プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2019年12月14日 友人と菩提寺山 登山 そよご道~白玉の滝コース

2019年12月14日
久しぶりに山仲間でもある友人Yさんから「この日空いてて歩きに行きたいのでよろしくお願いします」という旨の連絡が。
今回はどこにしようかな~と迷いつつ、先日、菩提寺山行って温泉入ってきたよという事を教えたらYさん的にもそれいいな~という事になりこの日もまた菩提寺山に行ってきました。

この日の天候は若干不安定な感じで予報としては午前中晴れ・午後から雨という感じだったので、この日のプランは、

午前中・菩提寺山に登りつつスタンプラリーで温泉割引券をゲット。

昼・温泉でのんびり。

午後・Yさんの希望もあってワークマンへ(笑)

夕方・夕飯。

という感じで行く事に。

当日は山への通り道の途中になるYさん家付近でYさんを車で拾いスタート地点となる秋葉区の里山ビジターセンターへ。
午前中は本当に天気がよく、登山者もたくさんいたようで駐車場に停まる車もたくさんありました。

駐車場に車を停めたらまずはビジターセンターに入りスタンプラリーにエントリー。
今回はちゃんと台紙がありました( ̄▽ ̄)





準備を整えて登山口へ向かう。
今回は自分は2週連続の菩提寺山という事で、この日はせっかくなので自分も初めてとなる「そよご道」というコースに行ってみる事にしました。

Yさんにも「どんが道らか分からんが~よ」と忠告しつつ(笑)
とはいえ下調べした感じではそんなに危なそうな所も無さそうだし、Yさんは登山レベル的に自分とそんなに変わらないくらいだと思うので大丈夫でしょう!
という事で駐車場の奥にある舗装路へ出発。





舗装路を100mほど進んできた所にある橋を渡って奥の階段から山道へ。

ここから登山スタート。



もくじ
1.そよご道登山
2.菩提寺山頂上
3.白玉の滝コース下山





■石油の里コース登山


登山道に入って少しの所から早速急登が始まりました。

ここの急登は結構長く感じた気がします。
あれー、最初から飛ばすコースなのか…!?





所々ロープの手すりも設置されていました。

急登の所では一部階段も整備されて居ました。





急登を登りきるとなだらかな道に。

脚が休まります。





所々ピンクテープも設置されている。

こちらのコースは石油の里コースほど整備の手が入ってなくて自然のままに近い状態でしっかりトレースが付いてる感じのコースですね。





しばらくなだらかなアップダウンが続く。

いやぁ、最初の急登は焦ったけどこれは歩きやすいコースだ。





谷間を通るようなところがあったり。






たまに急登が現れる。

しかしそれほど長くはないので問題なく越えられました。





地面に赤い実を発見。

ヤブコウジかな?
あちこちで見られました。





また急登が現れる。

この辺は地面に少し湿り気があったせいか表面の土がゆるい感じで踏み込んだ足がちょっと滑る感覚がありました。
う~ん、下りで来るのはちょっと滑りやすくて怖そうですね…。





一部丸太で整備された所や階段があったり。






途中、何ヵ所か脇に逸れる道っぽいのがありました。

ここは方角的には新津の射撃場の方面に延びてるかな?
こちらの菩提寺山や隣の高立山・護摩堂山は細かなマイナールートもたくさんあるようなので、道を覚えると色んな歩き方ができて面白そうです。





また少し急な所を登って。





石油の里コースの途中の所に合流となりました。

頂上へはここから右へ。
ちなみに、先週自分が菩提寺山に来た時はコースのぬかるみが凄かったので今回はYさんにも「長靴の方がいいかも」と言ってあり、この日は二人とも長靴での登山でしたが、ここまで通ってきたそよご道ではぬかるみはそれほど無くてトレッキングシューズでも大丈夫な感じでしたね。







しかし石油の里コースに出てからは…先週よりは少しいいもののやっぱりぬかるみの多い道に。

うん、長靴で正解f(^-^;)





階段の正面に太陽が。

眩しいぜー。





そよご道の方も結構人が登っていましたが、石油の里コースに出てからは更に多くの人の姿が。

自分たちはゆっくりペースなのでたくさんの人に追い抜かれました。
というか、よその人に後ろに付かれるとどうも追い立てられるような気になっちゃうのでよく道を譲ります(笑)





この時の空はほんといい天気。

昼から雨になるのが嘘みたい。





しばらく進んでくると、道に瓦が敷かれた所が。

あれ、この瓦は先週は無かったような。
ぬかるみがひどい所でしたが瓦の上を歩くと少し歩きやすかった。
これだけの瓦を持ってくるのも大変だったろうに。
しっかり整備されていてありがたいですね。





「もりはみ」の標識がある急登。

本当は「もりはみんなの宝物」(笑)
ここを登れば頂上だ。







■菩提寺山頂上


菩提寺山頂上に到着。

頂上ではたくさんの人が休憩を取っていました。





今回は石油の里コースの途中にある木彫りの熊の所は通らないコースだったので、頂上の写真を撮ってスタンプラリーの条件クリア。

これで日帰り温泉花の湯館の割引券が貰えるぞ(^-^)
(スタンプラリーの開催期間は2019年4月~2020年3月いっぱいまでです)





頂上から望む五泉市方面。

向こうの山々もよく見えていました。





こちらは新潟市方面。






避難小屋の中に入ってみる。

薪ストーブは点いていなかったものの風がないだけでも暖かい。
Yさんの希望もあって登頂の休憩はこちらで取る事にしました。




菩提寺山バナナ。

自分が使用している登山アプリの方でやられていた方がいて面白いアイディアだったので真似させてもらいました。
山マークと「Mt.菩提寺」って書いたけど…ちょっと分かりにくいf(^-^;)
もっと綺麗に書けるように精進しよう(笑)





そして今回の休憩&昼食のメニューはこんな感じ。

コーヒー、パン、温泉まんじゅう、バナナ。
リンゴはYさんが持ってきてくれましたが、半透明の蜜いっぱいでうんまいリンゴでした♪
隣のテーブルではよその人がバーナーとフライパンで焼き肉みたいなのをしていて美味そうだった…けど、この日の夕飯はちょっとガッツリめのお店に行く予定なので我慢(笑)





■白玉の滝コース下山


昼食を食べ終え、小屋の中もちょっと混雑してきたのを見計らって下山へと入る事にしました。

今回も白玉の滝コースを通るため、大沢公園コース側に下って仏路峠の分岐を左へ。





こちらのコースも先週に比べたらぬかるみはマシな感じ。

こちらのコースでもこれから登っていく人・下りていく人の姿がありました。





林道へ出て左へ。






この日は先週より早い時間だったのでにゃんこ先生いるかな?と期待しましたが…やぱりいなかった(´・ω・`)

やっぱり冬は別の所で飼われるのかなぁ。





分岐を左へ。






そしてこちらの分岐を右へ。

以前にYさんと一度通りましたが、この道をまっすぐ進むと長い階段の後にまた頂上へ行けるので冗談でYさんに「もっかい頂上行く?」と行ってみると嫌そうな顔してました(笑)
いや、私も嫌ですけどー(;´∀`)





白玉の滝コースは階段が少なくて膝にやさしい。






倒木のコケ凄い。






へそ清水を通過。

今回も水場には立ち寄りませんでした。





こちらのコースもやっぱりぬかるみ多め。

やっぱり長靴で良かった。
Yさんも長靴を推した事を理解してくれたようでした。





先週、崩落注意となっていた橋はまだそのまま。

二人で恐る恐る渡りました。
(※2020年1月4日の時点ではこの橋の上に単管組んで板を渡した新しい橋が架かっているようです)





五泉市方面からの林道と合流して奥へ。






白玉橋の上から白玉の滝を覗き込むと、今回はさすがに下には誰もいないようだ。






今回もここから左の脇道に入り白玉の滝駐車場までショートカット。






ここの道はやっぱり急傾斜に水気も加わって滑りそうで怖かった。

しかしなんとか二人とも無事に下れました。





白玉の滝に到着。
あら、前回よりちょっと水量少ないかな?

そして、ここでついに雨が降り出しました。
ありゃー、やっぱり天気予報当たった!ゴールまで持たなかったか…。
という事で今回はこの上の白玉の滝・雄滝はパス。
ちょうど滝の所の東屋があったので、そこで雨に打たれずに雨具を装備できました。





雨具を着たらビジターセンターに向けて出発。

ここからビジターセンターに戻るのはここを左に曲がった山の遊歩道からとまっすぐの車道を進むロードがありますが、今回はさすがに雨という事でてっとり早く戻るためロードを選択しました。





次第に強まる雨の中を急ぐ。

ちなみにこの道は登山を始める前の頃に一度滝を見に車で通った事がありましたが…やっぱり車で通るには狭いなぁ(^∀^;)





幹線道路に出る頃にはほぼ本降りに。

いやぁ、これが山の中でなかったのはせめてもの救いか…。





そしてビジターセンター駐車場にゴール。

まだたくさんの車が停待っていたので、山の中で降られた人も多かった事でしょう…。





車に道具を片付けたらスタンプラリーの台紙を持ってビジターセンター内へ。

今回も無事に花の湯館の割引券をゲット♪





そして花の湯館でひとっ風呂。

汗を流し、雨に打たれた分も温まって気持ちよかった(*´ω`*)
その後しばらく大広間でのんびりしていましたが、その時に窓から見えた外は本降りの雨に加え風も出ていたのでこの日はほんと午前中の山行だけで正解でした。

花の湯館を出た後はYさんの希望でもあったワークマンへ。
せっかくの機会なので新潟市の山木戸にあるワークマンプラスに自分も初めて行ってみましたが、ワークマンがテレビで取り上げられた直後だったせいか駐車場に誘導員も出て臨時駐車場もあるくらいの大賑わいでした。
プラスは他の普通の店舗よりアウトドア系の一般客向けな店づくりでオシャレな感じでしたね。
自分も登山をするようになってワークマン製品をよく使いますが、この賑わいが嬉しいような…でも混雑は面倒なような…(笑)





そして最後に夕飯は、仕事帰りのMちゃんも加わって3人で自分の行ってみたかった濃厚タンメンのお店「フタツメ」へ。

今回自分が頼んだメニューは濃厚タンメンとから揚げセット。
ついでにネットで調べたら出てきた期間限定クーポンでウーロン茶もサービスしてもらえました。
タンメンは濃厚なスープながらやさしい味で、上に乗った野菜炒めの香ばしい香りも相まって箸が進む進む。
セットのから揚げは子どもの握りこぶしくらいあろうかという大きさのが3つ、ニンニクも効いて食べ応えあり。
ちょっと油っこさがあるかなってのもウーロン茶を飲む事でサッパリとリセットできたので良かったですね。
Yさんがから揚げ食べてみたいって事でひとつあげたけど、それ以外はスープまで完食。
もうお腹いっぱいギリギリな感じだったけどほんと美味かった(*´▽`*)
お会計は、タンメン730円+から揚げセット180円+消費税で計1,001円でしたが、店側で下一桁を端数割引してるみたいで(間違ってたらすみませんf(^-^;))1,000円チョッキリでした。
小さな違いだけど嬉しい気づかいでしたね。
午後6時頃に行って10分ちょっとくらいは並んだけど、それも納得できるリピート確定のお店でした♪


そんな感じでこの日は朝から晩まで充実した一日でした(^-^)


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:晴れのち雨
人数:2人
コースタイムまとめ
里山ビジターセンタースタート 9:55
石油の里コースと合流 10:46
菩提寺山頂上 11:07~11:47
へそ清水 12:05
白玉の滝 12:23~12:31
里山ビジターセンターゴール 12:46




関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天