プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2021年6月5日 見附城山 ハイキング 市民の森から城山~大平山経由 周回

2021年6月5日
この日は久しぶりに山仲間の友人Yさんとの山行。
Yさんからの山に行きたいという話の段階で今回はあまりキツ過ぎない所でお願いします、との希望もあったので、緩やかなアップダウンで歩きやすい見附市の市民の森から城山~大平森林公園を経由して周回してくるコースに行く事にしました。

スタート地点となる見附市民の森は広い駐車場があるのでこの日は各自で現地集合。

この日はYさん側の都合もあって集合時間は午前11時頃としましたが、この時の市民の森は週末にしては空いている印象で端っこの方に数台停まっている程度ととても空いていました。

Yさんと合流して準備を始め、出発前にトイレに行こうという事でこの日は市民の森管理棟にあるトイレに寄っていく事にしました。
という事でトイレの中の写真も撮ってきましたが、見たい人だけ見れるように文字クリックで見れるようにします。
男性用トイレの中(市民の森管理棟「木々」)
やはり管理されている建物の中という事でとても綺麗でしたね。
男性用小便器は子供も使いやすいようにかちょっと低めな印象でした。

女性用の方は写真はありませんが扉が開いていてチラッと見る事ができましたが、車椅子の方も使えそうな広い感じの洋式トイレだったように見えました。





改めて車に戻り準備を整えて駐車場を出発し、今回は城山から大平森林公園方面に向かう時計回りのコースとしてその入り口となる元町神社へ。

ここからハイキングスタート。



もくじ
1.市民の森から城山~大平森林公園展望台へ
2.大平森林公園展望台付近
3.山のトイレ(大平森林公園)
4.大平森林公園展望台から大平山~市民の森へ





■市民の森から城山~大平森林公園展望台へ

元町神社口をスタートしてまずは城山へ。

この日の前日は結構いい降りの雨だったのでぬかるみがあるか心配でしたが、夜には雨が上がったのとこの日はお昼前からの山行というのが幸いしたのか路面は結構乾いていて気持ちよく歩けました。





元町神社口から15分と掛からずでまずは城山頂上に到着。

前回自分が一人で来た時と比べるとだいぶ草が伸びた感じで、この写真のもう少し右側にある三角点の方などは結構ボーボーになっていました。





城山頂上から見附市街地を望む。






城山の頂上付近には黄色い花がたくさん咲いていました。

ハナニガナかな?





城山から大平森林公園方面に向かう。

ここはなんか好きな景色の場所。





その中間地点で西側を向くと、

国上山・弥彦山・角田山の西蒲三山が綺麗に見えていました。





花を発見。

これは…何だ?
花の根元が星型っぽくて面白かった。





こっちはマーガレットかな?

開けた辺りの階段脇にたくさん咲いていました。





開けた所を過ぎると丸太のベンチのある展望台。

眺めもいいし、ここは風も抜けて気持ち良かった~。





しばらくなだらかなアップダウンの道を進んできて、ベンチとコース距離の書かれた案内板のある所から覗く景色。

向こうには刈羽黒姫山と米山。
よく見えていました。







■大平森林公園展望台付近

東屋のある大平森林公園の展望台に到着。

今回もここをお昼休憩のポイントにしようと決めていました。





東屋の所から大平森林公園方面を望む。

当初の予定としてはこの展望台で休憩を取った後は大平森林公園に下りて復路となる池の向こうの山に登り返す感じでしたが、
登山アプリの方でこの山域を歩いた人の記録を見た時にどうも大平公園を囲む山の中を回って行けるコースもあるような感じも見ていて、以前自分が歩いた時に見た分岐で「多分ここだろうな」という目星もついていたので、Yさんにもその道の話をしてみると興味があるとの事で今回はそちらも通ってみる事にしました。





景色の奥の方には雪の残る綺麗な山が。

スマホで山の名前を調べられるアプリを立ち上げてかざしてみると八海山・(越後)駒ケ岳と出てきたので、あれが俗にいうハナコかな?
(八海山・中ノ岳・駒ケ岳の頭文字を取ってハナコ、のはずf(^-^;))
展望台からの景色はこの日はとてもよく見えていました。





人もいなく貸し切り状態だった東屋でお昼休憩にしました。

大平森林公園はキャンプ場以外の東屋・遊具広場は火気使用禁止との事なのでここに来る時は火を使わないメニュー。
という事も考慮してこの日は山に来る前に三条市のベベというパン屋に寄って食パンと苺のフルーツサンドを買ってきました。
ここの食パンは何も付けずに食べても美味しくて最近お気に入り。
苺のフルーツサンドもクリームは甘さ控えめで苺の酸味も相まってサッパリと食べられてうんまかった(*´▽`*)
食パン・フルーツサンドは友人Yさんの分も買ってきましたが、美味しく食べてもらえたようでした。
その他野菜ジュース、バナナ、コーヒーと食べて満足。
草大福とYさんから貰ったお菓子はお持ち帰りでした。





東屋の脇にある「展望台」と書かれた標識の下には花壇っぽい所があり花が咲いていました。

調べてみると虫取撫子ってのに似てたなぁ。





展望台で自撮りしてみたり。

今回も山域的にもう少し軽装でもいいかな~と思っていましたが…やっぱりいつもの自分的フル装備でした(^▽^;)





展望台での休憩を終えて次の行動に移る前にトイレタイムを取る事に。

展望台から南側の道に下りるとトイレがあるというのを公園地図で確認していたので一度こちらに下りる。
こっちは積雪期に一度来た時にズボズボもぐった道だったなぁ…なんて思い出しつつ(笑)





■山のトイレ(大平森林公園)

以前の記憶から展望台から5分くらいでトイレのある所まで行けるかな?と思っていましたが実際は10分ほど掛かってトイレに到着となりましたf(^-^;)


中の写真も撮ってきたので見たい人だけ見れるように文字クリックで見れるようにします。
トイレの中
洋式便座、紙は常備されていました。
こちらのトイレは「ウォータス」という排水を外部に一切出さない自己処理式で、水が常に流れていて使用後の操作は一切要らないとの事でした。
中に入って扉を閉めると真っ暗になりますが、扉を外から見て左の内側に照明のスイッチがありました。







■大平森林公園展望台から大平山~市民の森へ

大平森林公園でトイレタイムを終えたら来た道を登り返して再び展望台へ。

この登り返しが何気になんぎかった~…。
またベンチに座って少しばかり休憩を取ってから右の東側の道へと進みました。





大平公園の遊歩道を一番大回りする感じで歩いてきて、北側の展望台へ。

前回一人で来た時は黄砂が凄くて真っ白の景色でしたが、今回はよく見えました。





遊歩道のくの字に曲がった先端を折り返すとすぐに分岐路が現れる。

今回通ろうとしている公園に下りずに山の中を進む道の入り口は多分ここだろうという事で左に曲がりました。





分岐路から少し進んでくると来た方の遊歩道を指す案内板が。

この案内板、「遊」の左側にある丸印も書いてあるのかなと思いましたが…よく見ると市販のまんじゅうの裏側に貼られているシールだった(゜.゜)
これに気づいたのはYさんでしたが…自分は完全に騙されてたなぁ(笑)





更に道を進んでいく。

先程まで歩いていた遊歩道と比べると道は細くなり、細尾根や片側が急斜面になったすぐ横を歩くような場所もあって一気に山らしい道へと変わりました。
こりゃあYさん的にちょっとキツい道だったかな?と少しばかり心配になりましたが、当のYさんはこっちの道の方がより楽しそうだったので要らぬ心配でした(笑)

