プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

2022年5月29日 角田山 登山 夕日を見に灯台コース

2022年5月29日
この日は天気が良かったので久しぶりに角田山の灯台コースで下山の時に夕日を見ながら下りてこようと計画して行ってきました。

この日スタート地点となる角田浜の灯台下駐車場にやってきたのは14時半頃。

駐車場はまあまあの混み具合でした。





準備を整えて駐車場を出発し、灯台下のトンネルをくぐって判官舟かくしへ。

この日の海は少し白波が立っているもののそれほど荒い感じではないくらいでした。





判官舟かくし側の階段から灯台に登っていく。

ここから登山スタート。



もくじ
1.灯台コース登山
2.頂上・稲島観音堂
3.灯台コース下山





■灯台コース登山

灯台に向けて登り始めると早速花を発見。

ミヤコグサ、かな?


これは…分からん。



ウツボグサ。



アサツキ。

これは灯台付近や中腹の岩場ゾーンのコース脇でたくさん咲いていました。


アザミ。






灯台から登山道に入って振り返る。

やっぱりここはいい景色です(^-^)





また花を発見。

ガマズミ、かな?


こっちは…分からん。






これも名前は分からない。

星型がかわいい。





佐渡見平から望む佐渡はうっすらと見えていました。

そういえば灯台コースを通るのは去年の春以来でしたが、この「佐渡見平」と書かれた板はその時は無かったな。
名前があると目印にもなっていいですね。





佐渡見平から灯台と角田浜を望む。






頂上に向けて歩を進めるとこの日は所々で草が伸びていてよく身体と擦れました。

やはり山に来るときは肌を出さない服装が無難ですね。





道の途中でこんな杭に目が留まる。

これも今回初めて見ましたね。
ほんと安全に行ってこれるよう気を付けたいものです。





岩場ゾーンに入った所で花を発見。

テイカカズラ、かなぁ。
風車みたいな形でおもしろ~。





岩場ゾーンは日影が無くてあっちぇ~…。

でも風があったのでまだ良かった。





岩場ゾーンでコースの脇に目をやると、

アサツキと雷岩。





岩場の辺りでは岩に張り付いたような黄色い花がたくさん。

マンネングサ。





岩場ゾーンから登ってきて、梨の木平からの眺め。

中央少し右の木の陰にスターと地点の灯台が見えます。





梨の木平を過ぎると樹林帯に入る。

緑のトンネル感がいい♪
そして…涼しい(笑)





しばらく進んできて、笹の葉ゾーンもけっこう藪藪でした。

笹薮はマダニが居やすいと見たことがあるような気がするのであまり擦れるのも怖いですね(-_-;)

その後は浦浜・五ヶ峠コースと合流して頂上へと進みました。







■頂上・稲島観音堂

角田山頂上に到着。

この時点で時刻は16時頃だったのでやはり人はチラホラといった感じでしたね。





頂上で標柱をタッチして登山者記載所で名簿に記入した後は眺めのいい稲島観音堂にやってきて、温度計をチェック。

21℃。
行動中はTシャツ姿で汗だく、休憩中も上着ナシで大丈夫でした。





稲島観音堂からの眺め。

田んぼの稲が育ってきて水鏡の平野からもうすぐ緑の平野に変わるかなといった頃でした。





観音堂でおやつタイム。

岩室あんぱんと、保冷剤と一緒に持ってきて冷え冷えのバニラアイス豆乳。
どちらもうんまかった♪





■灯台コース下山

稲島観音堂での休憩を終えた後は頂上に戻ってきて下山へ。

この時の時刻は17時手前で、この日の日没時刻は18時58分。
岩場の辺りで夕日を見るにはちょっと早い時間な気もしたけど…ゆっくり行こうという事でそのまま下山へと入りました。





浦浜・五ヶ峠コースと灯台コースの分岐まで来て灯台コースへ。

やはりまだ日は高い。





順調に下ってきて、梨の木平からの景色。






梨の木平から下ってきて岩場ゾーンへ。

この辺りから夕日見ながら歩きの予定だったけど…やっぱり早かったf(^-^;)
もう少し観音堂や頂上でゆっくりしてきても良かったかな?
ここからは座って休憩取ったり、更にゆっくりペースで下っていきました。





岩場ゾーンから望む雷岩と西日。






アサツキと雷岩。

夕方の光の加減になってきたのもまたいいね。





アサツキをシルエットで撮ってみたり。






ゆっくりと下っている途中で登りの時に気づかなかった花を発見。

スイカズラ。
白と黄色が一緒に咲いていておもしろ~。
調べたら白から黄色に変化するのね。





佐渡見平から望む灯台と角田浜。






佐渡見平から望む夕日。

当初の予定では岩場ゾーンでこのくらいになっていれば、って感じでしたが、まあ結果オーライ。





光の中を船が通っていきました。






灯台まで下りてきて更に灯台からの下りに入った所でこれまた登りの時に見落としていた花を発見。

名前は…分からぬ。





下りも判官舟かくしへと下りてきました。

夕日で染まる景色もいい。





判官舟かくしから夕日を望む。

今回はこの後は日没を見届けずに駐車場へ戻ってゴールとなりました。

という事で当初の予定よりは若干早めのスケジュールでの参考となりましたが、結果的には最後にしっかりといい夕日も見れたので良かったです(^-^)



今回撮ったコースや風景の写真を動画にまとめてみました。
ブログの記事内で使わなかった写真、特にコース写真なんかはこちらに細かく入ってますのでよろしかったらご覧ください。






天気:晴れ
人数:1人
コースタイムまとめ
駐車場スタート 14:38
角田岬灯台 14:47
梨の木平 14:36
頂上 16:05~16:08
稲島観音堂 16:13~16:44
頂上 16:52
梨の木平 17:25
角田岬灯台 18:24~18:30
駐車場ゴール 18:41




関連記事


↓ブログランキング参加してます↓




THEME:山登り | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR