プロフィール

内海とうき

Author:内海とうき
2016年5月から山に登り始めた登山初心者です。

新潟県の真ん中辺りを拠点にとりあえずは難易度の低い低山を色々と登ってみたいと思っています。

モットーは「お金を掛けずに山を楽しむ」(笑)

どうぞよろしくお願い致します。

注意(免債)事項
当ブログに掲載された情報を利用される場合はご自身の判断と責任においてそれらをご利用ください。当ブログの情報を利用することによって生じたトラブルや問題は責任を負いかねます。予めご了承ください。

当ブログ内の文章・写真の無断転載禁止。

2016年5月22日 八木ヶ鼻 登山

2016年5月22日
前回記事「国上山 グループ登山」の翌日、国上山に登った事で登山のテンションが上がっていた自分は個人的に以前から気になっていた八木ヶ鼻にも登ってみる事にしました。

八木ヶ鼻は三条市は下田地区にあるそそり立った絶壁が印象的でその風景が新潟県の景勝100選にも選ばれている山です。

この景色は自分としてもお気に入りで以前からよく風景写真の撮影などで下から見上げる事が多かったんですが、少し前にここにも登山道がある事を知って登ってみたいと思っていたのでした。





こちらは絶壁の真下にある登山用駐車場にあった登山案内板。
登山ルートは色々あるようですが今回は写真中央ちょい左、「八木ヶ鼻」の吹き出しが指し示している辺りのみの山行となります。

八木ヶ鼻への登山道は主に絶壁の右側から登る「キャンプ場ルート」と左側から登る「八木神社」ルート」がありますが、今回は八木神社から登るルートにしました。







という事で八木神社へ移動。
八木神社の前には車3台分ほどの駐車スペースがあり、この時は停まっている車は無かったのでこちらに車を停めてスタートしました。

神社でお参りをしてからお社の右手にある登山道へと向かいます。





登山道は最初はなだらかな杉林で木漏れ日も気持ちよく足取りも軽かったように思います。

…が、ここを過ぎて本格的な登り道になってからは結構きつかった…。
木の根が自然の階段を作っている以外は人工的なステップもなく急な坂道が続き、道幅の狭い登山道には落ち葉も残っていて滑りそうなうえに片側は常に草木の生えた急斜面、という肉体的な疲労の他に緊張感もある状況に気付けば登山道の写真も撮らずに黙々と登っていました。





そんな道を登って何とか絶壁裏の尾根道の分岐まで到着。

右へ行けば八木ヶ鼻山頂、左の袴腰山へはもう1時間ほど歩くと行けるようですが、袴腰山の頂上付近にはロープが設置された急な場所もあるようなので行くならもっと登山経験を積んでから挑戦する方が良さそうかな、といった感じです。





そして尾根道を通って八木ヶ鼻の頂上へ向かいます。

尾根道はここまでの登山道に比べて左右に余裕があるので気持ちにも余裕が持てました(笑)





そして頂上へ到着!
登山案内板などでは目安時間30分とありましたが、ちょっと頑張って登ったせいか20分ほどで神社から頂上まで来れました。

眼前に広がる眺望はなかなかのものですね。
奥のほうに見える雪の残った山は守門岳かな?





頂上は絶壁からは少し距離がある場所なので麓の方の眺めは生い茂った新緑に阻まれてしまいました。

もう少し絶壁の近くまで行けそうな踏み分けもありましたが、落下の可能性もあるくらい危険な所らしいのでこの日は断念しました。
事故や遭難沙汰になったら家族はもとより捜索・救助の方にも迷惑を掛ける事になりますしね。
それに捜索・救助はかかる費用もばかにならない額、という事も聞いたことがあるので…ほんと山で無理は禁物ですf(^-^;)





東の方にそびえる粟ヶ岳も綺麗でした。

と、軽く写真を撮って頂上に設置されていたベンチに座ってひと息ついた頃から何やら体調に異変が…。
登るのを頑張りすぎたのか前日の疲れが残っていたのか、軽い吐き気とお腹の辺りがカーッと熱くなって変な汗がダラダラと流れる感覚にヤバイと感じ、陽射しを遮るものがない頂上をあとにしようかと歩き始めたら足元も少しふらつく感じが。
「うわーマジで救助沙汰!?」なんて焦りながらも木陰のある分岐の辺りまで下がって少し休憩していたら体調の方も落ち着いてきたのでそのままゆっくりと下山する事にしました。









幸いにも下山の中ほどに来る頃には体調の方もほぼ通常に戻っていたのでホッとしました。
そして下山時にひとつ気付いた足跡が。

この写真では分かり辛いんですが、真ん中あたりに急斜面側にズルッと行ったような足跡がありました。
幸い斜面の草木には落下したような荒れた部分は無かったので事なきを得たようですが、ここはほんとに気をつけて登らないといけない山ですね。
少なくともこれからここを登ってみようかなと思っている人にはスニーカーとかよりもグリップのしっかり効くトレッキングシューズなどで来る事をお勧めしたいと初心者ながらにも思いました。





そして神社に到着。

体調が崩れた時はどうなる事かと思いましたが無事に帰ってこれて良かった(;´▽`)=3
しかし今回の事で登山の危険性なども色々と考えさせられ、いい経験になった気がしますね。
この経験を今後の登山でも気をつけていきたいと思います。


天気:晴れ
人数:単独
コース時間まとめ
八木神社 15:38
尾根道分岐 15:50
頂上 15:52~15:58
尾根道分岐 16:01~16:06
八木神社 16:18

関連記事


↓ブログランキング参加してます↓



THEME:登山 | GENRE:趣味・実用 | TAGS:

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
登山アイテムを探すなら
楽天