プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2020年1月26日 こちらもお初の鶴城山 登山 岩の鼻口~諏訪神社口

2020年1月26日
こちらも三ノ峠山に登ったのと同じ日。
長岡市の三ノ峠山を下りて時間・体力共に余裕があったらもう一つ行ってみようと計画していた山がありました。
それが長岡市栃尾にある「鶴城山(かくじょうさん)」。
事前のリサーチでは片道20~30分ほどで登れる感じの里山という事で、三ノ峠山をだいたい予定していた時間に下山できた事もあってこちらも行ってみる事にしました。

長岡市の三ノ峠山登山口のあった東山ふれあい農業公園から鶴城山のある旧栃尾市までは約30分のドライブ。
栃尾の市街地にある秋葉公園大野口駐車場へとやってきました。

駐車場は広く、トイレもありました。
トイレは男性用は小便器1と個室1の小ぢんまりとした感じではありましたが、まだできて間もないようで新しさがあり、個室の便座も暖かい仕様でした(笑)





駐車場に車を停めて準備を整え、鶴城山へ向かう。

駐車場の隅には「栃尾城跡」の看板も出ていました。
鶴城山はかつて栃尾城があった城山との事で、新潟県指定史跡にもなっているみたいですね。
別名は「城山(じょうやま)」とも言うようです。
駐車場を出てすぐ横を流れる川に掛かる"岩の鼻橋"を渡る。





橋を渡り切ってすぐの交差点の向かいに鶴城山への登山口、岩の鼻口がありました。

階段の手すりの所には「←城山遊歩道入り口」という看板もありました。
ここから登山スタート。



もくじ
1.岩の鼻口から登山
2.鶴城山 頂上
3.諏訪神社口へ下山





■岩の鼻口から登山


登山道に入ると熊注意の看板があった後、すぐに階段登りが始まりました。

うわぁ、結構あるなぁf(^-^;)





しばらく登ってきて折り返しても見えるのはまた階段。

山の場所や駐車場・登山口の場所は事前に調べましたが、コースの情報はあまりよく見ていなかったので予想外の階段だらけでした(笑)





途中にはベンチがあったり。






「あと400m」と書かれた標柱の先に見えるのも階段ばかり。

ちなみにこの手前には「あと500m」、先には「あと300m」の標柱もありました…が、それ以降は見かけなかったような…。
見落としたかな?(^▽^;)





「あと400m」を過ぎてもう少し登ると、道はちょっと平坦に。

ふひー、ここからちょっと楽になるかな?
ちなみにこの写真の中央の木の奥の方に「あと300m」の標柱がありました。





「あと300m」を過ぎてつづら折りを折り返したら見えたのはまた階段。

平らな所で油断させておいて…なんという飴と鞭(ノД`)・゜・。
この写真の所では、角田山で階段の多い"稲島コース"の傾斜の一番キツイ所を彷彿とさせるような気がしました。






またベンチが現れるもののその先に見えるのもまた階段。

こちらのコースはもう8割くらいが階段だったんじゃないかと思わせるほどの階段地獄でしたね。
逆に言えば階段登りトレーニングにはもってこいのコースかも。
いや、私はトレーニングしなくても良かったんですけど(;一_一)





木の根元が祠みたいになっていてちょっと和む(*´ω`*)






なんとか階段をクリアし、またちょっと平坦になった道を「また階段来るんじゃね?」と疑心暗鬼になりつつも進んでくると、他の道との合流に出ました。

ここからは階段ももう少し続いたものの緩やかな傾斜になりました。
ああ良かった。





そして分岐が現れる。

右は本丸、左は二の丸。
とりあえずまずは二の丸の方へ行ってみる事にしました。
ちなみにこの向かいにはもう一つ道があって、トイレもあるようでした。





二の丸に到着。

こちらには東屋と、この写真のもう少し右側に祠がありました。





二の丸からはちょっと木々は多いものの少し景色を望む事ができました。

向こうは守門岳かな?




そして分岐に戻り、頂上・本丸へと向かう。








■鶴城山 頂上


鶴城山頂上・本丸に到着となりました。

左側には鐘が設置されていたので鳴らしてみると、軽い力で鳴らしたつもりでしたが結構大きい音で鳴ってちょっとびっくりしました(笑)





栃尾城址の案内板。






頂上は城跡という事もあって綺麗な平ら。

片側が切れ落ちていてなかなか凄い。





鶴城山頂上の標識越しに栃尾市街、その奥に粟ヶ岳を望む。

227mの低山ながら景色はとても開けていて綺麗でした。





頂上の真ん中辺りには祠と三角点、その奥にテーブル・ベンチがありました。

ベンチの向こうには看板が立っていた土台がありましたが、看板自体は壊れたのか外されたのかテーブルに伏せてありました。
もしかすると冬で天気が荒れても壊れないように外してあるのかな?