しかし、この道を歩いていてしばらくした頃。
道の先の方からガサガサッという草木の音と共に左手の藪の方へ遠ざかっていく獣の気配が!
姿は見えなかったものの音の大きさや動く速さでサルか何かかなという感じでしたが…いやぁ熊じゃないかと緊張が走った(;´Д`)
この日はYさんと一緒という事で話しながら歩いていた事もありここまで熊除けの鈴は使わずに来ていましたが、これ以降はしっかりと鳴らしていきました。





しばらく進んでくると分岐路が現れた。

左は行き止まりで展望台のような感じ?
右は大平公園の遊歩道にいくつかあった分岐路に繋がっているのかなと予想。
今回は地図を見ると標高185.8mのピークがある方へ続いているようだったので正面の道へ進みました。
倒木の上にある青い物は落とし物のタオルのようでした。





分岐路から少し進んでくると谷間のような地形があったり。






しばらく進んできて185.8mのピーク付近に着くと、道の脇に墓石?のような石碑が。

本当のピークはここからもう少し南側にあるようでしたがそちらに続くような道は見当たらず、コースを外れて踏み込むのは登山のマナー的によろしくないだろうという事でそちらは断念しました。
ここのピークはヤマレコによると「大平山」というようですね。




石碑の所からは道は下り坂になり、進んでくるとコース上に倒木が現れた。

これは少し屈んで通らないとでした。
下をくぐる時はやっぱりちょっと緊張します。





もひとつ倒木を跨ぐ。

こちらの倒木はごちゃごちゃしてる辺りがなんだか拳のように見える、とはYさん談。
確かにそう見えたような気がします。





それからもう少し進んでくると、以前に歩いた事のある大平森林公園遊歩道に合流となりました。

こちらも「多分ここに繋がっているんだろう」と予想していた通りの場所に出たのでやっぱりか、と思うと共に一安心(笑)
ここからはこの日のスタート地点の市民の森へ向かうため左へと曲がりました。





遊歩道に出て少し進んでくると舗装路に出る。

ここは右へ。





舗装路は日陰が少なくてあっちぇ~。

なんて言いながら歩いてきて、ここからまた左の「馬場林道」へ。





また少し山道のアップダウンになり、少し急登。






そして市民の森の「佐渡見台」に出ました。

この日はほんと景色が綺麗に見えました。
平野の田んぼもだいぶ緑になってきましたね。





佐渡見台という事で佐渡が見えるのか目を凝らしてみると…見えた!

手前の城山の奥の山並の更に奥にうっすらと見えるのが佐渡のはず。
ちゃんと見えるんだねぇ~。





佐渡見台から少し下って、こちらは「展望台」。

こちらもいい景色。





更に下ってきて、「城見台」。

向こうにはこの日最初に登った城山。





道の途中の地面に赤い実が。

ヘビイチゴかな?





市民の森管理棟「木々(ここ)」の前へ。

ここでも外にあるベンチに座って少しばかり休憩しました。





そして最後の坂道を下ってきて、市民の森駐車場にゴール。

あまりキツくない所で、と言っていたYさん的には今回のコースはちょっと距離が長めだったようで終盤はちょっとヘロヘロになっていたようでしたが、全体的には楽しんで貰えたようだったので良かった。

今回はまた一つ新たな道を知れたので自分としてもいい山行になりました。
この辺は大平森林公園や市民の森でももう少し距離を延ばしたり縮めたり調整してコースが選べそうなので、また違うコース取りでも楽しめそうです(^-^)



今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。






天気:晴れ
人数:2人
コースタイムまとめ
市民の森駐車場出発 11:25
元町神社登山口スタート 11:29
城山頂上 11:41~11:45
大平森林公園展望台・お昼休憩 12:18~13:22
大平森林公園トイレ 13:33~13:36
大平森林公園展望台 13:47~13:55
大平森林公園遊歩道・大平山コース分岐 14:06
大平山山頂付近 14:36
大平森林公園遊歩道と合流 14:44
市民の森管理棟 15:16~15:25
市民の森駐車場ゴール 15:28





関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR