プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2021年2月13日 夕日を見に妙法寺から久田城址へ

2021年2月13日
前記事の見附市城山雪上ハイキングと同じ日。
この日は天気予報が良かった事から夕方には綺麗な夕日が見れるかもと期待して見に行く事を計画していました。
ついでに、春に雪割草がたくさん咲く妙法寺の裏山でそろそろ花が咲き始めたりしてないかなと気にもなっていたので、それも確認しつつその先にある久田(くった)城址で夕日を見る事にしました。

見附の城山でハイキングを終えたあと本当は直接妙法寺へ向かう予定でしたが、城山の下山が当初の予定より少し遅くなってしまったのと、城山で長靴に雪が入り長靴の中や靴下が濡れてしまったのでそのまま行くと不快な思いをしないといけなくなるので一度は諦めかけました。
しかし、一旦家に帰って長靴と靴下を替えて時間を見てみるとギリギリで日没に間に合うか合わないか微妙なライン。
こりゃあ…ダメ元でも覚悟して行ってみるか!と奮起して妙法寺へと向かう事にしました。

車を走らせて妙法寺に着いたのは午後4時も半を回った頃。
さすがに駐車場には他の人や車の姿はありませんでした。

この日の日没時刻は午後5時19分。
妙法寺から久田城址に行くのは普通に歩いたペースだとだいたい40分くらいだったと思うので、早歩きで行けばイケる!
城山から下山したままの自分的フル装備のザックを背負って駐車場を出発しました。



もくじ
1.妙法寺から六万部山へ
2.六万部山から久田城址へ
3.久田城址で夕日→下山へ





■妙法寺から六万部山へ

駐車場を出発して、今回は駐車場から一番近い所にある妙見山はスルーして直接久田方面に続く道へと向かいました。
アスファルトで舗装された坂道を登りきり砂利道の林道に入ると倒木がありました。

地面は杉の葉や大小様々な枝木が落ちていて時おり足に絡みました。
うわぁ、冬の間はやっぱり荒れるんだなぁ。





更に進むとまた倒木があり、くぐって進む。

こちらは顔の高さに横たわった倒木で、ちょうど目の高さに突き出た枝もあったので近寄る時は少しだけ注意でした。





もひとつ倒木。






村岡城址への分岐。

ここもスルーしようか迷いましたが…雪割草がたくさん咲く場所のひとつなので少しだけ寄ってみる事に。





坂を登って村岡城址。

よく花が咲いている辺りをサーッと眺めてみましたが…そのくらいでは目につく花はナシ。
じっくり見れてたら何か見つけられたかもですが、時間が無くなってしまったのが悔やまれました。





本線に戻り久田方面に進むと、六万部山への分岐の手前辺りで積雪ゾーン。

しかしこの日こちらでしっかり雪があったのはこの辺りだけで、あとは道の端にチラホラある程度でほぼ土の上を歩く感じでした。
やっぱり海側は雪解けが早いですね。
一応チェーンスパイクも持っていましたが、この妙法寺~久田城址間では使用しなくて大丈夫でした。





六万部山への分岐に差し掛かる。

ここも右に曲がって少しだけ寄っていく事にしました。





分岐から六万部山への道も杉の葉や枝木が落ちていて荒れ気味。

この左側も何か花が咲いた気がしますが、この状態だと咲いてても分かりませんねf(^-^;)





六万部山に到着。

六万部の斜面も春に雪割草がたくさん咲きますが、サッと見た感じではこちらも花があるかは気付けず。





六万部の上にも倒木がありました。






六万部山の上から夕陽を望む。

おお~綺麗。
早く開けた久田城址に行かねば!
本線に戻り先へ進む事にしました。







■六万部山から久田城址へ

六万部山から本線に戻り、速足で久田方面に進む。

こちらも倒木があったり、枝木がたくさん落ちていて足に絡みました。





少し開けて夕日が覗く。

道中の花が咲きそうなポイントも眺めながら進みますが、歩きながら見た程度ではやっぱり気付くものはナシf(^-^;)





また少し開ける。

写真だと白飛びしてますが、夕日を追いかけて道を進んでいく感じで綺麗でした。





お、久しぶりにお。ぱい山(自分命名(笑))

海の向こうには佐渡ヶ島もよく見えていました。





久田城址への分岐。

この辺りは相変わらずのぬかるみ道でしたが、この時も長靴で来ていたのでなんのその。
奥の分岐を右へ曲がる。





春にショウジョウバカマたくさん咲いていたポイント。

ここも見えたのはまだ葉っぱくらいかな。
暖冬だった去年などと違い今年は開花までもう少し掛かりそうですね。





そして海が見えると、

きたー!(゜∀゜)







■久田城址で夕日→下山へ

久田城址に到着。

開けた所から見る佐渡ヶ島は更に綺麗でした。

ちなみに今回ここに滞在している間はトンビの姿はありませんでした。

※去年の春はここでトンビに食べ物を取られたという被害の報告が何件もありました。
もしここでトンビがいても食べ物を与えたり、また奪われたりしないようにして下さい。
食べ物が貰える・狩れると学習して人の物を奪うようになります。

なお、トンビについてまとめた記事はこちら。「久田城址、トンビ(トビ)に注意!





そして肝心の夕日は…

間に合った!ヽ(*´▽`*)ノ





久田城址の石碑と、奥には弥彦山。






日没までわずか数分でしたが、綺麗な夕日を見れました。












水平線に沈む夕日を見れました。






夕日を見ながら取り急ぎおやつタイム。

この日は久しぶりにアールグレイシフォンを作って持ってきていました。
時期的にチョコシフォンにしたかったところでしたが…チョコの買い置きが無かったf(^-^;)
でも久しぶりに作った割には我ながら上手くできてうんまかった♪
コーヒーはホットにしたかった所ですがお湯を沸かす時間が無いと判断してお茶セットに夏から入れてたポットのアイスコーヒーにしましたが、速足で歩いてきて汗ばんだ状態ではちょうど良かった。





沈む~。






沈んだ。

黄昏時もいい♪





自撮りもしてみたり。

この場所を歩くには大袈裟なくらいなデカザックでした(笑)





さて、暗くなる前に少しでも戻ろうという事で速足で下山へ。

獣との遭遇も怖いので鈴も装備していきました。





途中でやっぱり暗くなってしまったのでライト点灯。

この辺は抜かりナシ。
しかし、やっぱり明るい時より視界が悪くなったせいか地面に落ちてた木が足に絡むことは多くなった気がするので注意でしたね。





六万部の分岐を通過。






そして無事に駐車場まで戻ってきて、ゴールとなりました。

かなりギリギリではありましたが綺麗な夕日を見れて大満足、来て良かった♪

そんな感じで日中は雪上ハイキング、夕方は夕日ハイキングと充実の一日でした(^-^)




天気:晴れ
人数:1人
コースタイムまとめ
妙法寺駐車場出発 16:44
村岡城址 16:52
六万部山 16:57
久田城址 17:16~17:33
六万部山分岐 17:48
妙法寺駐車場ゴール 17:58




関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR