プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

背面通気ザックの元祖"ドイター"のフューチュラプロ40 紹介・レビュー

先日ネットで登山用具などを物色していた時に、以前から気になっていたザックがちょっと安くなっていた。
安くなっていた、といっても自分からしてみたらまだ少し高嶺の花といった感じでしたが…ちょっと頑張れば手が届きそう。
ザック自体はまだ使える物が二つある、でもメインに使っているAONIJIE 40Lザックは生地の擦れや細部の痛みがちょっと気になってきたし…う~ん、どうしようかな…と数日迷う。
その末に…ちょっと頑張っちゃいました(笑)

という事で、新たなザックをまたひとつ購入・使用してみたのでその紹介とレビューをしてみたいと思います。


今回紹介するザックがこちら。



実際に購入したものがこちら。

ドイツの登山ザックメーカー「deuter(ドイター)」の40Lザック。
色はグラファイト/ブラックとミッドナイト×スティールの二色がありましたが、ミッドナイト×スティールを選びました。

Amazonのマーケットプレイス出品者から購入し、購入時の価格は13,850円でした。(※価格は変動する事がありますので随時ご確認ください。)
ちなみに自分は普段マケプレ商品を買う場合は出品者発送の商品はあまり買わないんですが(安物買うと海外発送が多いのでf(^-^;))、今回購入した出品者は国内に実店舗を持つお店で国内発送だったのでちょっと安心感がありました。
このザックの定価としては21,000円+税、ネットでの実売価格を見ると2020年9~10月頃でだいたい16,000~17,000円台という所が多い感じだったのでだいぶ安く買えたかなと思います。
梱包はビニール袋に包まれたザックが段ボール箱に入った状態で届きました。
ザックには日本語を含めた五ヵ国語で書かれた取扱説明書も付属していました。





ザック背面はこんな感じ。






ドイターのフューチュラシリーズというと「エアコンフォート」という背面通気システムが特徴ですね。

ザックの背面は金属などのフレームとテンションの掛かったメッシュによって背中と荷室の間に空間があり通気性のいい作りになっています。
背面通気システムはドイターが1930年に開発した三角形のテープでテンションをかけて背中とバックの間に通気性を持たせたタウエルンというバックパックが世界で初めて実用化されたものとの事。
自分はAONIJIE 40LザックCREEPER 60Lザックと背面通気タイプのザックを使ってきましたが、やはり元祖であるドイターのザックも使ってみたいと思っていて、ようやくこの度の購入となりました。


以下ザック細部の紹介と、実使用感などのレビューをしてみたいと思います。



もくじ
1.ザック細部紹介
2.実使用感






■ザック細部紹介


背中に当たるメッシュとクッション部分をアップ。

メッシュはコーティングされていて汗を吸わない加工がされているようです。
クッション部分も無数の穴が開いていて、中は2mmくらいの厚さの繊維質なスポンジのような感じ、その裏側はまたメッシュになっていてこちらも通気性が良さそうです。





ショルダーストラップの付け根部分。

こちらは過去のモデルではメッシュパネルの所からショルダーストラップが付いていたようですが、このモデルでは本体に内蔵されたフレーム部から付いていて、重い荷物を背負った時の荷重の伝達性を高めているとの事。
それにより安定性・追従性も高くなっているようですね。
ショルダーストラップの厚みも充分にありクッション性も高そうです。





ヒップフィン部分。

こちらはフューチュラのプロモデルでは大型バックパックにも使われている「ECL(エルゴノミックコンフォートロック)」機構を採用していて、体の動きに追従してフレキシブルに動き、もっとも快適に背負える正しい位置からズレにくくする仕組みとなっているようです。
実際に手で少し捻ってみると結構柔軟に動く感じ。
そしてここは肉厚でとてもクッション性・ホールド性が良さそうな感じがしました。





チェストストラップ部分。

こちらはショルダーストラップにワイヤーのようなものが入っていて、そこをスライドさせる事で高さ調整が可能でした。
ストラップのバックルには中華ザックによくあるようなホイッスル機能などはないようですね。





ザック各所に使われているバックルの樹脂パーツにはドイターのロゴと、裏にはYKKのロゴが。

ザックの各所のファスナーも全てYKK製のようでした。
この辺のパーツには信頼感がありますね。





ショルダーストラップの調節ベルト。

こちらは末端が輪っか状になっていました。
これは調節する時に指を掛けて引けるので引きやすく調節しやすくていいなと思いました。





ヒップベルト。

こちらの調節は内側に引くタイプですね。
今まで使ったザックは外側に引くタイプだったのでちょっと意外でしたが、こっちの方が引きやすいかも。
緩めるのもヒップフィン側のバックルを立てれば緩むので調節はしやすいなと思いました。





ヒップフィンの両側外側には小物入れ。

結構大きめで色々入りそうです。





雨蓋の頭頂部には四隅にループ状のベルトが。

こちらは別途ロープなどを用意すれば荷物を外付けしたりできるようです。





雨蓋の背面側にはファスナー付きのポケット。

こちらの内側には鍵などを付けておけるフックも付いていました。





雨蓋の内側にもファスナー付きのポケットがひとつ。

そしてこちらには緊急時のエマージェンシーサインの方法なども記載されていました。
これは万が一の時に便利ですね。
でも英語とドイツ語表記なのでそれらが苦手だと解読にちょっと戸惑うかも(笑)





雨蓋を開けてメインの荷室へ。

こちらはメインのスペースと、背面側に縦長のポケットがひとつ。
オレンジ色の所は面テープになっていてハイドレーションのボトルなどを吊り下げるのに使うようですね。
その下にはファスナーがひとつありましたが、開けてみると背面のフレームにアクセスするためのもののようで荷物を入れる場所ではないようでした。
背面通気タイプのザックは金属などのフレームとメッシュパネルで弓状にテンションを掛けて荷室を抑え背中との空間を確保する構造になっている事もあり、背面側はやはりフレームに圧迫されて少し弧を描いたラインになっていますね。
これにより収納容量は記載リットル数より少し少なくなりそうですが、これはこの構造の背面通気ザック特有の快適性と引き換えのマイナス点ですねf(^-^;)
あとフレームによってザック自体の重量が重くなるというのもありますね。
このザック自体の重量はカタログ値で1,620gとの事。





ザックの生地をアップ。

左側が外側、右側が内側。
内側はコーティングがされているような光沢がありましたが、これは経年劣化でベタベタになったりボロボロになったりしないかちょっと心配なところですねf(^-^;)
しかし生地自体は丈夫そうな感じでした。





メイン荷室はザック下部のファスナーからもアクセス可能。
こちらは過去のモデルでは丸いラインのファスナーでちょっと開け閉めがしにくかったようですが、このモデルでは台形になって開け閉めがしやすくなったようです。

メイン荷室もこちらの開口部の上で区切る事ができ、2気室にして使う事が可能。
前に購入したCREEPER 60Lザックでは上下を区切る生地のファスナー部分の縫製がちょっと弱そうな感じでしたが、こちらはさすがしっかりしてました。





ザックの底部にはザックカバーが入っていました。

こちらもドイターのロゴ入り。





ザックカバーはT字の留め具でザックと繋がっているので、強風に煽られたりして外れたとしても飛んでいく事はなさそうです。

もちろん留め具を外せばカバーを取り外す事も可能でした。





ザック底部の生地の内側。

こちらもコーティングされているような光沢がありますね。
こちらも経年劣化でベタベタやボロボロにならないかちょっと心配f(^-^;)
なんかもう自分はコーティング劣化恐怖症です(笑)
いやね、気に入ったものを長く使いたい派です。





ザックの前面にはバックル留めのオープンポケットがひとつ。

こちらはポケット両サイドの生地がストレッチ性のあるメッシュ生地になっていたので結構収納力がありそうです。





ザック外側にはトレッキングポールなどを留められるゴムロープ。

こちらの下側のゴムロープは留め具は無く輪っか状で、トレッキングポールの先端を通してブレを抑えるという使い方がメインの機構っぽいですね。
下側のゴムロープはザックに固定されているようなので、ゴムが伸びたりしても交換はできなそうです。





逆側にも。

こちらは下部のループがベルト状になっていました。
こちらは主にピッケルなどを留める時に使うようですが、トレッキングポールでも付けられるかな。





こちら側のループベルトはザックに収納する事も可能でした。

これは使わない時ぶらぶらしなくていいですね。





ザック側面両側には縦長のファスナー付きポケットとメッシュポケット。

ファスナー付きポケットはメイン荷室とは別になっているのでここからメインにアクセスする事はできませんが、収納力は結構あって割り箸のような細長い物なら結構入りますね。
側面にはコンプレッションベルトも付いているのでザックに入れる荷物が少ない時も締めて調節できそうです。





側面メッシュポケットには500mlのプラ水筒も余裕で入りました。

こちらのメッシュポケットにも伸縮性があり、1リットルのナルゲンボトルまで入るようで収納性は高いですね。





ザックを背負った時に左肩にくる部分にはハイドレーションのホースを出せる場所もありました。






最後に、ザック前面下部に記載されているFUTURA PRO 40の文字は反射材。

暗い所でライトで照らしてみると明るく浮かび上がりました。

以上、ザックの細部紹介でした。







■実使用感

続いて登山で実際に使った実使用感について書いてみたいと思います。
ちなみにこのザックを購入してからこの記事を書くまでには2回、片道1時間~1時間半程度の低山登山をしての感想となります。

まずなによりも特筆すべきはやはり背面の通気システム。

さすが元祖ドイター、背負った時の背中の空間の出来方が凄い!
今まで使っていた背面通気ザックよりもしっかりと空間が出来ていました。
風通りのいい尾根に出た時なんかは背中にも風がスーッと通って「ふおおぉぉ♪」と快適です(笑)
これにより蒸れにくさと汗をかいた時の乾きやすさがありますね。
あと何気に、背中の汗が荷室に滲みにくい、というのもこのタイプのザックの気に入っている点です。
真冬の標高の高い気温がマイナス数十℃になるような山で使う場合は逆に保温性がなくて厳しいかなと想像しますが、自分は今のところそこまでやる予定が無いし、1,000メートル以下の低山なら通年でも行けるんじゃないかなと思います。

背負い心地としては、ヒップフィンのしっかりとしたクッションが腰回りを包んでくれて、しっかりと腰に荷重が乗せられたように思いました。
しかしながら、背負った最初はちょっと腰の背骨両脇辺りのクッションが当たる辺りにこんもりとした感触があるかなという感じはしたかな?でもこれはしばらく背負っていれば気にならなくなる感じでした。
あと、これもこの機構のザックによくある事ですが、ちょっと後ろ重心になる感じがあるかなといった気はしますね。
しかし総合的に見ると背負い心地はなかなか良好に感じました。





続いて収納面。

こちらは以前に購入したCREEPER 60Lザックと形やポケット位置が似てたので結構同じように収納でき、収納性はいいかなと感じました。
(ちなみにこのザックを買うにあたってドイターのザックを色々調べていたら、CREEPER 60のザックがドイターの過去作のフューチュラプロ42とデザインやポケット位置が酷似していたことに気づきました(笑))
しかしやはりCREEPER 60よりもこちらの方が一回り小さい感じですね。
そしてこちらは今まで使っていたAONIJIE 40Lザックと同リットル数のザックになりますが、AONIJIEの方は表記数よりだいぶ小さい感じで自分の基本の携行品+食料やおやつなどを詰めるとパンパンになり冬は上着などは外付けにしたりしていましたが、こちらではそれらを全て入れてもまだ余裕がある感じでした。
フレームが荷室を圧迫している事で表記の収納容量よりは少なくなっているというのはやはりあると思いますが、これなら日帰りはもちろん、小屋泊の一泊くらいは充分対応できそうです。


色々書いてきましたがちょっとごちゃごちゃした気もするのでこのザックのメリットデメリットを簡単にまとめてみると、

メリット
・背中の通気性が良く、蒸れにくい、汗をかいても乾きやすい。
・荷室に汗が滲みにくい。
・ヒップフィンがしっかりと腰を支え腰に荷重を乗せやすい。
・ショルダーストラップやヒップフィンがフレキシブルに動き安定性が高い。
・日帰りや小屋での一泊登山くらいには充分な収納力。

デメリット
・背面のフレームなどによりザック自体の重量が重め。
・フレームが荷室を圧迫しているので収納容量が表記サイズより少なくなる。
・少し後ろ重心に感じる。
・経年劣化でザック内側のコーティングなどがベタベタ・ボロボロにならないかちょっと心配。
・真冬の標高の高い山では寒いかも?

といったところでしょうか。

デメリットはいくつかありますが、やはり背面の通気性の良さという点ではそれを補って余りある快適性があり、この背面通気タイプのザック、その元祖であるドイターのフューチュラはさすがだなと思いました。
登山の最中に背中が暑いとか、汗が気になるという人には使ってみてほしいザックですね。
自分はこれからはこのザックがメイン、サッと行ってくる軽装登山ではAONIJIE 40、がっつり荷物がある時やキャンプにはCREEPER 60、といった感じに使い分けようかなと思います(^-^)


という事で、このザックを個人的に5点満点で評価するならば、
★★★★☆
4点、としたいと思います(^-^)




女性には女性向けに設計されたSL(スリムライン)モデルがオススメです。






関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:商品紹介 | GENRE:アフィリエイト | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR