プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年10月6日 国上山 登山 国上寺コース

2019年10月6日
この日の少し前の弥彦山登山の時に、以前の巻機山登山の時に発症した膝痛が再発。
という事でその直後に膝痛対策として衝撃吸収インソールを購入したので、この日はその履き心地などを確かめるべく山へ行ってみる事にしました。

一応、この時は弥彦山登山の時に発症した膝痛は普通に生活する分には痛みはだいぶ落ち着いた状態でしたが、また痛くなると怖いので今回はなるべくショートコースを選び、国上山の頂上まで片道30分ほどの国上寺コースに行く事にしました。

この日も家を出れるのが少し遅くなり、日も傾き始めた16時過ぎに駐車場に到着。

夕方にしてはまだ結構車が停まっている印象でした。
…まぁ、さすがに登山客は少なめな感じでしたがf(^-^;)

今回はこの日の日没の17時半くらいまでに行ってくる計算で、頂上での休憩もそれほど考えずザック無しの軽装で行く事にしました。





靴を履き替え必要最低限の装備を持って登山口のある国上寺の境内へ。

秋は紅葉で人気のスポットになる国上寺もこの日はまだ時期には早いようでした。





お堂の右手にある登山口へ。

ここから登山スタート。



もくじ
1.国上寺コース登山
2.頂上
3.下山





■国上寺コース登山


登山道に入ると早速花を発見。

アザミかな?

こっちは…シラヤマギク?
コースの所々で見られました。

登山道に咲いている花もちょっと冬に向かって後半戦かなといった感じでしたね。





コースは午前中に降った雨で少し濡れていて滑りやすく緊張感がありました。

しかしながら出だしは膝の調子も順調。
インソールの履き心地もなかなかいい感じでした。





少し開けた所に出て。






ここにある木彫りのお地蔵様をチェック。






そしてここから振り返ると日本海側の景色。

この日は雲や霞も多く米山の方はなんとかうっすらと見える感じでした。





また花を発見。

アキノキリンソウ。
こちらも所々で咲いていました。





五合目・あか谷みはらしから望む弥彦山。






五合目過ぎの急登を登り切ってなだらかな道になったところでコースに掛かる倒木がありました。

いやぁ、やはり山の中の状態は変わりやすいですね。





そして中腹の展望台への分岐に到着。

ここでは右に曲がり展望台に寄っていく事にしました。





分岐から1分ほどで展望台に到着。

展望台から望む旧分水町と大河津分水路。





コースに戻り頂上へ向かうと、倒木が道を塞いでいる場所がありました。

あらら、今までもよく通った道がこんな事になるとは…。
しかしながら左についていた細い道の方から迂回していく事ができました。


■頂上





そして頂上に到着。

他の人の姿はなく頂上一人占めでした。





人がいないのをいい事に自撮りしてみる(笑)。

今回はこんな感じで。
ポーズについてはどういう方向に向かっているのか自分でも道迷い中です(笑)。
でも、楽しい感じに撮りたいなぁと思いつつ(^^)ゞ





ちなみに今回持ってきた装備はこんな感じ。

・カメラ
・500mlの水筒
・懐中電灯、ヘッドライト
・ホイッスル
・スマホ
あとはポケットの中に免許証と車のカギ、ライターといった感じでした。
さすがに歩き慣れた山とはいえ遅い時間に山に入るのは暗くなるのが怖いのでライトは必須ですね。
ホイッスルは万が一の災害にも備えて最近は普段から家の鍵と一緒に持つようにしています。





頂上では、少し雲があったものの綺麗な夕焼けを見る事ができました。



■下山





頂上では写真を撮ったりで10分くらい立ち止まってはいましたが、今回はベンチに座る事もなく下山開始。






と、その祠?の下にも花を発見。

これもシラヤマギクかな?
うっすらと青みを帯びた花でした。





下りも倒木を避けて右の細い道へ。

右の道も結構はっきり踏み跡が付いているので、こうなってから割と期間が過ぎているのかな…?





もう一つの倒木の所も通過。

この辺は夕方に来ると夕日が正面に来て綺麗でお気に入りの場所だったりしますね。





急階段の下りに差し掛かると正面に日本海が覗く。






そして急な下り道。

路面は一部階段の土留めの木が朽ちて無くなった所があり、ツルンとした赤土で滑りやすそうで怖い。
ここはいつも登りも下りも緊張感があります…。





その後も順調に下ってきていましたが…、

この日もまた少し膝痛が出てしまいました。
靴に衝撃吸収インソール入れてたのになぁ…と思いましたが、前回膝痛が出た弥彦山登山からほんの数日しか経ってなかったのでちゃんと直ってなかった、というのが一番の原因だったかもですね(´・ω・`)
なのでこの日のインソールの評価は無効としましたf(^-^;)





歩けないほどではない鈍い痛みを堪えつつも無事に登山口に到着。

何とか日没時間の手前に下山してライトは使わずに済みました。





国上寺境内の良寛さんの銅像の近くを通った時に木の上に花を発見。

この花は…何だろ?
この日は思っていたよりはいろんな花を見れた気がしますね(^-^)





そして駐車場にゴール。

さすがに車の数も少なくなっていました。





車に戻る前についでに駐車場の隣の朝日山展望台にも寄っていきました。

千眼堂吊橋と夕焼け。





朝日山展望台から望む旧分水町と大河津分水路。






朝日山展望台から先程登ってきた国上山を望む。

そんな感じで国上山登山でした。

膝の状態についてはもう少し休めないとかな~といった感じでしたf(^-^;)


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:晴れ
人数:1人
コースタイムまとめ
登山口スタート 16:31
五合目・あか谷みはらし 16:40
中腹展望台 16:46
頂上 16:50~17:01
五合目・あか谷みはらし 17:11
登山口ゴール 17:19




関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天