プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2016年5月 初登山 国上山

ウォーキングを始めてから登山に興味を持ち始め、最初はどこの山に登ってみようかなと思いを巡らせていたある日、友人達との食事会があり出席して話をしているうちにその中の数人が「最近ハイキングを始めてこの前〇〇山に行ってきた」的な事を話していたので自分も山に興味を持っていた事を伝え、自分が登る候補に入れていた燕市の「国上山(くがみやま)」が気になっていると話したら「じゃあ今度一緒にそこに登ろう」という事になりました。

そのメンバーも山歩きを始めて間もないようで国上山に登った事がある人はいないようだったので、どんな山か分からないのに人に勧めるのもどうだろう…と思った自分は「思いきって事前に一度登って偵察してこよう!」…となったのでした(笑)


国上山は中腹にビジターセンターという施設と駐車場、そして国上寺(こくじょうじ)というお寺があり、そのお寺のすぐ横にある登山道を登っていくと30分程で頂上、そこから更に別のルートの「蛇崩(じゃくずれ)」「ちご道」を通ってビジターセンターの駐車場まで戻ると約1時間、合計で約1時間半の登山道で難易度的にも初級~中級者向けとの事だったので初心者の自分でも行けるかなと思っていました。



国上寺横の登山道入り口からスタート。

結構急な思いつきだったので夕方手前の15:40分登山開始でした。







こちらのルートは頂上まで階段がメインといった感じ。






花などの植物はこの時はちらほら見かけるかな、といった感じでした。

花はあまり詳しくないんですが、これは山ツツジかな?





登山道は基本的に木々に囲まれている所が多いのであまり眺望はききませんが、時折木々の切れ間から覗く景色もなかなかいいものですね。

こちらは「あか谷みはらし」という場所からの景色…だったかな? 弥彦山と多宝山が望めました。
この手前にちょっと急な登り階段があったんですが、ここにはベンチも設置されていてちょうどいい休憩ポイントです。






こちらもルート上で咲いていた小さい花。

名前は分かりませんが、こういうのも覚えるとまた山歩きの楽しみが増えるんでしょうね。





頂上へ向かうルートから少し外れた所に展望台があるという案内板があったので寄ってみました。

木々の隙間から越後平野と大河津分水を望む事ができました。





そして16:07頂上に到着。
ネットなどで見ていた登山の目安時間の30分とそれほど誤差がなく到着しました。

この時は夕方に差し掛かる手前くらいという事もあってか他の登山者の姿はチラホラといった感じ。





頂上にあったコース案内板。

今回歩いたコースは真ん中右寄りあたりの赤線と白線で結ぶ周回ルートですが、海から歩いて来るコースもあるんですねぇ。





こちらは頂上付近で咲いていた花。

花の名前は…分かりません。ぐぬぬ。
少しずつ勉強しますf(^-^;)







頂上で小休止して16:15出発、下りルートは蛇崩・ちご道へ向かいます。

こちらは蛇崩辺りは岩場、中腹付近は階段、ちご道はなだらかな上り下りの坂道など起伏に富んだコースでした。





蛇崩付近は多少開けたところもあって眺望も楽しめました。

手前から奥に弥彦山、多宝山、角田山と並んでいる景色はなかなか見ごたえありますね。
ちなみに今回のこの国上山から奥の角田山まで縦走する登山ルートもあるようですが、今の自分には途方もなく感じますね…。





中腹の少し開けたところではまた越後平野を臨めました。






そしてちご道を通って駐車場へ出るところ。

17:10ゴールでこちらも頂上からの目安の1時間とほぼ誤差なしと見ていいくらいでした。
初登山としてはこんなもんかな?

時間だけまとめると、
登山口 15:40→頂上 16:07~16:15→蛇崩 16:24→駐車場 17:10
と丁度1時間半でしたね。

国上山、登山時間としてもそれほど長くなく基本的に整備された道が多いので初心者でもそれほど不安もなく歩けたように思います。
今回歩いたルートの登り側だけでピストンすれば往復一時間程度で頂上まで行ってこれるのはなかなかお手軽ですね。


関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR