プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2021年3月7日 角田山 登山 此の入沢コース~桜尾根コース

2021年3月7日
この日も天気のいい日曜日となったので雪割草などを求めて山へ。

先週に引き続きこの日も角田山に行く事にしましたが、同じコースというのもちょっと勿体ない気がするので少し変化をつけて、今回は以前に一度下りで通った事のある"此の入沢コース"を初めての登りで通ってみる事にし、下りは先週も通った雪割草のたくさん咲く桜尾根コースへ下りる半周回?コースで歩く事にしました。

今回もスタート地点は角田浜駐車場からとなりますが、灯台下の駐車場まで行くと今回のコースを歩くにはちょっと遠くなってしまうので角田浜駐車場入ってすぐのこの辺りに車を停めました。

この日は山でお昼を取る事にして食料をザックに詰めここへやってきたのはちょうどお昼時の12時半頃。
向こうに見える桜尾根コースに近い階段の所や灯台下の駐車場の方にもたくさんの車が停まっているのが見え登山者で賑わっている事が窺えました。

ちなみにこちらにあるトイレは冬季閉鎖はなく通年利用できるトイレになるかと思います。
出発前の準備としてしっかりと利用していきました。





準備を整えて角田浜駐車場を出発し、駐車場入り口の斜め向かいにある林道へ。

この奥に此の入沢コースがあります。
ここから登山スタート。



もくじ
1.此の入沢コース登山
2.頂上・稲島観音堂
3.桜尾根コース下山





■此の入沢コース登山

国道402号線から林道に入るとすぐにロープが張られているので一般車は入る事はできないようです。

徒歩の場合は横の隙間からちょいと失礼していきます。





最初のしばらくは林道歩き。

青空の下、山に向かって歩いていく感じがなんか良かった。





林道の途中で花を発見。

ツバキかな?





お、オウレンも咲いてる♪

オウレンは此の入沢コースの所々でよく見れました。





ネコノメソウもあった。






雪割草。

…はこの日は寒の戻りで気温が下がったせいか閉じ気味。







ゆるやかな登りの林道を20分ほど歩いてくると、積み石と赤い箱が見えてきた。

この間から山道のスタート。





沢を渡る。

上の写真の赤い箱の所にはブラシも置いてあったっぽいので下山で来た場合には靴も洗えますね。





立札がある。

「スパイク長靴登山お断り」
こちらの此の入沢コースも桜尾根コース同様に私有地を通らせていただく非公式コースになるのでしっかりと守らないとですね。
この日の自分は普通にトレッキングシューズで来ました。





花を発見。

ナニワズ。





更に注意書きの立札。

「先端にゴムキャップの無いストック禁止」
「スパイク部分が取り外しの出来ない靴禁止」





「写真撮影は歩行道から」

もちろん守ります。
ルールやマナーを破ってどんなにいい写真が撮れたとしても、堂々と見せられるものにはならないと思いますしね。





こちらでも雪割草が咲く。

でもやっぱり寒さでしょんぼりしている感じでした(^▽^;)





しばらく急登。

以前に下りで通った時に振り返ってみて「こりゃあ登りだと結構キツそうだな…」と思っていましたが…道は石などで階段が整備されていて思っていたよりは登りやすい印象でした。





アオキを発見。






急登をクリアすると少しなだらかな道に。






また花を発見。

この葉っぱはイチゲだっけ。





途中、下山して来た人とすれ違う時に、「そこに福寿草咲いてるよ」と教えて頂けました。
気付かずに通り過ぎてましたがほんの10mほど戻った辺りという事でその方の後を追って行ってみると…あった♪

こちらも寒さで閉じちゃってたみたい(^▽^;)
でもせっかくだから見れて良かった、ありがとうございます。

桜尾根コースや此の入沢コースの雪割草は群生地再生のため人の手で植栽されていると聞いたことがありますが、この福寿草も植栽されたものじゃないかな、と教えてくれた方も言っていました。
それを思わせるようにここには3輪ほど近くに纏まって咲いていました。





そして桜尾根コースの中間地点に合流。

角田山の頂上を目指し左へ。





ショウジョウバカマの葉っぱをチェック。

まだ真ん中に蕾がある程度で開花にはもう少し掛かりそう。





道中でも雪割草が咲く。







お地蔵様前を通過。

此の入沢コースを歩いている時はすれ違ったパーティーはソロの人も合わせて7~8組といったところでしたが、桜尾根コースではやっぱり通る人も多くなり合流地点からここまで来る間で同じくらいの組数とすれ違いました。
この時期の桜尾根コースはやはり人気ですね。





お地蔵様を過ぎた辺りからは前日が悪天候だった事もあってか地面の土に水気があり滑りやすい感じでしたが気を付けて登ってきて、灯台・五ヶ峠・浦浜コースと合流。

この辺りでもたくさんの桜尾根コースへ進む人とすれ違いました。





頂上直前。

先週は雪の残っていたここもかなり少なくなっていました。







■頂上・稲島観音堂

頂上に到着。

こちらも先週に比べるとだいぶ雪も少なくなっていました。
登山者記載所の近くや所々はぬかるみになっていて凄かったf(^-^;)





登山者記載所で名簿に記入した後は眺めのいい稲島観音堂に向かう。

その道中の木道の上もほとんど雪が無くなっていました。
この日はもうチェーンスパイクは家に置いてきていましたが、無くてぜんぜん大丈夫でしたね。





そして観音堂に到着し、景色を望む。

この日はなんだか向こうの雪をかぶった飯豊連峰がとても近くに感じられました。





東側には粟ヶ岳。

こちらも綺麗。





観音堂をお参りし、入口の温度計をチェック。

ここでの気温はギリギリ1℃にいくかいかないかというところ。
晴れてた事もあってかあまり意識してなかったけど…思っていたより寒かった。
行動中は肌着・Tシャツ・パーカーといった薄めの服装でしたが、ザックには念のためにと冬用の上着を入れてきていたので正解でした。





観音堂で景色を楽しんだ後は頂上の広場に戻り、ちょっと遅めの昼食タイムとなりました。

今回もミニカップ麺とおにぎり。
バーナーでお湯を沸かしていましたが…寒さのせいかなかなか沸かなかった。
休憩時はザックに入れてきた冬用の上着も着ていましたが、待っている間には手がかじかんで寒い。
ある程度沸いたかな~というところでカップ麺にお湯を入れましたが…できてみたらちょっとぬるかった(^▽^;)
寒さでガスの出力が落ちていたのと、ほんのりながら風もあったので熱が流されてたのかも。
こりゃあ風除板持ってきた方がよかったなぁ。
でも久しぶりに外で食べるご飯はうんまかった♪




お昼を食べ終わる頃にはだいぶ身体も冷えてしまったのでたまらずひと気のなかった避難小屋に移動してコーヒータイムに。
小屋の中はストーブは点いていなかったけど、ほんのり暖かかった(*´ω`*)
そしてこちらではお湯もすぐに沸きました。

今回もお茶菓子には自作のアールグレイのシフォンケーキを持ってきました。
たまには違う味にしようかなとも思うけど…普段あんまり紅茶飲まないからケーキ作らないと紅茶が減らない(笑)
ついでに、いつもは独自のレシピだと少し油を控えめにしていましたが、今回は標準くらいの量に戻して作ってみたところしっとり感はちょっと上がったかな?
またちょっとレシピを研究しないとです。
味に関しては相変わらず我ながらうんまい(笑)
こちらでは熱々のコーヒーも飲めたので身体も温まりました。





小屋の時計に目をやる。

前回は少し遅れていたので直させてもらいましたが、その後は遅れなかったのか、はたまた誰かが電池を替えたのか、今回は時間通りでした。
良かった(^-^)





■桜尾根コース下山

休憩を終えた後は下山へ。

行動中はまた暑くなるだろうという事で休憩中に着ていた冬用の上着はまたザックにしまっての下山でしたが、やっぱり動き始めは寒い。





頂上の標柱を過ぎた辺りでふと道の脇に目をやると、お、霜柱。

すごいしっかり立ってる。
それだけ頂上は冷えてたのね~。





桜尾根コースの分岐に到着。

ここを右へ。




下りの道中で、登りの時に見落としていた雪割草。






登りの時に出てきた此の入沢コースの分岐。

下りでは桜尾根コースへ下りるので直進します。





桜尾根コースの道中でも雪割草。

先週よりも目に付く花の数が増えていました♪





こちらはこの日自分が見た中で一番たくさん咲いていた株かな。








植栽された群生地まで下りてきて、雪割草をパシャリ。

西日も相まっていい雰囲気。
でも…こちらも寒さのせいかやっぱり花びらを閉じ気味のものが多かったかなf(^-^;)


白と紫の共演。



オウレンも咲いてた。



花の数が多い株はやっぱり華がありますね、花だけに(笑)

しっかり開いていたらまた綺麗だったろうな。


ピンクのも。






群生地の下の方までくるとこんな感じに咲いていました。

上の方はまだ少なかったのでやっぱりまだ本番前といった感じでしたが、先週よりもだいぶ花の数が増えた印象でした。
今後もまた楽しみだ♪





群生地からもう少し下ってきて、桜尾根コース登山口に到着。






ヒエログリフのある所から角田浜駐車場に下りて。






駐車場にゴール。

そんな感じで角田山 此の入沢コース~桜尾根コース登山でした。

今回もまだ本番には早かったものの先週よりもだいぶ花も増えて楽しめました。
今回登りでは初となった此の入沢コースでしたが、最初がゆるやかな林道歩きなせいか桜尾根コースよりもちょっと楽に登れたような気がしますね。
こちらの方が花の種類も多く、人も少なめなので、最初の林道歩きだけ嫌でなければのんびり歩くにはいいコースだなと思いました(^-^)


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。






天気:晴れ
人数:1人
コースタイムまとめ
駐車場スタート 12:36
此の入沢コース林道入り口 12:41
林道から山道へ 13:00
桜尾根コースと合流 13:26
お地蔵様 13:48
頂上 14:02~14:06
稲島観音堂 14:10~14:15
頂上 14:22~15:21
お地蔵様 15:32
此の入沢コース分岐 15:46
桜尾根コース登山口 16:24
駐車場ゴール 16:30





関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR