プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2021年7月18日 国上山 登山 ちご道登山口~国上寺登山口 周回

2021年7月18日
この日の数日前に新潟県も梅雨明けとなりました。
天気のいい日も多くなったのでこの日は久しぶりに少し遠めの山に行こうかな、なんて風にも考えていましたが…梅雨明けしてからの日中は30℃を越える気温の連日に心が少し折れ家を出るのを躊躇ってしまったf(^-^;)

それでも登山の筋力維持の為にも少しでも歩いてきたいなという事で、この日は1時間半ほどの行動時間で行ってこれる国上山のビジターセンターからのコースを歩いてくる事にしました。

この日国上山のビジターセンター駐車場にやってきたのは14時頃。

この日も日中は34℃くらいになる予報も出ていて暑い日だったせいか、駐車場は割と空きがある印象でした。





準備を整えて今回登りで通るちご道コースの登山口へ。

ここから登山スタート。



もくじ
1.ちご道コース登山
2.頂上・中腹展望台
3.国上寺コース下山





■ちご道コース登山

ちご道登山口をスタートして少し進んで来たところで花を発見。

これは…何だろ?
花のひとつが1cmくらいのとても小さな花でした。





しばらく進みトンネルを二つくぐって、三つめのトンネルに向かう途中。

ここの景色は好きだなぁ(^-^)





三つめのトンネルをくぐってお地蔵様を過ぎた後の下り道。

ここも好きな景色(*´ω`*)





しかしこの辺りの一部は水が流れてビシャビシャ。

ここはいつもぬかるんでるなぁ…。





下り道が落ち着いて少し崩れた跡がある所。

この辺りでは右手の方からサラサラと沢の流れる音がしていました。
あれ、今まであんまり印象になかったけど前からしてたっけな…?





麓登山口へと続くコースの分岐を左に曲がり頂上へ向かう。

この辺りは海側が国上山の陰になるせいかあまり風が無くて暑かった気がする。





麓コースとの分岐を過ぎてからは登りの本番となり少し息が上がる。
しかしこの日は何度も歩いたことがあって慣れた国上山という事でザックは小さめの物を使いなるべく軽めにしてきたので登るのはやっぱり楽でしたね。
ソロ登山をする事が多いのもあって何があってもできるだけ対処できるようについついいつも自分的フル装備のザックで山に来ることが多いですが、山によっては過剰な事もあるのでやっぱりその山その山に合わせて装備を変えた方が楽に登れるなぁ。

なんて事も考えながら中腹にあるふたつ目のベンチまできたところでちょいとばかし休憩。





ベンチの前からは平野の景色が少し覗く。

空には日中の月も出ていました。





休憩ついでに、ここまで登ってくる間には辺りでブーンと虫の羽音が聞こえてたりしたのでここから今回も自作のおにやんま君モドキを付けました。

これを付けてからはブーンという羽音もあまり聞こえなくなった気がします。





休憩を終えて進んだところで花を発見。

ヒヨドリバナ。





蛇崩の岩道の辺りに来ると少し景色が開ける。

剣ヶ峰と黒滝山。
その奥には日本海が覗く。





花を発見。

クルマユリ?





蛇崩の展望台からの眺め。

弥彦山・多宝山・角田山が並ぶ。





蛇崩を過ぎると祠がひとつ。






お参りしたら…うわ、ハチ?がたくさん出入りして巣になってる(◎_◎;)

早々にこの場を離れました。





花を発見。

オカトラノオ。
もうすぐ終わりですね。





もう少しで頂上というところまできたところでコース上に何か発見。

おや、何か珍しい植物?
なんて思いながらよ~く見ると、ストックの先ゴムだこれ(゜.゜)







■頂上・中腹展望台

国上山頂上に到着。

右の道から出てきて振り返って山頂標識をパシャリ。





先程見掛けたストックの先ゴムが落ちていたのは頂上からほんの十数メートルの所だったので拾ってきて目立つように頂上のベンチの上に乗せておきました。

無くした人の所に戻るといいなぁ。





頂上にもオカトラノオが残っていて蝶々が止まってた。






頂上は誰もいなくて貸し切り状態だったもののベンチのある辺りは日なたで暑かったので、国上寺コースの方へ少し下る。

ここの分岐を左に曲がって展望台へ。





展望台からの眺め。

旧分水町と大河津分水路。





今回は日陰の多い展望台で休憩を取る事にしました。

今回のメニューは山に来る前にドライブして買ってきた「天領」の焼印あんぱんと、アイスコーヒー。
天領の焼印パンは以前に卵蒸しパンとあんずっしりどら焼きは買えていましたがあんぱんは売り切れだったのでようやくゲットできました。
久しぶりにこのあんぱん食べたけどやっぱりうんまいな~♪

そして、今回も山で食べようとところてんを保冷剤と一緒にして持ってきていましたが…箸を持ってくるのを忘れたのでお持ち帰りでした…。
ザックを替えてくると何か忘れるなぁ…(-_-;)





■国上寺コース下山

展望台での休憩を終えたら国上寺コースからの下山に入る。
その途中で植物を発見。

これは…何だろ?





国上寺コースにも所々ユリが咲いていました。



こっちは花にまだら模様無いな(・_・)






正面に日本海が覗く。






五合目・あか谷みはらしから弥彦山を望む。

この時期は葉が茂ってあんまり見えない…f(^-^;)





更に下ってまた海側の景色が開ける。

この日は米山は見えなかった。





更に下ってきて、国上寺登山口に到着。








国上寺の境内の良寛さんの座像。

その後ろには紫陽花が少し咲いていました。





良寛さんの視線の先はイケメン絵巻の国上寺。






そして国上寺から下ってきて、ビジターセンター駐車場にゴールとなりました。






ビジターセンターの花壇に咲いていたカワラナデシコ。

赤と白。





駐車場隣の朝日山展望台から平野を望む。

ここもこの時期はちょっと景色が見えにくいですねf(^-^;)





最後に朝日山展望台の紫陽花をチェック。

こちらの紫陽花もすっかり剪定されていました。

そんな感じで国上山登山でした。
暑い日でしたが行動時間で約1時間半、休憩込みでも2時間程度で歩いて来れるので程よい感じの山行でした。
国上山はこの手軽さがいいですね(^-^)





天気:晴れ
人数:1人
コースタイムまとめ
ちご道登山口スタート 14:10
麓登山口コース分岐 14:33
中腹ベンチ 14:43~14:53
国上山頂上 15:15~15:20
中腹展望台 15:23~15:43
国上寺登山口ゴール 16:01





関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR