プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2018年10月6日 弥彦山 登山 表参道コース

2018年10月6日
この日は台風が近づいていたものの天気はいい週末に。
台風によるフェーン現象で気温は季節外れの真夏日となっていましたが、好天に誘われてこの日も山に行ってきました。

当日は午後からの出発になりましたが、日没ギリギリまでには下山できる計算で行けると判断し家を出発し、この日向かったのは弥彦山。

登山や弥彦神社の参拝に使われる競輪第一駐車場に停まっている車はいつもより気持ち少なめな感じでした。





準備を整え登山口に向かう途中に通る弥彦神社の参道では11月から始まる弥彦菊まつりの菊を飾る小屋が建てられていました。

神社の参拝に行きかう人たちもたくさん。





混雑を避けるため自分は神社の参拝は省略させていただいて登山口へ。

ここから登山スタート。






登山道へ入ると早速花がお出迎え。

キバナアキギリ。
この花は登山道のあちこちでよく見られました。





登山口から数百mの茶屋も営業中。






よいしょこらしょと登ってきて二合目。

この日は暑さのせいなのか何なのか、いやぁバテるバテる(;´Д`)
ここまでの間でも既にぜーはーぜーはー息切れしてこまめに立ち止まって休み休みの登山でした。





二合目を過ぎて次の折り返しの角でも一休み。

ここでは久しぶりにこの木の根元が祠っぽくなったものをチェックできました。
先の冬にあった倒木などで巻き込まれてないかなと思っていましたが無事だったようで何よりでしたね。





途中で花を見つけてパシャリ。

この写真を撮るのに少し立ち止まるだけでもほんと楽になるくらいこの日はバテバテでした。





三合目を過ぎ、四合目へ続く急登の手前のベンチでも休憩。

ここは風が通って気持ちのいいポイントです。
しかしこの日は「こんなにバテたかな~…」と心配になるくらいの勢いでしたね。
しばらく休んで気力が出たところで先に進みました。





急登の途中で開ける景色を望む。

台風の影響なのかこの日は空気が澄んでいて景色もきれいに見えていました。
おかげで頂上からの景色にも期待が持て、先へ進む力になりましたね。






四合目を過ぎ、五合目の鳥居の所でも少し立ち止まって水飲み休憩。

この辺になると少し平らな地形もあるのと同時に身体も慣れてきたのか少し楽になった感じがしました。





六合目へ続く岩階段の途中にある山男のお知らせ。

たまに読み返して心に刻みます(笑)





六合目を過ぎて「里見の松」へ。






「里見の松」からの景色。

向こうの山々のシルエットもクッキリ。





先へ進み七合目・水場。

ここの水場はやはりありがたいですね。
冷たい水でリフレッシュできました。






その後は最初の方より順調に進み、八合目を過ぎて九合目。

この日も右手の売店などには寄らず左の頂上へ向かいました。





急登階段。

ほんの少し立ち止まる休憩を入れたりしながら登ります。





階段をクリアすると紫陽花通り。

周りの木々も少し枯れ色を見せ始めていました。





紫陽花は終わった花だと思いますが、こんな感じで少し色を残したまま形を保ったものが結構ありました。






これはシシウドかな?

風に吹かれてユラユラしていたので写真を撮るのに苦戦しました(笑)





NHK基地局の辺りから望む山頂方面。

この辺の枯れ色は結構進んでいる感じでちょっと綺麗でしたね。





最後の急階段をクリアして頂上手前の鳥居へ。






鳥居の前から左手に広がる景色を望む。






鳥居をくぐり、一段上がって多宝山と新潟市方面。






頂上から望む寺泊・柏崎方面。

向こうには米山のシルエットも見えました。





三条市街方面の向こうには粟ヶ岳・守門岳のシルエットもクッキリと。






国上山と長岡市方面。

午後からにしてはなかなかにクリアな景色を楽しめました。





そして山頂の御神廟。

しっかりと二礼四拍手一礼で参拝しました。
台風の影響か頂上は風がちょっと強かったですね。





という事で頂上手前の鳥居の前に戻り、ベンチで休憩タイム。

この日は家を出る前から暑いのが分かっていたのでアイスを持ってきましたが正解でしたね。
冷たいものがほんと美味かった~(*´▽`*)





休憩を終え、下山に入ろうとした頃には久しぶりに平野に伸びる弥彦山の影を見ることができました。

自分もこの影の一部になっていると思うとなんだか不思議な感じがします(笑)





そして下山開始し九合目。

下りでも左の道の売店方面には行かず右の下山道へ。





ちなみに九合目からは日本海の向こうに佐渡島のシルエットも綺麗に見えていました。

海も陸も景色が楽しめる弥彦山はやっぱり好きだ。





下りは順調に進み、八合目・七合目と下って「里見の松」へ。






「里見の松」から改めて景色を望む。

光の射し方が変わったせいか、中央少し下にある真っ赤な弥彦の大鳥居が日中より際立って見えた気がしますね。





「里見の松」の東屋で温度計をチェック。

夕方になったこの時点で27℃くらい。
日中は30℃も越えていたようなのでほんと季節外れの真夏日でしたね。
その影響でこの日はバテた…と思いたいf(^-^;)





順調に六・五・四合目と下って四合目過ぎの急階段。

自分はゆっくりペースなので追い越されつつ、他の人も下山していきました。





急階段の途中から開ける景色を改めて。






日没時間が近づいてきたので少しペースを上げつつ三・二合目と下りてきて一合目。

この辺りで日没時間を迎えてしまいました。
今回は登りでバテバテだったように何があるか分からないのでやはり登山は早出早帰りの方がいいかもしれませんね。
と言いつつ自分はなんだかんだでなかなかできていない事も多かったりしますが…f(^-^;)
その分ライト類の用意もできるだけしています。





ヘッドライトを出そうかなと考えつつもまだ明るさの残っているうちに下ってきて、茶屋が見えてきました。

あと少し。





そして登山口にゴールとなりました。

結局ライト類は使わずに下りれて少しホッとしました。
よく整備されているのとある程度登りなれた弥彦山なので暗くなってもあまり不安感はありませんが、他の山ではもっと気を付けないとかな(;´∀`)





弥彦神社付近は灯篭も立っていて駐車場に戻る道もちょっといい雰囲気。

そんな感じでちょっとバテバテの弥彦山登山でした。


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:晴れ
人数:1人
コースタイムまとめ
登山口 14:19
二合目 14:41
五合目 15:15
九合目 15:49
頂上 16:05~16:32
九合目 16:39
五合目 17:02
二合目 17:13
一合目(日没) 17:20
登山口 17:29

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天