プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2021年7月24日 菩提寺山 登山 石油の里コース~白玉の滝コース

2021年7月24日
オリンピック開催に伴い連休となったこの週末はちょっと遠出した山に行きたいな~なんて思っていましたが、その連休の間にも飛び飛びで仕事や予定が入ったり、天気予報は晴れマークと一緒に傘マークが付いているような感じで何だか曖昧な感じ。
という事で結局近場のお山へ。
久しぶりに菩提寺山を石油の里コースから白玉の滝コースへ下りる周回コースで歩いてくる事にしました。

この日は菩提寺山の後にも予定を考えていた関係から午後から家を出てスタート地点となる旧新津の里山ビジターセンター駐車場にやってきたのは15時ももうすぐ半になろうかというところ。

遅めの時間という事もあって駐車場は割と空いている感じでした。
それでも、自分が着いたのと同じくらいのタイミングで来たトレラン風の恰好の女性もこれから登る準備をしていたりしてまだひと気はありましたね。
さすが人気の里山です。





準備を整えて登山口へ。

時間も夕方に近づきクマとの遭遇も怖いので熊除けの鈴付けてここから登山スタート。



もくじ
1.石油の里コース登山
2.菩提寺山頂上
3.白玉の滝コース下山





■石油の里コース登山

登山口をスタートしたところで早速花を発見。

ドクダミ。
ちょっともう見頃は終盤かなという感じがしました。



こちらはヒヨドリバナ。

これも所々終わりかけ?



紫陽花も咲いていたけどこちらも痛みの目立つものが多い感じでしたが、その中からまだ綺麗だったものをパシャリ。




これはえーっと、

なんだっけ。





しばらく昔の石油採掘施設のある道を進む。

所々に石油採掘櫓があります。




上の写真の櫓の下に行くと、ヤマユリがたくさん咲いていました。

柵で仕切ってある中だったのであまり近づけませんでしたが。





道を進む道中にもヤマユリ咲いていました。

ほんのり香りも漂ってくる。





しばらく進んできて、中腹のクマのオブジェへ。

よっ、久しぶり('ω')ノ
おまえ、来る度に痛みが進んじゃってる気がするな…。
自然の摂理とはいえちょっと寂しくなりますね。







またしばらく進んできて中腹の展望台へ。

ここで少しばかり休憩。





展望台からの景色。

向こうには弥彦山・多宝山・角田山。





休憩ついでに少し虫の気配がしていたので帽子に自作のおにやんま君モドキを装着。

これを付けてからは少し虫の気配が遠のいた気がします。





休憩を終えてまた道を進んでくる途中でヤマユリ発見。






順調に歩いてきて、ふと差し掛かったこの木の所。

ここを最初一番右側から通ろうとしましたが…なぜかそっちはロープが貼られて通せんぼされてました。
え、何でなん…(´・ω・`)





その後は順調に進んできて、「もりはみ(もりはみんなの宝物)」の看板のある最後の急登へ。

これを登れば頂上だ。





■菩提寺山頂上

菩提寺山頂上に到着。

スタート時に駐車場にまだ少し車が停まっていた事からまだ誰かいたりするかなと思っていましたが、誰もいなくて貸し切りでした。





山頂標識をチェック。

この後ろの方にあるベンチやテーブルは以前よりだいぶ数が増えた気がしましたね。





頂上にもいくつかヤマユリが咲いていました。






避難小屋の外にある温度計をチェック。

この時の気温は29℃くらい。
暑い日でしたが頂上は日陰も多く風もあったので割と涼しい感じがしました。





頂上から五泉市・阿賀野市・五頭山方面の景色。

五頭山の頂上付近は雲の中でした。





頂上でおやつタイム。

この日のメニューはところてんとアイスコーヒーの異色の組み合わせ(笑)
保冷剤や氷と一緒に持ってきたのでどちらも冷たくてうんまかった♪
もちろんところてんの酢水や食後に残ったタレはその辺に捨てずに全部飲みました。





■白玉の滝コース下山

頂上での休憩を終えたら下山へ入る。

白玉の滝コースへ向かうため、まずは仏路峠側へ下りる。




仏路峠の分岐を左に曲がってしばらく下ってきて、林道へ。

林道に出たら左へ。
この林道のもう少し右側には例年のように仮設トイレが設置されていました。





林道沿いには花が咲く。

ギボウシ。


これは…ノカンゾウ?






林道沿いに建つ小屋の前を通過。

ここには菩提寺山のマスコットともいえる「にゃんこ先生」こと猫のさくらさんがいる事もあるので会えるかな~と期待していましたが…今回は会えなかった、残念(´・ω・`)





そして白玉の滝へのコースを下る。

ここの道も雨水などの浸食が進んだのか以前に通った時より所々凸凹が大きくなった気がしました。




途中にある「臍清水」へちょいと寄る。

手を洗ったら冷たくて気持ち良かった。




更に下山に進み、以前に陥没していた橋の上に掛けられた新しい橋の上を渡る。

この橋に乗ったらふよんふよんとしなる感じに揺れてちょっと怖かったf(^-^;)




橋を渡った後に振り返って見る。

元々の橋は以前に見た時よりだいぶ落ちた気がしますね。





道の途中、少し水溜まりやぬかるんだ所が。

この水溜まりには油が浮いたようになっていました。
この辺りの山は石油の里があるように地層から石油が滲み出してきたりもするようなので、その油が今でも滲み出してるのかな?





道は山道から林道に変わりいくつか橋の上を通る。

白玉の滝の上からパシャリ。





林道から白玉の滝の駐車場に下りるショートカット道を下る。

ここのショートカット道がとても滑りやすくて怖かった…!
一度転びそうになりましたが手をついて何とか回避。
山に来る時は常に手袋着けるようにしていて良かった。







白玉の滝 雌滝。

左側の階段を登っていって。





白玉の滝 雄滝。

水量は控えめだったものの、やっぱり滝はいいね。





階段を登ったお堂?の脇から。

少しシャッタースピード遅めにして撮ってみました。





白玉の滝を出た後は堀出神社の方へ続く遊歩道へ。
その入り口付近にはギボウシがたくさん咲いていました。






遊歩道入り口にクマ出没注意の張り紙が。

クマの絵かわいい。
実物には会いたくないけどf(^-^;)




だいたい予定通りで進んでいたかと思ったけど少しばかり遅れ気味だったのでこの後の予定も考えて少し急ぎ気味に遊歩道を進む。

後半に来るこの遊歩道の階段ラッシュが何気にキツイ(;一_一)





遊歩道の道中にもヤマユリが咲いていました。






堀出神社から出た後は昔の石油採掘施設の保存された場所を通って。






レンガで覆われたタンク。






道路の向こうにも石油櫓あったのか。






集油タンク。






そして里山ビジターセンターの駐車場にゴール。


後半少し焦って急ぎ足になりましたが適度に歩いて来れました。
やっぱり菩提寺山は歩きやすくていいお山です(^-^)


今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。






天気:晴れ
人数:1人
コースタイムまとめ
石油の里コース登山口スタート 15:29
中腹クマのオブジェ 15:46
中腹展望台 15:57~16:04
菩提寺山頂上 16:23~16:55
臍清水 17:13
白玉の滝 17:30~17:39
里山ビジターセンター駐車場ゴール 18:02




関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR