プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

2020年11月からキャンプも始めてみました。

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに存在する、文章・画像・動画等の著作物の情報を無断転載することを禁止します。

久しぶりに登山ザックを洗濯しました

昨年夏からの腰痛などの影響でしばらく登山に行けない日が続いていましたが、その間に久しぶりに登山用のザックを洗濯してみました。

登山ではよく汗をかくのでショルダーベルトのパッドに塩が浮いたり、ウエストパッドに付いている小物入れのファスナーが塩噛みして動きが渋くなっていたのが何気に気になっていたので丸洗いにしました。
ちなみに…ザックを洗う場合は洗い方がメーカーで指定されていたり洗っちゃダメなものもあったりするのでその辺は注意ですが、今回は自己責任の我流です。

自分はザックを洗う時には本来の用途ではないのでこちらも自己責任ですが、押入れの収納ケースがちょうどいいサイズなのでバケツ代わりにしてます。
ザックの荷物を全て出してファスナー類も全開にしてから水へドボン。
ケースにあまり水を張りすぎると耐久性が心配なのと排水する時に重くて大変なのでちょうどザックが浸かるくらいで。
今回は中性洗剤も入れて洗ってみました。
型崩れに注意して押し洗いを基本に、汗を吸いやすい肩や腰のパッドの所はよく揉んで。
塩噛みしていた小物入れのファスナーは動きが良くなるまで水につけながら何度か開け閉めを繰り返すとだんだん動きが良くなってきました。
汚れが落ちたら2~3回水を替えてすすぎ洗いしました。





すすぎが終わったザックは脱水へ。
洗濯機の脱水が使えたら楽なところですが、型崩れする場合があるのと、そもそもサイズ的に洗濯機にザックが入らないという事もあるので(今回は後者)タオルに水を吸わせて脱水していく。

とりあえず大まかな水滴を風呂場で拭きあげていく。
濡れたままにするとカビたりするのでポケット類の中までしっかりと。





大まかな水滴が取れたら自室に移動して更にしっかりと拭きあげました。

水を吸いやすいパッドの所は特に念入りに。
ちなみに風呂場から自室に持ってくる際や拭きあげ中も収納ケースに入れたままやれば水滴が落ちたりする心配もナシです。





拭きあげが終わったら吊るし干しで乾燥へ。

タオルで拭きあげの脱水だとどうしても後からまた水滴が出てきたりしてしまいますが、この際も下に収納ケースを置いておけば残った水滴が落ちてくるのも受け止めてくれるので大活躍です。
…といってもこの後もう少し風通りのいい場所に移して乾かしましたがf(^-^;)




ちなみにザックの荷室部分には針金ハンガーを組み合わせて入れる事で空洞状に広げたまま乾かすことができました。

空気の通りが良くなり乾燥効率アップです。

そして二・三日しっかりと乾かしたら外側に全体的に防水スプレーを塗布して洗濯完了。
また次の登山にも気持ちよく行けそうです(^-^)




関連記事

↓ブログランキング参加してます↓




THEME:趣味と日記 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天


PR