プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2017年5月28日 弥彦山 登山 八枚沢コース 前編

2017年5月28日
前回の「2017年5月27日 ヒメサユリを見に行ってきました」の翌日も山に行ってきました。
この日も前日に引き続き午前中は天気が優れない感じでしたが午後からは晴れの予報になっていたので午後から家を飛び出しました。
どこの山に行こうか少し悩みましたが、午後からという事で時間的余裕としてもあまり遠くの山にも行けない感じだったので比較的短時間で登山口まで行ける弥彦山に。
そしてせっかくだからまだ行った事のないコースにしようという事で八枚沢コースへと行ってきました。

当日山に向かう途中で撮った弥彦山。

この時、頂上付近は雲に覆われて見えませんでした。
大丈夫かな~と少し不安になりましたが、夕方に近づくほど好天になる予報だったので登っているうちに晴れる事を願って山に向かいました。





弥彦スカイラインを車で登り、途中で小道に入ると八枚沢コース登山口に到着。
登山口に着く寸前で一台の車とすれ違いましたが到着したところには車はナシ。
午後からという事に加え頂上も雲に覆われているとあってか登山者も少なかったようですね。
その後準備をしていると一台の車が入ってきましたが、すぐに登っていったのか自分が準備を整えた時には人の姿はなくなっていました、早っ。

準備を整えて駐車スペースの下手にある登山口へ。





八枚沢コースは登山口に滝があるのが特徴的なコースです。
そのせいか登山口や駐車スペース辺りはヒンヤリとした空気が漂っていました。

沢へ下りてまた登って本格的な登山道となります。





沢の水も超綺麗。

水温も冷たくて暑い日に裸足で入ったら気持ちよさそうと思ってしまいました。





沢からの階段を登ると早速分岐になりました。

八枚沢コースは頂上の方へまっすぐ登る「妻戸尾根ルート」と、雨乞山や国上山方向へ延びる縦走路と合流して裏参道側から登る「雨乞尾根ルート」がありますが、今回は登りは頂上へまっすぐ登る妻戸尾根ルートで行く事にしました。
という事で右の階段へと進んでいきます。






登り始めて早速階段の急登が始まりました。

あーこれ絶対調子に乗って登るとバテるやつだ、と思いゆっくり登ります(笑)





道の脇にはツツジが結構咲いていました。






階段の状態は所々劣化したところもあり、こんな感じで丸太の部分が無くなって杭?がむき出しになっている所も。

これに足を引っかけたり転んだりしたら危なそうですね。
慎重に足場を選びながら登りました。





階段が一区切りしたところでなだらかな道に。






ここには四等三角点がありました。

まだ設置されて新しそうな感じですね。





なだらかなアップダウンが少し続きました。

この辺の景色、何となく”角田山っぽい”と思ってしまいました。
なんとなくコースの雰囲気が似ているというか。
弥彦山にいるのに角田山の事を思い出すのが何だか不思議な感じでしたが、弥彦山の表参道・裏参道コースともまた違った雰囲気のコースで楽しいですね。





少し進むとアザミが咲いていました。

鮮やかな紫が綺麗でしたね。
そして虫が苦手な方はスミマセン。





上のアザミを見つけた所から少し進んだ所ではこんな場所もありました。

道の両側にアザミがいっぱい。
ここの景色はなんか良かった。





そしてこの辺は木々が開けていて後ろにはアンテナが特徴の弥彦山の隣の雨乞山が見えました。

雨乞山という名前の山は他の県にも色々あってそれぞれに読み方も微妙に違ったりするようですが、Wikipediaによるとこちらの弥彦にあるのは「あまごえやま」と読むようです。





道は階段が続きます。

なかなか階段の多いコースですね。





また景色の開ける所がありました。

越後平野。




右に振って、中央に国上山、右は雨乞山。






歩いているとアザミがよく目に入ります。

また虫が苦手な方はスミマセン。





アザミはコースの色んな所で見掛けましたね。

こんな感じで道の横に紫が見えると「お、またあった」って感じで楽しいですね。





歩を進めているとこんな立て札が目に入りました。

劣化したのかちょっと読みにくい感じですが、解読してみると
「~入山者のみなさまへ~
弥彦山系は
    佐渡弥彦米山国定公園
          特別地域です。
自然公園法【第13条3項】の規
定により、国定公園内においては
許可なくして雪割草やカタクリな
ど指定植物の採取は禁じられて
おります。”トル”のは写真だけに
留めて動植物保護にご理解をお
願いいたします。

弥彦村では巡回・パトロールを
         実施しております。

    弥彦村・弥彦山岳会」
と書いてありました。
気を付けましょう。





コースは相変わらず階段が続きます。

この階段の多さ、なんとなくこちらも角田山の稲島コースを思い出してしまいました。
稲島コースは結構な階段ばかりのコースでしたが、こちらも負けず劣らずな感じですねf(^-^;)





何か立て札がある、階段終わり?

と期待しましたが、ただの注意書きでした。
階段はまだまだ続きます。ぐぬぬ。





しかしこの立て札を過ぎた辺りでまた少し景色が開ける所がありました。

だいぶ標高も上がったのか日本海も見る事ができました。
めっちゃ綺麗!





そして並ぶ国上山と雨乞山。
間にも山あるけど名前あったかな…?

この景色もめっちゃいい♪
階段ばかりでなかなかキツいコースですが、見える景色はそれなりのものがありますね。





コースは少し柵の設置された所もあったり。






更に進むと分岐のような所がありました。

しかし左の道は数メートル先で行き止まりのようでした。





ここではまた新たな花が。

谷空木 (たにうつぎ)、でしょうか。





コースは相変わらず階段。






ツツジもコースの所々でよく見られ、目を楽しませてくれました。

これは登り始めの頃にあった花より色の濃い感じでしたね。





高い所に咲いている花も。

藤…かなぁ、あんまり自信ないですf(^-^;)





コースは少しなだらかなところが出てきました。

周りもツツジに囲まれていい感じ。





また少し、階段の土留めの板が無くなって杭の飛び出た所がありました。

引っかけたり転んだりしないように慎重に。





更に階段は続きます。






また少し開けた所で後ろを振り返ってみると、また日本海を望む事ができました。

ここもいい景色~。
しかし少しガスっぽくなってきたのがちょっと残念でした。
晴れた時にも見てみたい景色ですね。





また少しなだらかな所があって~。






また階段!

思わず「うわぁ…」というまだあるの?的な声が口から洩れてしまいました(笑)





その階段を過ぎるとまたなだらかな道。






少し進んだ所では三角点のような石も現れました。

これは…もうすぐ頂上が近い…?





そんな期待を抱きつつ先へ進むと、道の先に何やら人工物のようなものが。

見た感じ、用水路の石蓋っぽい感じにも見えましたが、こんな所に用水路?





と疑問を持ちつつ近づき、横を通ってみると石造りのベンチとテーブルでした。

しかしあまり使われてはいない感じかな?





そんなベンチとテーブルを過ぎて少し進んだ所でついに裏参道コースと合流となりました。

やったー、もうキツイ階段ないよ!(笑)





頂上方向へ進み、日本テレコムのアンテナ付近から頂上を見上げると…。

ガスっててほとんど見えませんでした…。





しかしせっかくなので頂上へと向かいます。

この辺も少しガスっぽい。





この辺の道ではこのピンクの花がたくさん目に入りましたね。

これも谷空木かな?





二つ目のアンテナ横の階段に入る所も花いっぱい。






頂上の展望台下の階段。

こちらもガスっぽい感じでしたが、それがまた何かいい雰囲気な気がしました。





頂上手前のアンテナと鳥居。






新たな花を発見。

マーガレット…?





そして頂上手前の鳥居の前に出て。






頂上・御神廟に到着!

雲が晴れる事を期待していましたが生憎の頂上となってしまいました。
周りを見ると、表参道コースやロープウェイ乗り場の方から来たと思われる人がチラホラいるだけ。
風も強く眺望もきかないのでやはり人は少な目でしたね。
少しばかり足を止めて休憩してから御神廟を参拝し、次の行動に移る事にしました。





一応、頂上からの眺め(笑)

たまに山の近くの麓が見えるだけでしたf(^-^;)





という事で、頂上ではあまり大きな休憩は取らずに下山に入る事に。



今回はいつもより写真もたくさんあり記事の方も長くなりそうなので前編・後編に分けたいと思います。
下りは後編につづく。

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天