プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

Neelac メスティン レビュー

登山の時に、頂上や眺めのいい所で食べるご飯は美味しく楽しいもの。
それが出来立てであったら尚更ですね。
そんな時に役立つのがアウトドア用の調理器具である「メスティン」という事で、前記事の高立山登山の時にチラッと出ていますが自分の購入したメスティンを紹介・レビューしてみたいと思います。

ちなみにメスティンというとトランギア社のものが有名ですが、メスティンという言葉自体は英語で"食事+缶"という意味のようですね。

今回紹介・レビューするメスティンがこちら。
Neelac メスティン キャンプ 飯ごう 飯盒 バリ取り済 1から2合用 目盛り付き 収納袋付き 食品衛生法届出済
Amazonで購入し、購入時の価格は1,100円でした。(価格は変動する事がありますので随時ご確認下さい。)

こちらのメスティンはNeelac(ニーラック)が販売元ですが、発送はAmazonからになっていたので注文から2~3日で届きました。

メスティンはロゴ入りの段ボール箱に包装され、さらにビニール袋に包まれていました。
日本語の取扱説明書も付属しました。





説明書外側。

焦げ付きやアルミ臭を軽減する"シーズニング"のやり方も記載されていました。





説明書内側。

こちらにはご飯の炊き方もしっかり書かれていて丁寧な印象を受けましたね。





メスティン本体。

アルミの箱型飯盒、という事でシンプルな感じ。
トランギア社のメスティンには胴体部分の蓋が閉まる所のすぐ下にはプレスラインがあるようですが、こちらはストレートなラインですね。

ちなみに自分がこのメスティンを購入したのは2020年1月ですが、2020年2月現在販売されているものには蓋にNeelacのロゴと、胴体側面に米を炊く時の水の量の目安となる目盛りが付いたものになっているようです。




こちらのメスティンはmade in China。
海外製の金属製品では以前に紹介・レビューした風除板エスビット型ストーブのように金属加工時に出る切断面の"バリ"が残っている事がありましたが、こちらの商品では「バリ取り済」という事で処理されていました。

蓋の方はザラつきもなくなめらかでした。
本体側の方は少~し角が立っているかなという感じで自分は軽くヤスリ掛けしましたが、こちらもそのままでもほとんど気にならないレベルだったかと思います。
風除板とエスビット型ストーブでバリ取りをしていたのでちょっと過敏になっていたかもしれません(笑)





取っ手部分は外側に広げれば取り外す事も可能。

取り外した取っ手をメスティンの中に入れれば収納時も突起物が減ってよりコンパクトになりますね。
ちなみに収納時は前記事で紹介したエスビット型ストーブ小型風除板も中に収納する事ができました。





使用前に米のとぎ汁でシーズニングをしてみました。

取っ手部分を外して本体と蓋を沸騰したとぎ汁の中に沈める。
この時使用した鍋は内径24cm、深さ12cmほどのもので、胴体と蓋も全部沈める事ができました。
15分ほど煮て取り出し、水洗いすると少しばかりツルツルした手触りになった気がします。





そして米を炊いてみる。

メスティンとエスビット型ストーブを組み合わせ、固形燃料を使う事でほぼほったらかしでご飯が炊ける"メスティン自動炊飯"というのをやってみました。
ついでにこの時はネットで見かけたキッチンペーパーの"メスティン折り"というのもやってみました。
メスティン折りの中に研いだ米一合を入れて水を調整し、しばらく浸し置き。




20~30分浸し置きしたら固形燃料に点火。

この時の固形燃料は100均のダイソーで売っている一つ25gのものを使用しました。
このサイズが米一合炊くのに一番ちょうどいいみたいですね。
しばらく炊いていると蓋の間からふつふつと炊き汁?があふれてきましたが、こうなる前に蓋の上に重しを乗せておくとより内圧が上がっていいみたいですね。

ちなみにこの時、台所のシンクの上で直接やったので輻射熱でシンクヤバイか!?とちょっと不安になりましたが、炊いてる途中でシンクを触ってみても熱くはなってなかったので大丈夫でした。
でもやる時は下に何か敷いた方がいいかもしれませんねf(^-^;)





20~30分で固形燃料が完全に燃え尽きたらもう10分ほど蒸らしとして放置。
そしてご飯が炊きあがりました。

初めてという事で結構ずっと見守ってはいましたが、ほとんどほったらかしで本当に炊き上がりました。
水の量が多かったようでちょっと柔らかめかなという感じでしたが、充分に食べられるレベルの美味しいご飯でした(^-^)
メスティン折りのおかげで食後もこびり付きも殆どなく、吹きこぼれた分のノリをサッと洗うくらいで済んだのでほんと楽でしたね。
メスティン折りあればシーズニングしなくても良かったかも!?なんて思うくらいでしたが、アルミ臭を消すという点ではやっておく価値はあるでしょう(笑)





そして2020年2月9日 高立山登山での山での初使用もイワシの缶詰を使った炊き込みご飯にしてみましたがこちらも成功。

特に問題もなくご飯が炊きあがり、充分に使えるメスティンだなと思いました(^-^)


という事で、個人的にこのNeelac メスティンを星5点満点で評価するなら、価格と機能も考慮したうえで、
★★★★★
5点、にしたいと思います(^-^)

メスティン本体に特に気になる傷などの痛みも無く、丁寧な日本語取説付き、バリ取り済みと商品自体には問題なし。
ご飯もしっかり炊けたという事でこの点としました。
今回の紹介・レビューではご飯を炊く事に重点を置いてみましたが、メスティンはご飯を炊くだけでなく、蓋をフライパンとして炒め物をしたり、スパゲッティからラーメンなどの麺類、煮物、パン、など様々な料理に使えるようなので山メシの幅もこれから広がりそうです(^-^)


AmazonでNeelac メスティンを見る。
Neelac メスティン キャンプ 飯ごう 飯盒 バリ取り済 1から2合用 目盛り付き 収納袋付き 食品衛生法届出済




関連記事

↓ブログランキング参加してます↓




THEME:商品紹介 | GENRE:アフィリエイト | TAGS:

COMMENT

メスティン

メスティン探してました
いろいろあるようで、メスティンさがしでこちらのブログ、拝見させていただきました。写真も見やすく参考になりました。
ありがとうございました。

私も新潟県の中央部、平場の田舎に住んでいます
登山も興味がありますのでたまにお邪魔させていただきます。
よろしくお願いいたします

Re: スズキノキズス様

閲覧・コメントありがとうございます。
こちらの記事が参考にして頂ける点があったならとても嬉しいです♪

新潟県の中央部、平場というと自分と結構近い所かもしれませんね。
この辺りには初心者でも登りやすい山がたくさんありますので、機会がありましたらぜひ登山を楽しんでみて下さい(^-^)

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR