プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

北五百川の棚田へ行ってきました

2016年9月11日
先日の「八木ヶ鼻 登山」「角田山 灯台コース」の時に見た”田んぼが黄金色になった景色”が綺麗だったので他にも田んぼを含めた景色を楽しめそうな場所はないかなと探していたら、三条市は下田地区の「北五百川(きたいもがわ)」というところに棚田がある事に気付いてこの日はそちらに行ってみてきました。

棚田は三条市内の方角から向かっていくと先日登山した八木ヶ鼻より少し奥、日帰り入浴施設の「いい湯らてい」の近くの小路を粟ヶ岳方向に進んだ所にありました。

棚田のすぐ近くには駐車場はありませんが、いい湯らていの横の川沿いに道を進むと「棚田駐車場」と書かれた駐車スペースがありました。

この駐車場は粟ヶ岳の登山者用駐車場でもあるようなので、この近くから登れるルートがあるようですね。





駐車場から北へ進んで棚田の入口までは徒歩2~3分ほど。

田んぼに挟まれた田舎道を進むと十字路の脇に「北五百川の棚田←(左)」という立て札が現れました。
もうひとつの立て札は「この上に駐車場はありません。」と書いてあります。
こちらが一つ目の入口。





十字路では曲がらずもう少し道路を進むとログハウス風の建物があり、その横にもう一つの棚田への入口がありました。

この日はこちらから行ってみることにしました。





農作業車用に一部が舗装された坂道を登っていくと棚田が現れ始めました。

おや…稲がない。
あ~もうだいぶ刈り取り進んじゃったのか~と思いながら道を進んでいると途中で農機具の片付けをしているおじさんがいたので軽く会釈をしたら話しかけて頂けました。
その方の話によるとほんの2・3日前にほとんど刈り終わったとの事。
棚田以外の地域でも所々で稲刈りが進んでいたので時期的に間に合うかなという不安は持ってましたが一歩遅かったですねf(^-^;)
しかしせっかくなのでどんな場所なのか全体を軽く見ていく事にしました。




おじさんと別れて上の方まで登るとベンチの設置されたスペースが。

自分が知らなかっただけで観光地としては結構知られてるのかな?





その奥には東屋がありました。

この近くには八木ヶ鼻登山道のキャンプ場前入口の所から来れる遊歩道もあるらしいですが、どこにあるのかはちょっと発見できませんでした。
その遊歩道も歩いてみたいと思いましたが、三条市のホームページを見るとその遊歩道は「現在災害の為通行できません。」との記載があり、最終更新日は2015年4月となっていましたがこの日の時点では解除されたのかは書かれてなかったので現在もまだ通れないのかもしれません。





東屋越しに棚田を望む。






東屋の前から棚田を一枚。

ベタですが春の田植え前の水が張られた時に明け方や夕方に水鏡になった景色を見たら綺麗でしょうね~。





東屋の前からスマホのスイングパノラマでも一枚。






こちらの棚田は「日本棚田百選」にも選ばれているとの事でこんな杭も立っていました。






あぜ道には彼岸花が咲いていたので棚田をバックに一枚。






彼岸花メインで一枚。

彼岸花にはアルカロイドという毒が含まれていて田んぼのあぜなどに植えるとネズミやモグラなど田畑を荒らす小動物を避ける効果もあるそうですね。
こちらで咲いていたのはチラホラと少数だったのでその効果を狙って植えられたものかは分かりませんが。





白い花も。

シラヤマギクかな?
しかし中心の部分の感じが違うような気も…。
いやぁ、花を覚えるのもなかなか難しいですねf(^-^;)





棚田の両サイドにある農道はタイヤの通る部分が舗装されていて歩きやすいですが、角度がきつい所も少しありました。

念の為トレッキングシューズを履いてきましたが、おかげで歩くのも少し楽でしたね。





夕日がきれいだったので一枚。






日も暮れるしそろそろ下りるかなと歩いていたら来た時に会ったおじさんにまた会いました。

また少し話を聞かせて頂けて、この辺は熊も出るけどサルが厄介で畑の農作物も食われてしまう、なんて事も教えて頂けました。
サルがスイカを小脇に抱えて持っていく、なんて話を聞いた時には思わず笑ってしまいましたが、やはり動物による作物の被害は大変なものですね。





作業を終えて帰っていくおじさんを「お疲れ様でした」と見送り、はざ掛けしてあった稲と棚田を一枚。

こちらの棚田は部分的に手刈りの所はありますが、殆どは機械刈りのようですね。





はざ掛けの稲をアップで。

きっとおいしいお米になっている事でしょう。





水路を流れる水を一枚。

とてもきれいな水でした。
この棚田からもう少し山に入った所に「大久保の清水」という場所もあるみたいなのでまた来た時にはそちらも行ってみたいですね。





下の方の田んぼにはまだ刈り取り前の田んぼが少しありました。

こちらはこの日の翌週末に東京から小学生が農業体験で手刈りに来る、という予定があったので残っていたようです。





そんな感じで棚田を一通り見て回り、駐車場まで戻ってきました。

駐車場の後ろを流れる川。
こちらも水が綺麗でした。





棚田を後にして車を走らせていると夕日が綺麗だったのでいい湯らていの駐車場に車を停めてカメラを持って良さそうなポイントまでダッシュ!

しかし間に合わなかった!
いや~夕日の沈む速さは侮れません(笑)





最後に粟ヶ岳方面を一枚。

この日は雲に覆われて粟ヶ岳の姿を見る事はできませんでした。
ちなみにこの川沿いの道を奥に進んでいくと先程の棚田の駐車場です。

そんな感じで田んぼに稲の並んでいる景色には間に合いませんでしたがなかなかいい景色のある場所を知れた気がします。
いろんな季節にここの景色を見てみるのも面白いかもしれませんね。

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天