その他には石碑もひとつ。






ベンチの後ろの木に温度計がありました。

しかし木の裏側に付いているような感じだったのでちょっと見にくかったf(^-^;)
この時の気温は5.5℃ほど。
階段登りで身体が温まったのでTシャツと薄手のパーカー姿で大丈夫でした。





いい景色だったので自撮りしてみる。

ニッカに長靴でもうなんの人か分からないコーディネートですが(笑)





下山に入る前に少しだけ登ってきた道の向かいにあったトイレをチェック。

この日は冬囲いしてあって冬季閉鎖となっていました。
この写真のもう少し左側には水も飲めそうな水道もありましたが、こちらも凍結防止のためか水は出ませんでした。





■諏訪神社口へ下山


そして下山に入る。

登ってきたのと同じ道を少し戻り、登りの時には右から出てきたこの分岐を下りでは左へと進んでみる事にしました。
左手に設置された標識には左の道は「←本丸 栃尾表町→」とありました。
正直、この時点では表町といってもどこに出る道なのか分かってなかったのでちょっとドキドキ、そしてワクワク(笑)





階段を少し下りてくると開けた場所を通る。

ここは頂上真下の道で、上からも道があるのが見えていました。





そこからまた進んでくると緩やかな下り階段。

こちらの道の方が登りで通った岩の鼻口からより緩やかなコースですね。
そして右手に何か現れる。





よく見ると水場がありました。

カップも用意されいるので飲めそうでしたが、今回は見るだけにしました。





水場から少し下ると少し広くなった所があり、その近くの木の一つには張り紙が。

今の時期なら大丈夫そうですが、他の時期だと注意が必要かもしれませんね。





そして右手には何やら建物が現れました。

何だろう?と目を凝らしてみると、入口扉の横には「千人小屋」の文字が見えた。





興味本位で少しだけ小屋の中を覗かせてもらうと…、

脚立や立札・整備用具などが置かれた物置小屋でした。
特に休憩するスペースも無いので普通の登山者には用事がないですねf(^-^;)





小屋を過ぎた所には柵が設置された展望台のような所がありました。

そこからは、麓に車を停めた駐車場、奥には守門岳を望む事ができました。





水場の辺りからここまでにあった開けたスペースは「千人溜り」という場所のようでした。






立札の近くには鐘も設置されていました。

右には「くまさんバイバイ」と書かれていました。
こちらの鐘も軽~い力で紐を引いて鳴らしてみると、力の割には大きな音で鳴り響いた気がしますね。





更に下山へ進んでくると、「大空壕」。






「馬場跡」などもありました。

城跡である事を実感させる色々なものがありました。





更に進んでくると分岐がありました。

どっちからでも下りれそうでしたが、右は膝に悪そうな階段がたくさん見えたのと、もう少し歩きたいなという感じもあったのでここは左の道へ行ってみる事にしました。





分岐から少し階段を下ると道は平坦に。

あ~、やっぱりこっちの道から登った方が楽そうですね。





しかしながらやっぱりこっちも少し階段がありました。






すると祠があり、また分岐が現れる。

ここもどっちに行ってみようか迷いましたが、そろそろ16時を過ぎて薄暗くなり始めたので、ここではすぐ下山できそうな右の道へと進む事にしました。





祠をお参りして右の道へ入ると下り階段から神社が見えてきました。






神社の建物の横に出ると、城跡の地図がありました。

今回行かなかった所にもまだ色々あったみたいですね。
またの機会には他の行ける所も行ってみるのも面白いかも。







神社を参拝し、天井に掛けられていた額によってようやくここが諏訪神社なのを確認しました(笑)。

あとは参道を下る。





と、その両側にあった狛犬に目が留まる。

なんだかかわいい気がします(*´ω`*)





反対側も(*´ω`*)






階段を下って市街地へ。






あとは街中を通って駐車場に戻る。

写真を撮るのだけ道路側に出ましたが、車の通りは結構あったので軒下の通路を通りました。
それにしてもこんな街中でデカいザックを背負ったニッカ長靴の変な人を見た街の人達はどんな風に思っただろう(笑)





最初に登った岩の鼻口前へ出て交差点を左へ。






そして駐車場にゴールとなりました。


という事でこちらも初めてだった鶴城山。
思っていたよりも階段だらけのコースでちょっと焦りましたが、下り階段で少しだけ心配のあった膝痛はこの日は殆ど出なかったのでまたちょっと自信が持てた気がします。
コース的にはやはり今回下りで通った諏訪神社口から登った方が若干楽かもしれませんね。
また機会があれば逆回りのコースや、城跡の散策も改めてやってみたいなと思います(^-^)

そしてこの帰り道にはせっかく栃尾に来たので、栃尾の道の駅に寄って栃尾名物の"油揚げ"を買って帰りました。
カレー味の付いたやつ買ったけど、ちょっと辛めでご飯のおかずにもなってうんまかった(^^)v


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。



天気:曇り
人数:1人
コースタイムまとめ
駐車場出発 15:23
岩の鼻口スタート 15:24
二の丸 15:41~15:44
鶴城山山頂上 15:45~16:00
くまさんバイバイの鐘 16:10
諏訪神社 16:20~16:24
駐車場ゴール 16:33





関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR