前記事の三ノ峠山登山と同じ日。
三ノ峠山を下りた後は日没までまだ余裕があればもう一か所行ってみようと思っていた所がありました。

長岡市栃尾地区から三条市下田地区に抜ける県道9号線の途中にある集落の奥に「楢山峠(ならやまとうげ)」という場所があり、
その頂上にはツリーハウスもあるという情報を入手していて以前から行ってみたいと思っていました。

三ノ峠山を出発してからは国道351号線に乗って栃尾へ。
途中、栃尾の道の駅に寄って水などを補給してから国道290号線→県道9号線と走って山行のスタート地点となる栃尾・梅野俣地区へとやってきました。
県道9号線から少し集落に入った所に駐車場。

スペース的には普通車6~7台くらい停められそうでしょうか。
ここ以外にも県道9号線沿いの交差点入り口にあった集会所の所にも車を停められそうでした。

ちなみに、駐車場に車を停める時にドアを開けたらアブが2匹くらい入ってきて早速洗礼を受けたf(^-^;)
この日は蚊取り線香しか持ってきてなかったけどパワー森林香の方が良かったか!?
とはいえ結果からいうとこの時の山行中にはアブの気配はあまり無かったので蚊取り線香でもそれほど虫の影響を受けずに行ってこれました。





スタート前にコース図をチェック。

ぐるっと回れる周遊コースは一周約4.6km。
今回は楢山口から登って真平口へ下りる時計回りで歩きます。

これまたちなみに、県道9号線沿いの集落入り口にもこれと同じような案内板が立っていましたが、長岡市方面から来ると交差点の奥側に立っていたので来る時は気付いてなくて帰る時に気づきましたf(^-^;)





コース図の隣には峠道利用者への注意書きがありました。

冬の間は閉鎖で立ち入り禁止、車の乗り入れもこの駐車場までですね。





ハイキングコースっぽい気もしましたが、予定してたより少~しだけ遅めの出発時間になったのでライト類も入ったいつもの登山装備をしっかりと準備してスタート。

駐車場から楢山口へと向かいます。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年8月2日 三ノ峠山 登山 ブナ平コース~赤道コース 周回

2020年8月2日
長雨だった今年の梅雨もこの日には晴れの予報が出てようやく梅雨明けへ。
久しぶりの晴れの日曜となったこの日はここぞとばかりに山へ行く事にしました。

この日向かったのは長岡市の三ノ峠山。
以前に赤道コースは登った事がありましたが、他にも東山ファミリーランドの運動広場からのコースや市営スキー場からのコースもありそちらはまだ未踏という事で、今回は運動広場からスタートする「ブナ平コース」を登ってみる事にしました。

車を走らせ長岡市にやってきて東山ファミリーランドの運動広場駐車場に到着。

到着した時の時刻はお昼前の午前11時頃。
東山ファミリーランドでは無料で利用できるキャンプ場もあるとの事でそちらの利用客の車もあり駐車場は9割ほどの混みようでしたが何とか駐車できました。
後からも結構車が出入りしていたのでタイミングによっては停められなかったかもですね。





駐車場のすぐ隣の運動広場にはテントやタープがいくつも建っているのが見えました。

しかしながら…この写真の柵に付いている赤い字で書かれた小さな注意書きの方では、
「ここは運動広場です。キャンプやBBQ等は炊事場・釜場のあるキャンプ場の方をご利用ください。」
と書かれていたのでちょっとう~ん…と思ったりf(^-^;)
ファミリーランド内の別の所にあるキャンプスペースでは駐車場からテントサイトまで距離があり車では入れない場所のようなので、駐車場がすぐ隣にあるこちらの方が大きな荷物の場合は搬入が楽ってのもあるせいかも…。



■山のトイレ(東山ファミリーランド 運動広場駐車場)


運動広場駐車場にはトイレあり。

ログハウス風でおしゃれな感じ。

男性用のみですが中の写真も撮ってきたので見たい人だけ文字クリックで見れるようにします。
トイレの中
個室(和式)
洗面台
水洗・水道あり、個室は和式と洋式の2つありましたが、洋式の方は中途半端に鍵がかかった感じになっていて扉が開かなかったのでチェックならずf(^-^;)
紙は常備されているようでした。
まだ出来て新しいようで綺麗でしたね。
ちなみに以前の冬に来た時は駐車場・トイレ共に閉鎖されていたので冬季は利用できないようです。





