プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

キャンプ場偵察 ミズベリング三条

最近は登山と共にキャンプへの興味もだいぶ高まってきました。
以前は粟ヶ岳登山口の確認と共に粟ヶ岳キャンプ場(粟ヶ岳県民休養地)を偵察してきて、年内に粟ヶ岳登山にチャレンジするかこのキャンプ場でキャンプデビューするかと目論んでいましたが、天気や都合も合わぬまま11月3日に粟ヶ岳は山閉まいを迎え、ここ最近は県内各地で熊による被害も多発しているのでキャンプの方も少しばかり心配かな、という感じに燻ぶっていました。

そんな中、友人から「三条市でもキャンプができる所があるみたいらよ」という情報を入手。
という事でまずはどんな感じなのかと偵察に行ってきました。


キャンプ場だと教えてもらったのは三条市の三条防災ステーション併設の交流広場(旧競馬場公園)。

自分がこちらを訪れるのは2019年2月の三条プロレス観戦以来でしたが、まさかキャンプをできる場所だったとは…!

こちらを訪れる前に「ミズベリング三条」でネットで検索すると色々と情報が出てきました。
まずキャンプ場の利用については、なんと申込不要・利用無料!そして、泊まり・連泊もOKとの事。
なんて太っ腹な施設だ…!
そして防災ステーションが営業している午前9時~午後5時までであれば有料ながらタープやBBQコンロなどのレンタル、薪や炭・割り箸や紙皿などの販売も行っているようですね。
以前は食材の販売も行っていたようですが2020年11月現在は新型コロナの影響もあってか販売中止との事。
しかしながらレンタル品などを利用すれば食材だけ持ってきて気軽にBBQを楽しんだりもできそうですね。

注意点としては、
・ゴミや灰は持ち帰り。使った炭を水に浸けるバケツやゴミ袋の持参。
・雨後や朝露で足場が悪くなる場合あり。長靴があると快適に過ごせます。
・ドクターヘリなどに使用するヘリポートがある為、離着陸の際に強い風が吹くのでテントから離れず、ペグやウェイトでしっかり固定。(上の写真の建物の奥にヘリポートがありました。)
・休日はたくさんの子供が遊びに来るので車の移動や駐車は充分に気を付ける。
・駐車場以外の歩道などに車を停めない。
などがあるようです。





防災ステーションの横には水場。

照明はセンサー式なようで近づいたら点きました。





トイレは防災ステーション併設。

こちらは24時間利用できるようですね。
トイレはここ一か所のようで、キャンプサイトからは土手を登ってこないといけないのでちょっと距離があるかな。
自販機があるのでちょっとしたジュースの買い足しもできますね。
自販機はキリンとコカ・コーラの二台がありました。




そしてキャンプサイトとなる交流広場を左側から右へ以下三枚の写真で。

手前は土手の坂道で、真ん中の砂利道から向こうが広場。

少し右に振って。


更に右に広い駐車場。

元競馬場だった事もありとても広いスペースですね。
この時訪れたのは11月3日で週半ばの祝日の夕方、更に天気は雨と風も結構ありとあってさすがにキャンプをしている人はいませんでしたが、この少し前に天気のいい土曜の夕方暗くなった頃にも訪れた事がありましたがその時は大小様々にとてもたくさんのテントが立ち並び、駐車場も半分くらいが埋まるほどの賑わいを見せていました。

実際に来てみてちょっと気になったのは、この辺りの主要道路である国道8号線がすぐ横を通っているので車の音が結構聞こえてくる、というのと、街中にあって立木などもあまり無いので薪になる枝を現地で拾ったりブッシュクラフトを楽しんだりするような自然のキャンプは難しいかなというところでしょうかねf(^-^;)
それと、交流広場でイベントがある時などはキャンプができるスペースが制限される場合もあるようです。





交流広場に下りてみる。

遊具やベンチ、水道もあるので家族連れで遊びに来るのも良さそうですね。

広場内の夜間の照明は広場の外側をぐるっと囲むように数か所ソーラーパネルの付いたLEDっぽい外灯がありましたが、それほど明るすぎずほんのり明るい感じ。
それだけに夜間にトイレに行く時などは懐中電灯が必須になりそうです。





駐車場の脇にはカマドと炊事場が並ぶ。

こちらも利用無料。
広場内は直火禁止で焚火台を使うかこちらのカマドを使う事になるようです。

広場内はやはりこの日は雨とあって水たまりがあり足場は悪い感じでしたね。





カマドはひとつのものと、


ふたつのものがありました。


食材については先にも書いたように防災ステーションでの販売は2020年11月現在中止となっていますが、ここから買い出しに行く場合にはスーパーの場合はスーパーマルイ本成寺店かリオンドール北三条店が最寄になるでしょうか。
コンビニの場合はローソン三条本町店・ローソン三条下須頃店・デイリーヤマザキ三条西裏館店・セブンイレブン燕八王寺店あたりが最寄かな?
どれも車やバイクなら片道10分圏内で行けそうです。




屋根付きの炊事場は二棟ありました。

こちらには照明は無いようでした。
夜間はヘッドライトなどあった方が良さそうです。





水道の横には作業スペースもありますね。






駐車場の脇にはバスケットゴール。

ボールを持ってくれば遊ぶ事もできそうです…が、駐車場との区切りはないのでボールを車に当てないように注意が必要になりそうですねf(^-^;)

そんな感じで三条市のミズベリング三条キャンプ場偵察でした。
地元三条にこんないいキャンプ場があったとは盲点でしたね(しかも無料!)。
ちょっと自然の中でのキャンプとは違う感じですが、アクセスの良さや熊が出る可能性もほぼ無い場所なのでキャンプ初心者にもとてもいい場所かなと思いました。
自分のキャンプデビューはこっちになりそうかも(^-^)
実際にキャンプに来れたらまた気付いた点などレポートしてみたいと思います。





関連記事

↓ブログランキング参加してます↓




THEME:キャンプ | GENRE:旅行 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR