プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年10月2日 登山初心者の友人と弥彦山 登山 表参道コース

2019年10月2日
今までは登山にはそれほど興味も無さそうだった友人のEちゃん。
そんな彼女からこの日の少し前に「弥彦山に登ってみたくて一人で行こうかと思ったけど、いきなり一人はやっぱりちょっと不安なのでもしだったら一緒に登ってほしい」という旨の連絡がありました。

おや珍しい、と思いつつも山に興味を持ってくれる人が増えるのは自分としても嬉しいので、もちろんOK。
Eちゃんはまだ登山の装備なども無いようなので、とりあえず動きやすい服装と運動靴と水分だけ用意してねと指定して前準備へと入りました。

そして当日。
この日は平日ではありましたが、たまたま二人の予定が合い決行となりました。

Eちゃんの方の都合もありこの日はお昼過ぎからの山行。
弥彦山登山などで長時間車を停める時に指定されている競輪第一駐車場で待ち合わせをしました。

休日は観光客や参拝客の車でいっぱいになるこの駐車場もさすがに平日とあって少なめ。
無事にEちゃんと合流し、準備を整えてまずは登山口へ向けて出発しました。





この日の往路では弥彦神社への参拝は省略し、まっすぐ登山口へと到着。

Eちゃんは神社からこっちへ来るのは初めてだったようでちょっとテンション上がった感じに辺りを見回していました。
イイね、その反応!…なんて内心先輩風をふかしつつ(笑)
ここから登山スタート。



もくじ
1.表参道コース登山
2.頂上付近
3.下山





■表参道コース登山


登山道に入ると早速花を発見。

キバナアキギリ、だったっけ。
この花はこの日コースのあちこちでたくさん見られました。





登山口から数百メートルの茶屋は寄らずに通過。

こんにちはーと挨拶しつつ通過する時には茶屋の方に「いってらっしゃい」と声を掛けて頂けました。





今回は初めてのEちゃんに合わせつつ自分も初心を思い出すようにゆっくり目のペースで時おり立ち止まる休憩を挟みながら登っていきました。

一合目を通過。
おや、表参道コースは自分も昨年の10月以来でしたが、その時には無かった丸太のコース補修が。
他にもコースの所々に階段の土留めの木を補修する為のものと思われる木材が置いてあったりもしました。
しっかり整備されていてありがたいですね





順調に二合目を通過。

ゆっくりペースというのもありますが、Eちゃんは普段からランニングやウォーキングをやっているようでそれほど遅れる事無くついて来てくれていました。





二合目を過ぎて次の折り返しの所にある木の根元の小さな祠っぽいやつ。

ああ、これまだあって良かった(^-^)
というかお賽銭まで上がってたのでちょっと驚きました(笑)





花を発見。

関東嫁菜(カントウヨメナ)かなぁ。
あんまり自信ありませんがf(^-^;)





三合目を通過。






四合目に登る急登階段の所からの景色。

この景色が見える所に来たところでEちゃんにも「そこで左側見てみ」と言うと、ちょっと感動していたようでした(^-^)





そして四合目への急登階段。

ここではEちゃん自らダッシュチャレンジ。
四合目まで行ったら待っててね~。





と後を追いかけて四合目に到着。

ちょっとキツかったみたいでした(笑)





そこからはまたペースを戻してゆっくり進み、五合目を通過。






この日は紅葉が始まるのにはちょっと早い感じの時期でしたが、うっすらと気配を感じさせる葉の色が陽に透けて綺麗でした。






ちょっと急な岩階段を抜けて六合目の橋に到着。

沢の上を渡るこの橋の上は風が抜けて、少し暑くなった身体に気持ち良かった。





先へ進み、東屋のある見晴らしポイント「里見の松」へ。

少し霞はあるものの天気は良く綺麗な景色を見れました。





東屋で温度計をチェック。

この時の気温は約26℃。
10月にしては高めで暑い日でした。





里見の松の東屋で少しばかり休憩をし、再出発した所で花を発見。

これも関東嫁菜?
先程見たものよりもうっすら青みがかった花でしたが…この違い、分かるかなぁ~、分かんねぇだろうなぁ~。





そして七合目・水場。

ここでは水場で手を洗ってリフレッシュ。
Eちゃんも気持ちよさそうに手を洗っていました。





花を発見。

サラシナショウマかな?
白いチョウチョも付いていました。





八合目を通過。

ここにあるベンチは以前から土に押されてかだんだん傾いてきているように思っていましたが、今回は以前よりも更に角度が増したような気がしましたf(^-^;)





花を発見。

イヌタデ?


ナギナタコウジュ。






九合目に到着。

ここからは自分が登山を始める以前にも弥彦スカイライン経由で一度Eちゃんと来た事もあったので、その時の事を少し思い出したようでした。





九合目のベンチの所から望む日本海。

佐渡ヶ島もよく見えていました。





そして始まる長い急階段。

ここではさすがにEちゃんも遅れが出始めてしまいましたが、ゆっくりペースでしっかりと登っていきました。





花を発見。

アキノキリンソウ、かな?


■頂上付近





最後の急階段を登りきり、頂上手前の鳥居に到着。





その左手には平野の景色が広がる。

ちょっと霞が強いけど、やっぱりここからの景色はいい。





鳥居をくぐって一段上がり、多宝山と新潟市方面。

多宝山もだいぶ枯れ色を帯びてきていました。





御神廟裏手の草むらでEちゃんが発見。

お~、凄いカラフル!
何の植物かは分かりませんが、自然の物でもこんなに鮮やかに色とりどりに発色するものがあるとは驚きでした。
何度も登っている山でも視点が変わるとまた新たな発見があって面白いですね。





そして頂上・御神廟に到着!

麓から登るのは初めてだったEちゃんも無事に登頂を果たしました。
弥彦山・表参道コースは近隣の小学校の遠足登山などでも登る事のある山・コースですが、普段登山をしない人が登ってみると結構キツいんですよねf(^-^;)
普段からランニングやウォーキングをしていたEちゃんでもこの時には脚が生まれたての小鹿のようにプルプルと震えていたので、やっぱり登山は使う筋肉が違うようです。
小学生が登る山だからってナメちゃいけねぇ(笑)




頂上から望む国上山・長岡市方面。




寺泊・柏崎市方面。

向こうの米山はうっすらと見えていました。





そして頂上で休憩タイム。

この日は暑くなる事を事前に予想していたので氷持ってきてアイスコーヒーが正解でした。
もちろんEちゃんにも山頂コーヒーの美味さを味わわしてやりました(#^皿^#)


■下山





頂上からの景色を一通り楽しみ、休憩を終えた所で下山へと入りました。






九合目付近、登りで見落としていた花。

ミゾソバ。





五合目付近でちょっと紅葉の気配。






そして五合目。

何だか下る毎に元気になっていくEちゃん。
反対に自分の方はというと、以前の巻機山の時以来.何やらまた膝の方に少し痛みが出始めてしまいました。
あれ~、前回の蔵王山の時には平気だったし、靴にはインソールも入れていたんだけど…巻機山以来爆弾抱えたか…⁉(;´Д`)





四合目を過ぎ、急階段の途中の展望ポイント。






ここからの景色は少し夕暮れ時の雰囲気へと変わっていました。






下山中にEちゃんと話をする中で、「自分がこのコースに来た時に下りで登山口近くの茶屋でコンニャクなんか食べたいと思ってるんだけど、いつも時間が遅くて閉店してるんだよね~」と話したところ、Eちゃんもコンニャク食べたい!となってちょっとテンション上がってました(笑)

この日も閉店前に間に合うには時間的にちょっと厳しそうだったけど、ちょっとだけ下山ペースアップ(笑)





そして茶屋の所に到着すると、やはり茶屋は残念ながら閉店済。

茶屋の向かいの所には何やら整地された場所があったけど、何かできるのかな?





茶屋を過ぎた辺りでも登りの時に気づかなかった花を発見。

秋海棠(しゅうかいどう)。
ピンクの花に黄色のボンボンがかわいい。





登山口が近づき、ダッシュするEちゃん。






そして登山口にゴール。






登山口近くの茶屋は間に合いませんでしたが、弥彦神社脇のお土産屋さんが並ぶ所では閉店間際ながら辛うじてまだやっている店があり、こちらでコンニャクを食べる事ができました。

今回登山に付き合ってもらったのと楽しかったという事でここはEちゃんがゴチしてくれました。
コンニャク煮と味噌田楽、うんまかった~(*´ω`*)
というか何気にコンニャク煮の端っこに添えられたカラシが普段家で食べてるチューブのやつと違って美味かった気がします。





そして最後は弥彦神社にお参り。

弥彦山頂がちょうどバックにくるこの角度がお気に入りです。

そんな感じで登山初心者の友人との弥彦山登山でした。
やはりこの後Eちゃんは結構な筋肉痛に襲われたようですが(笑)、登山の雰囲気や山の上の景色、山頂コーヒーなど楽しかったと言っていたので良かったですね。
このまま山好きが一人増えたらいいなぁ(^-^)


天気:晴れ
人数:2人
コースタイムまとめ
登山口スタート 13:23
五合目 14:07
九合目 14:51
頂上付近 15:07~15:48
九合目 15:58
五合目 16:28
登山口ゴール 17:03





関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天