準備を整え登山口へ向かうと案内図があったのでチェック。

現在地が中央少し下のP・トイレの所で、一番右上のブナ平から更に三ノ峠山へ延びる道があるようなのでまずはブナ平を目指す。
しかし…行ける道がたくさんあるようで逆にどこから行こうかちょっと迷う(笑)

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

2020年7月25日 粟ヶ岳登山口と粟ヶ岳キャンプ場を偵察してきました

2020年7月25日
7月の連休3日目のこの日は生憎の悪天候と諸々の用事によって登山には行けませんでしたが、用事が終わった後の空き時間を利用してまだ未踏でいつか挑戦してみたい粟ヶ岳の中央登山道の登山口の確認と、最近キャンプ・テント泊の方にも少しばかり興味が出てきた事からちょうど粟ヶ岳の登山口にキャンプ場もあるという事でこの日はその二つの偵察に行ってきました。

粟ヶ岳登山口・キャンプ場は加茂市の県道244号線を日帰り温泉"加茂 美人の湯"の更に奥へと道なりに進むと到着となりました。

駐車場は登山とキャンプ共用となりますが、かなり広く70~80台くらいは停められそう。
この日は悪天候に加え訪れた時の時刻が午後5時半を回った頃だったのでキャンプ場利用者のものと思われる車が何台かある程度でした。





駐車場から道路を挟んだ所には加茂川の貯水池の景色が広がる。

この時はパラパラと雨が降っていましたが、天気が良かったらなかなか綺麗そうな景色です(^-^)





駐車場の方へ戻り、粟ヶ岳側に向かって一段高い所に進むと受付となる建物。

その奥にはトイレがありました。

続きを読む


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

車のシートにメッシュクッションで夏は快適性UP

8月に入り新潟県もようやく2日に梅雨明けが発表され夏本番が始まりました。

暑い時期の登山だと登って下りて来た時にはびっちゃびちゃに汗をかいている事もあり、そのまま車に乗るとシートに汗がしみ込んでしまい、なかなかシートを丸洗いする訳にもいかないのでちょっと気になっていた所でした。
下山時に毎回着替えればいいのかもしれませんが、着替える前に車を動かさないといけなかったり、そのまま他の山にハシゴしたり、家まで30分くらいの山だとまっすぐ帰った方が洗濯物も少なくて楽だな~って場合もあったり。
そんな時にシートに直接座らなくていいクッションなんかあったらいいなと思っていたところこんなものがあったので昨年に購入し使用していました。

メッシュクッションと背当てクッション。

どちらも100均のセリアで購入し、それぞれ100円(税別)でした。
ちなみに背当てクッションの方はダイソーなど他の100均でも同じようなのが販売されてますね。





座布団型のメッシュクッションの商品タグ。



商品タグ裏面。

「本革やつるつるした素材の場合、滑ったり傷が付く恐れがありますので、使用しないで下さい。」とあるのでそこは一番の注意点でしょうか。





座布団の厚さは1cmくらい。

メッシュなので通気性は良さそうです。
表面はちょっとザラザラしているのでやはりツルツルしたシートだと傷になりそうな感じはあります。





次に背当てクッションの商品タグ。



商品タグ裏面。

こちらにも「本革やつるつるした素材の場合、滑ったり傷が付く恐れがありますので、使用はおやめください。」とあります。




ちょっと部屋で適当なクッションに付けて実際に使用する時の感じに置いてみるとこんな感じ(笑)






背当てクッションはシートと背中の間に空間ができるので、背中からシートに汗が移るのを軽減できるかと思います。


実使用感としては、シート本来のホールド感は少し薄れてしまいますが、汗が染みにくいという点ではとてもいいなと思いました。
そして、こちらはあまり意識はしていなかったんですが、特に背当てクッションの方が背中とシートの間に空間ができる事によってエアコンや窓からの風の流れができ背中も少し涼しく感じるようになりました。
シートに傷が付くかもしれない点だけはやはりちょっと気になりますが、登山の時だけでなく普段使いでも夏の快適さが少し上がったように思いますね♪
自分的になかなか買って良かったクッションでした(^-^)



より涼しさを求めるならこういうのもいいかもしれませんね。







↓ブログランキング参加してます↓




THEME:こんなの買ってみました。 | GENRE:趣味・実用 |
PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR