プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2020年11月8日 友人と日和山・ドン山へ

2020年11月8日
この日の少し前に山仲間でもある友人Yさんから久しぶりに連絡があり、「最近色々と忙しくて山に登るのは体力的に厳しいけど、この日空いてるのでどこか少し歩きに行きたい」という感じのリクエスト。
話の流れでは新潟市内の方でウォーキングしようという感じだったので、それならばと自分が以前から少し気になっていた「日和山」辺りに行ってみたいと話すとYさん的にもOK。
そして今回は、よく一緒に遊ぶグループ"お楽しみ会"メンバーのK夫妻も加わって4人で日和山へと行く事になりました。

当日は一度別の所で集合し、ソーシャルディスタンスも考慮してか自分とYさん、K夫妻の二組に分かれての車移動となりスタート地点となる場所へ。
ちなみにK夫妻とはコロナ騒動前に会って以来でしたが元気そうで良かった。
お楽しみ会の活動もすっかり止まっていたので久しぶりの顔合わせとなりました。

今回のスタート地点に選んだのは新潟市の西側にある日和山展望台。

この展望台のすぐ横にある駐車場に車を停めて、10:13スタートしました。





行動前にまずはトイレタイム。
日和山展望台にはトイレはありませんが、そこから350mほど北東に歩いた所にトイレがありました。

ちょっと小ぢんまりしたトイレでしたが水洗、外に手を洗える水道がありました。
こちらの西海岸公園付近は海沿いにランニングコースがあるようで、展望台からここまでは舗装された道だったので特に苦もなく来れました。





日和山展望台をスタートした後はYさんの希望もあって20分ほど歩き豊照体育館へ。

こちらで行われるイベントのアコースティックライブを少し観賞。
その後は日和山方面に戻る途中でお昼を取りました





そして13:15。
いざ日和山へ!

な、なんて険しい山だー(棒)
ここから登山(?)スタート。



もくじ
1.日和山登山
2.日和山展望台~ドン山へ
3.ドン山





■日和山登山

日和山の登山口には案内板。






日和山の斜面や頂上付近ではこちらの花がたくさん咲いていました。






登山口をスタートして階段を登り、五合目へ。

こちらには山小屋(日和山五合目カフェ)がありますが、今年はコロナが始まって以来ずっと休業されているようですね。
年内の再開はナシかなぁ…。





更に階段を登り、七合目。

こちらには石碑が二つありました。





石碑の案内板。





石碑の間には更に二つの案内板がありました。









石碑の反対側にはベンチが。

このキツイ階段登りのいい休憩場所です(笑)
しかし、逆向きの方が座った時の眺めは良さそうでしたねf(^-^;)





七合目付近からカフェの方を振り返ると屋上に猫とフクロウの姿が。

こちらは置物のようでしたが、ちょうどこのとき頭上の木の上でカラスか何かがボァーボァーと変な声で鳴いているのが聞こえていたので一瞬これが鳴いてるのかと思いました(笑)







そして標高1230㌢メートルを登り切り、日和山の頂上へ到着!

ついに登り切った…!(笑)
五合目・七合目での休憩もあり、ゆっくりと登ってきて登頂時刻は13:18でした。





頂上には方位盤がありました。






方位盤や神社の案内板もありました。

色々と案内板があるので結構見応えがありますね。





神社に向かって右側面には絵馬が。

現地ではあまりよく見ませんでしたが、写真で見直してみると可愛げな萌え絵の入った絵馬っぽい?
ちゃんと見てくれば良かった(笑)





神社の扉は閉まっていましたが、よく見ると「参拝時、開いて下さい→」とありました。

お言葉に甘えて開けてみると、扉はコロが付いているようで軽い力で開ける事ができました。
中には賽銭箱と記念スタンプ・おみくじなどがありました。
絵馬もこの中にあったのかな?そこまではちょっと良く見なかったf(^-^;)





みんなでそれぞれ参拝をしました。






日和山頂上からの眺め。

市街地側にはNEXT21のとんがりも見えました。




海側(北側)。

街中にある低い山ながら、神社の周りをぐるっと回ると約360°近くの景色が望めたのでなかなか眺めは良かったですね。





しばらく頂上を楽しんだ後は下山へ。

下山は北側に下りるもう一つのルートを通りました。





下山完了。

ふぅ、ハードな山だったぜ…!(笑)
ちなみにこの時、海側からの風が強くなり、それが神社の建物の隙間に吹き込んで音が出るのかぼぉお~ぶぉお~とまるでアポカリプティックサウンドのような不気味な音が鳴っていましたf(^-^;)





■日和山展望台~ドン山へ

日和山を下山した後はスタート地点の日和山展望台に戻り、展望台にも登ってみました。

生憎の曇り空で佐渡ヶ島などは見えず。
あと風が強くなったので吹きさらしのここはカメラを構えても身体が揺さぶられるくらいで凄かった(;´Д`)





天気がいいと佐渡ヶ島や粟島も見えるようですね。






その下には写真での景色も貼られていました。

晴れてるとこんななのか~。





北東から、






南西まで、

あっちもこっちも海岸線が遠くまで見えていい♪
また晴れてる時にも来てみたいなぁ。





陸側も晴れてるとこんななのか~。






日和山展望台から先程登ってきた日和山を望む。

中央の木の所に見える屋根が頂上にあった住吉神社ですね。





展望台を下り、みんなと余裕があったらこのもう少し南西にある「ドン山」にも行ってみようと話していて、この時点でもみんな大丈夫そうという事で次はドン山へ向かう事にしました。
ドン山へは海沿いのランニングコースを歩く感じになり、舗装路をしばらく歩いてくると立派な石垣が見えてきた。

その上にはトイレ。
まだ出来て間もない感じの綺麗なトイレで、もちろん水洗・水道ありでした。
こちらも日和山展望台からは300mほどの距離になりますね。





途中、ランニングコースから遊歩道に入る所があったので入ってみる。

こちらは階段のアップダウンは少しあるもののベンチや東屋が所々にあってこっちもまたいいウォーキングコースですね。
防風林の中なので風も少し和らぎました。
防風林に使われる木は松が多いからか松ぼっくりもたくさん落ちていて、キャンプの焚火に使う焚きつけを拾うのにいいかも(笑)
友人たちも少し拾いながらゆっくりと歩いていきました。




再び海沿いの道に出ると、海の方へ伸びる道?が見え、その上に人もいる?

釣り場なのかな?
ちょっと行ってみたい気もしましたが…この日は風が強く波しぶきも結構上がっているのが見えたので今回はナシでf(^-^;)





車道を渡る交差点の所には木製の陸橋が。

ここもいい雰囲気だった。





■ドン山

陸橋を過ぎるとすぐにドン山に到着となりました。

日和山は自分が使用している登山アプリだと山として登録されていましたが、こちらは登録のない場所のようですね。





ドン山の案内板。

こちらを読む感じではやはりここは「山」ではなく「丘」的な感じなのかな?





ドン山の一番高い所には大きな大砲がひとつ。

これをかつて時報代わりに鳴らしていたからドン山か~。





大砲の後ろにある小屋の中に大砲の案内板がありました。






六角形の小屋の天井がちょっと面白い。

かつての大砲の番小屋を復元したもののようですね。
中にはベンチもあってちょっといい雰囲気でした。





大砲なんてあまり見る機会がありませんでしたがなかなかかっこいい。

しかし、車輪などはちょっと痛んでる。
よく見るとフレームの木も新しいものに替えられているようですね。
やはり長年の劣化には抗えませんが、しっかりと整備して残されているのはなんかいいですね。





砲の前から。

おや、砲口は開いてないのか。





大砲の近くには開けた松林もあり、ここも雰囲気が良かった。

そしてここも松ぼっくりが結構落ちていたのでいい拾い場所になりそう(笑)




ドン山を楽しんだ後はスタート地点の日和山展望台へ戻る。
その途中で海の上には船を見る事ができました。

佐渡からこっちに来たフェリーかな?

そして駐車場に戻り、予定では展望台付近でみんなでコーヒータイムと考えていましたがあまりの風の強さに帰り道にコンビニで済ませて最初の集合場所に戻り解散となりました。

そんな感じで日和山・ドン山山行でした。
新潟市の西海岸付近はいいランニングコースや遊歩道があってとても歩きやすい所でしたね。
最近こっちの方でもイノシシの目撃情報があったようでちょっと心配ではありますが、また機会があったら歩きに行きたい場所でした(^-^)




関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR