プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2021年3月20日 雪割草を見に妙法寺~六万部山ハイキング

ここ最近は地元近辺の山でも雪割草などの開花の便りが届くようになってきました。

2021年3月20日
この日は午前中は法事、夕方からはまた別の用事があるというスケジュールでしたが、午後から夕方までの隙間時間で少しばかり山に行く事に。
何ヵ所か花の咲き具合などが気になっている山がありましたが、その多くは限られた時間で行ってくるにはちょっと厳しそうという事でこの日は短時間で歩いて来れそうな旧和島村の妙法寺の裏山へと行く事にしました。

家で少し遅めの昼食を取ってから準備して妙法寺へとやってきたのは午後3時を回った頃。

妙法寺入り口付近の駐車場にはまだたくさんの車。
午後からでも混んでるな~と思いつつもこちらで空きを見つけたので無事に駐車できました。
とはいえピークは過ぎていたようで、この後妙法寺方面に歩いていく時には奥の方にある駐車場の方は少し空きができているのが見えましたね。





駐車場入り口付近の片隅にある花壇で花を発見。

ヒマラヤユキノシタ。





こちらも同じく花壇に咲いていた花。

クリスマスローズ?





妙法寺入り口・駐車場付近にはこんなノボリも立っていました。

自分がこちらにお邪魔するようになってからは今年で3年目ですが、こんなのを見たのは今回が初めてですね。
そして今年は「えちご雪割草街道2021」というスタンプラリーなどのあるイベントの一か所にも入っているようでした。
自分は見れませんでしたが先日はテレビでも取り上げられたようなので今年は訪れる人も特に増えているかもしれませんね。

さて、咲き具合はどんな感じやら。
ここからハイクスタート。



もくじ
1.駐車場から妙法寺~妙見山
2.妙見山から村岡城址~六万部山
3.六万部山から妙法寺~駐車場





■駐車場~妙法寺~妙見山

今回は短時間で行ってくる山行という事でいつもより軽めの装備で準備して駐車場を出発。

奥の駐車場の方へと続く道の脇には黄色い花(レンギョウ?)がお出迎え。





参道の方から妙法寺方面に歩を進め、途中にある御神木の割れ目の中の仏様をチラリ。






妙法寺の本堂へと続く階段の登り口脇にはイチゲが咲いていました。






同じくこちらはピンクの椿かな?

なんか虫止まってるな~と撮っていましたが、登山アプリの方で情報を頂いたところ「ヨコバイ」という虫みたいですね。
別名バナナ虫ともいうらしく、よく見れば黄色い可愛げな虫ですね。(農業的には害虫っぽいですがf(^-^;))





妙法寺の本堂へ到着。

ほんの気持ち程度ですが、雪割草の管理費代わりのお賽銭を入れてお参りしていきました。





本堂の前からは雪割草の観光案内として左に行くと「早回りコース」、右に行くと「おすすめコース」と案内が出ていたので、今回は右のおすすめコースの方へ進み、七面宮の右手から妙見山方面へ。

写真ではちょっと小さいですが、真ん中付近に写っているように赤い矢印の案内板が出ていました。
ちなみにおすすめコースの方を通ると本堂の他に千佛堂と七面宮の前を通るのでそれぞれでお賽銭を期待してるのかな?と邪推してみたり(笑)
もちろん余裕のある方は入れてあげてくださいね(^^ゞ





七面宮の脇からの道を進んでくると駐車場から登ってくるアスファルトの道と合流。

そのまま向かいの道に進み妙見山へと行く事にしました。





この分岐の辺りにはたくさんのイチゲが咲いていました。




お、カタクリも咲いてる。






道沿いにチラホラと咲いている雪割草やイチゲなどを見ながら少し登ってくると妙見山に到着。

ここではあまり立ち止まらずすぐに奥の道へと進みました。







■妙見山から村岡城址~六万部山

妙見山から奥へと進む道の途中で雪割草の群生を発見。

やっぱりこんなにたくさん咲いてると華があるねぇ。
花だけに(笑)





村岡城址・六万部方面に歩を進める。

前回2月に訪れた時にコース上にあった倒木はしっかりと処理されていましたね。
ありがたいです。





花を発見。

お、オウレンだ。





雪割草も道の脇にチラホラと。





村岡城址に到着。

石碑の後ろの方は去年なんかは結構雪割草が咲いていましたが、今年はちょっと少ない感じに見えた気がします。





いつもショウジョウバカマが咲く辺りはわさわさと咲いていました。








村岡城址を出て六万部方面に進む。
その途中には去年までは無かった道標などが新しくありました。

今年のイベントに備えて色々と整備されたのかな。





ピンクの雪割草。

可愛げでいいねぇ(*´▽`*)



道の脇にこんな感じで咲いてます。




これもいい。




ショウジョウバカマと雪割草のコラボ。






六万部への分岐。

ここを右へ曲がる。





杉の葉っぱの下からもすくすくと伸びた雪割草が。






そして六万部山に到着。

この時点でもう少しで午後4時というところになり今回はここでタイムアップで折り返し。





戻る前に塚の周りをぐるっと一周してみる。

塚の斜面も雪割草のたくさん咲くポイントで、こんな感じに色とりどりとなっていました。





いいねぇ(*´ω`*)






塚の裏側辺り。






花びらにうっすらと白い線が入ってるのがいいね。






塚の東側は昨年までは膝上くらいの笹薮でしたが、今年は草刈りされたようで通りやすくなっていました。

ありがたいですね。
しかしこの東側はあまり花はありませんが。





■六万部山から妙法寺~駐車場

六万部の花を楽しんだ後は復路へ。
その途中、杉林の所で来る時には気付かなかったオウレンの群生を発見。






村岡城址の手前まで戻ってきて、こちらの分岐を右に曲がり妙法寺へ下る。

まだこれから見に来ている人もチラホラ見られました。





改めて妙法寺の本堂へ。

本堂左手でトイレがお借りできます。
今回は自分は利用しなくて大丈夫でしたが(^^ゞ





そして駐車場に戻ってゴール。

スタート前よりも車は少し少なくなっていましたが、まだこれから来たような人の車も見られたので今年は本当に人出が多くなっているようでした。





山でコーヒータイムしようとおやつとお湯・ドリップコーヒー持ってきていましたが時間が無くなってしまったので帰りの車の中でおやつタイムでした。

コーヒー淹れてる時間が無かったので別で持ってきていたサイダーにしましたが…組み合わせとしてはちょっと微妙だったな…f(^-^;)
生どら焼きはあんことホイップクリームたっぷりでうんまかった(^-^)
でもちょっと食べてる時にクリームが落ちてたようで、家に着いて道具を下ろしている時に気づいたら黒いズボンのちょうど股間の辺りが白くなってたΣ( ̄□ ̄;)
あらぬ誤解を招きそうな感じだったので、寄り道してくる予定でなくて良かった~、と最後にオチが付きましたとさ(笑)

そんな感じで妙法寺雪割草ハイキングでした。
雪割草の咲き具合としてはちょうど見頃といった感じ、他の花もたくさん咲いていて短時間ながらとても見応えのある山行でした。
こちらの雪割草はもう少しで折り返しに入りそうかなといった感じですが、今度はカタクリがたくさん咲く時期になるのでもうしばらく花が楽しめそうですね。
また近々機会があれば今度は久田城址の方までもっとゆっくりと眺めに来たいと思います(^-^)





天気:曇り
人数:1人
コースタイムまとめ
駐車場スタート 15:19
妙法寺本堂 15:27
妙見山 15:35
村岡城址 15:45
六万部山 15:55~16:00
妙法寺本堂 16:07
駐車場ゴール 16:12





関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:散策・自然観察 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR